Facebookショップとは?設定方法と活用方法

トレンド

Facebookショップというのをご存知でしょうか?
FacebookとInstagramで商品を展示して販売できる機能です。

FacebookやInstagramで紹介した商品を、それぞれのユーザーがそのまま購入できるため、いちいちアカウントを入力して〜といった手間がいらないためストレスなく買い物を可能にしています。

今回はFacebookショップについてまとめたいと思います。

Facebookのショップ機能とは

Facebookのショップ機能「Facebookショップ」とは、カスタマイズできる無料のオンラインショップをFacebookやInstagramで公開できる機能のことで、商品の紹介から決済までワンストップでできるようになりました。

ユーザーはFacebookやInstagramで閲覧した商品をそのまま購入できるため、他のサイトに遷移する手間やストレスなく快適にお買い物ができます。

ただし国内ではまだ自社のECサイトへ遷移させてからの決済となっていますが、将来的にはFacebookおよびInstagram内での決済が可能になるでしょう。

Facebookショップの特徴

Facebookショップを作る特徴は以下のどおり。

  ・ 自社サイト以外で集客できる
  ・ Facebookページ上で顧客と直接やりとりができる
  ・ 商品のアクセス解析が可能
  ・ 商品の発見から購入するまでの流れを把握できる
  ・ 商品の掲載が簡単
  ・ 自社サイト以外へも集客ができる

自社サイトに集客する場合、広告費をかけてリスティング広告を出稿したり、検索順位を上位に上げたりするように、Facebookも認知してもらうためにいいね!やシェアをしてもらったり、フォロワーを増やしたりする必要がありますが、Facebookショップは無料で開設できるのが大きな強みでしょう。

無料ネットショップとの違い

Facebookショップは、新たに登録をする必要や集客をする必要がなく、手軽に始められます。
もし自社でネットショップを開設する場合、いくら無料ネットショップとはいっても、販売手数料などの諸経費が発生します。
しかしFacebookショップの機能はすべて無料で使用できます。
また、すでにFacebookを活用している企業であれば、新たに集客をする必要もなく、情報発信の場であったSNSをそのままECサイトとして活用できますし、Facebook上にある機能になるため、デザインなどスマホでも見やすくなっています。

ただし先述したように現在日本版Facebookでは決済機能がないので、別で決済画面を用意する、自社ECサイトに誘導する、Square 請求書のような請求書をメールで送信できるサービスを使用することが必要になりますのでご注意ください。

Facebookショップを開設するには

Facebookショップはコマースマネージャから作成することが可能です。
コマースマネージャでは、ショップの作成、アイテムの登録、スタイルのカスタマイズ、コレクションの設定、インサイトの確認などが行えます。

なおFacebookショップの審査を通る必要があるため、事前に以下のことを確認しておきましょう。

  ・ Facebookページを所有しているビジネスマネージャの管理者であること
  ・ Facebookページとカタログを、同じビジネスマネージャで所有していること
  ・ ビジネスマネージャアカウントでページとカタログを管理している場合、アカウ ントの管理者であること

Facebookショップの活用方法

Facebookショップを活かすために、ぜひ以下のことに取り組んでみることも視野に入れてみてください。

ライブ配信中にショッピングが可能

ライブ配信中にリアルタイムで商品が購入できるライブショッピング機能が導入されており、ライブ配信前にFacebookショップ上のカタログから商品をタグ付けすることで、ユーザーがライブ配信中に表示されている商品をワンタップで確認したり、購入したりすることが可能です。

ユーザーの興味関心度が高いまま商品の詳細を見てもらえるので、購買につながりやすくなる期待もできます。

ロイヤリティプログラムをFacebookアカウントと連携する

地元の飲食店のポイント券のようなロイヤリティプログラムをFacebookアカウントと連携する方法がテストされており、この機能が稼働したら利用者は自分が獲得したポイントや特典を簡単に確認できるようになります。
さらに中小ビジネスがFacebookショップでロイヤリティプログラムを作成したり、管理したり、公開したりできる方法も検討されていますので期待できますね。

様々なECとの連携が可能

Facebookショップは一部ですが、ShopflyなどメジャーなECだけでなく様々なECショップとの連携を可能にしています。
自社サイトにFacebookショップと連携機能がないか、もし機能があれば設定、流入の幅を広げるなど、ぜひ活用してみてください。

まとめ

Facebookショップの特徴や開設方法を紹介しました。

日本ではまだFacebookおよびInstagram内での決済機能は実装されていませんが、今後実装されればユーザーのお買い物体験がよりスムーズになることが見込め、それによって、FacebookやInstagram内でショッピングする人はさらに増えるでしょう。

将来的には利用層が増えることを考慮すると、いまのうちにFacebookショップを開設してオンラインショップを整えることは、未来の集客、売り上げの種まきとも言えますので、早めにFacebookショップを開設して、ショップの整備を進めておきましょう。

ネットショップ運営に役立つ資料が満載!

下記バナー画像より【簡単3ステップで無料ダウンロード】  

ネットショップ運営に役立つセミナーを毎月開催中!

下記バナー画像より【セミナー/勉強会にご参加】  

当社のネットショップ運営代行サービスについて

ネットショップ運営代行サービスサヴァリ株式会社のネットショップ運営代行サービスでは、EC事業の売上を支えるサイト制作からマーケティング業務まで一括で請負います。 自社運営のネットショップから楽天市場、ヤフーショッピングまで、当社が定めるネットショップ成功の三条件を元に「店舗毎の課題」に合わせた充実したサポートをご提供致します。
※ネットショップ運営代行のサービス詳細はこちらから

関連記事