Skip to content
2

ECでのAI(人工知能)活用について

近年、AI(人工知能)が目覚ましい活躍を遂げています。 ECサイトも漏れずAI(人工知能)をとり入れることによって、売上アップや新たなニーズを探すことにつなげられます。 AIといえば近未来的な印象で取っつきにくい印象です…

Amazonのビジネスレポートについて

Amazonに出店されている店舗様は、日々の売上・セッション数・転換率など分析されておられますでしょうか? 日常生活や日々の業務に加えて分析となると非常に手間がかかると思われますが、こういった分析で数値の変化に素早く気付…

モバイル決済のメリット・デメリット

キャッシュレス5%還元によりモバイル決済への対応が広がっており、今後の売上を左右するといっても差し支えなくなっています。 スマホなどモバイル端末普及率はすでにパソコンを上回っており、ECサイトで買い物することが当たり前な…

楽天の3980円で送料無料39ショップについて

楽天が「3980円以上を送料無料にする」と2019年8月に発表、2020年2月ごろから施行されています。 楽天が送料無料ラインに踏み切ったのは、Amazonなど競合ショッピングモールを意識した結果であり、お客様にとっては…

キャッシュレス決済導入は済ませましたか?

EC・通販サイトもいまや標準となりつつあるキャッシュレス・消費者還元事業は大手のオンラインショップを運営している店舗様はほとんど導入済みでしょうが、個人で運営している店舗様のなかにはまだキャッシュレス決済を導入していない…

インスタグラム広告を使うべきメリットとデメリット

インスタグラムは、今最もアクティブユーザーが多いSNSだと言われており、実際ジャストシステムの調査によるとファッション系の情報検索がGoogleの検索利用率を上回る結果が公表されています。 インスタグラムは、アクティブユ…

新型コロナウイルス収束後に起こるであろうECへの影響

コロナウイルスにより実店舗が閉店は廃業に追い込まれている反面、ECショップの業績は伸びています。そこでコロナウイルスが今後収束、あるいは共存により起こりえる影響を予測、まとめてみました。 コロナウイルス収束に向け、EC店…

食品類におけるECの成長を促す方法

新型コロナウイルスが流行っている現状、非常事態宣言の緩和など営業活動再開に向けての動きが目立ち始めていますが、完全終息への道はまだ険しいと言えます。 食品分野を営んでいる店舗様にとっては来客いただかないと売上が成り立たず…

巣ごもり消費の分析

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため外出自粛する人が急増していることから、「巣ごもり消費」と呼ばれる需要が高じ、「買い物はECメインで」となりつつあります。 巣ごもり消費を通じてECの利用が今後高まりつつあると思われま…

ASPカート比較~カート別メリット・デメリット~

これからECショップを立ち上げる場合、楽天などショッピングモールを利用するか、もしくは自社で莫大な費用をかけてEC構築する方もおられますが、ほとんどはASPカートシステムを利用することでコストを抑えて利益を上げています。…

リモートワークとは?メリット・デメリットについて

新型コロナウイルスをきっかけに、各企業内ではリモートワークが広まっており、現場勤務が必要な事業以外では働き方改革として見直され始めていますが、リモートワークについてどの程度把握しておられますか? 今回はリモートワークにつ…

一般消費者が自らが生成するコンテンツ「UGC」について

一昔前であれば物を買うときは楽天など、ECプラットフォームをとおしてきましたが、SNSが発展してきた現在は多様化しており、購買の意思を左右する重要なプラットフォームになってきています。 例えばInstagramに実装され…