Skip to content

ネットショップ運営代行のサヴァリ株式会社 > ブログ > ネットショップ運用ノウハウ > トレンド > PWAとは?導入のメリットデメリットについて


PWAというキーワードをご存じの方は既におられると思いますが、PWAは2015年にGoogleからリリースされて以来、注目を集め続けているツールで、Web上でネイティブアプリと同じようなUXを体験でき、スピーディーに操作できます。

コンバージョン率や売上アップを目指す方は、ぜひPWAについて周知したほうが良いと思いますので、今回はPWAについてまとめます。

PWAとは

PWAとはProgressive Web Appsの略で、WebアプリケーションのUX向上を目的とした、WEBページ・WEBアプリケーションとネイティブアプリ(アプリケーションストア経由でインストールして使うアプリ)の利点をいいとこ取りできる仕組みです。

タブレット・デスクトップ・モバイルなどのデバイスに関係なく、ユーザーがWeb上でネイティブアプリと同じように画面を操作できます。

有名なもので言えば、SUUMO(スーモ)や日経電子版もPWAを使用しています。

通常のモバイルブラウザやアプリとの違い

PWAはモバイルブラウザ、ネイティブアプリの両方の良さを取り入れた技術ですが、通常のブラウザやアプリと、どう違うのかをまとめました。

モバイルブラウザとの違い

読み込み速度

PWAとモバイルブラウザの最大の違いは読み込み速度。
PWAはプリキャッシュができるため、ページを見ている間に次のページを読み込んでくれます。

ネットワークの品質に関係なく、すばやく表示してくれるので、ユーザーはストレスなくサイト閲覧ができますし、バックグラウンドでアップデートするので、再読み込みをする必要もなく、ノンストレスでページを見られます。

アプリのようなインターフェイス

従来のモバイルブラウザと比べれば、ユーザーインターフェースの自由度が上がります。
フルスクリーンモード表示ができ、アプリのような見た目になるので、ユーザーの没入感を高められます。登録や注文、決済、問い合わせなどへの導線もスムーズに構築することができるでしょう。

ユーザーとの接触機会増加

ユーザーの許可があれば、アプリのようにホーム画面へのアイコン追加やプッシュ通知も可能なので、ユーザーと接触頻度を高めることに繋がりファン化に繋がります。

アプリとの違い

インストールが必要ない

アプリとPWAの最大の違いは、アプリストアを経由してダウンロードやインストールをする手間がないということであり、ユーザーにとっても、アプリストアから探す手間がなくなります。アプリ導入までの手順を短縮できるので、ユーザー離脱を防ぐことにも繋がります。

また、1つのPWAを構築するだけで、デバイス問わずに一貫した内容を表示することができます。

PWA導入のメリット

オフラインでも閲覧が可能

PWAにはオフラインアクセス機能が搭載されていますので、もしスマホなどのデバイスがネットにつながっていなくてもオフラインキャッシュデータを基にWebサイトを閲覧できます。

ページ読み込み速度が速い

WEBサイトの表示速度が1~5秒の場合に直帰率が90%であるのに対し、表示速度が1~3秒の場合は32%に留まるという結果がGoogleより示されていますので、直帰率を低く抑えるのは重要なポイントです。
PWAであれば動作に必要なファイルやデータをローカルに保存し、データ通信量を抑えることで速くページを表示できます。

また、インストールするファイルのほとんどが数百バイトほどと軽量で高速表示が可能な点や、データ通信の標準がHTTPSになっており安全性が高い点もPWAの特徴です。

こういった特徴からPWAは直帰率の低減に約立つと言えます。

ホーム画面へのアイコン設置

PWAを導入したWebサイトはスマホなどデバイスのホーム画面にアイコンを設置できますので、
ユーザーはGoogleストアなどを介さなくてもホーム画面にアイコンを設置でき、少ない通信量で高速表示されるWebサイトを閲覧できます。

プッシュ通知の設定

PWAによってユーザーは新規コンテンツのお知らせや、ECサイトで購入手続きが完了していない場合に催促する通知などをアプリと同じようにプッシュ通知で受け取れます。

主要ブラウザで操作可能

現時点ではGoogle chrome、Firefox、Safariなどの主要なブラウザがPWAに対応している点も、PWAの魅力の一つです。

審査が必要ない

ネイティブアプリはAndroidやiOSなど、OSに依存しているため、個別の対応が必要ですが、PWAはOSに依存せず、あくまでもWebサイト上で機能するので、OSごとの対応が必要ありません。

また、PWAはアプリストアを介する必要がないため、ネイティブアプリ作成のガイドラインなどにとらわれず、開発を進められるのですぐにリリースすることが可能です。

PWA導入のデメリット

PWAには管理に手間とコストがかかるという、サイト運営者にとってのデメリットも存在します。

例えばネイティブアプリを既に運用している場合、キャッシュの管理が複雑になるだけでなく、管理費も2倍になる可能性がありますので、注意してください。

まとめ

PWAはWebサイトに導入することで、ネイティブアプリ以上にスピーディーで快適な操作を体感できるツールで、今後普及率が向上するにつれてAIアシスタントやAIスピーカーとの連携、実店舗との融合など、より便利で魅力的な機能が増える可能性を秘めています。

ユーザーとのエンゲージメントやECショップのコンバージョン率アップを目指したい企業はPWAの導入を検討する価値は大いにありますので、ぜひご検討ください。


サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせいただくには、お客さまの会社名やお名前、連絡先などの情報をお答えいただく必要があります。 お手数ですが、当社の「個人情報保護方針」をお読みいただき、ご同意いただきましたうえで、お問い合わせページにお進み下さい。

会社名
会社URL
ご担当者部署
ご担当者氏名
フリガナ
メールアドレス
電話番号
郵便番号
都道府県
市町村
建物名
お問い合わせ内容
(複数チェック可)
詳細
時期
予算
当社の個人情報の取扱いに同意する。