サブスクメインのECサイト

トレンド

サブスクリプション(略サブスク)という言葉を最近目にすることが多くなってきましたが、実際サブスクリプションはこの数年でトレンドになりつつあり、2020年度の国内サブスク市場は7,873億円ですが、23年度には1兆円規模にまでなると予測されています。

もちろんECサイトにもサブスクを導入する事業者が年々増加しており、一度買ったきりではなく継続利用を促せるといったメリットから、ECサイトの新しい形態として注目されています。

今回はサブスクのメリット・デメリットと成功のポイントを紹介します。

サブスクリプションECとは?

そもそもサブスクリプションとは、一定額の使用料を支払うことで、商品やサービスを一定期間利用できるビジネスで、映画ならNetflixやHulu、音楽ならApple MusicやSpotifyといえば想像つきやすいと思います。

そしてサブスクリプションECの場合、一定期間の使用料を支払ったお客様に対してECの商品を提供する仕組みです。

定期購入との違い

定期購入は、頻繁に購入する商品等を一定の間隔で利用者に届けるシステムで、「商品を所有できる」のに対し、サブスクリプションは「商品の利用権を得られる」というところです。

例えば先程のNetflixも、映像は見られますが、Netflixの映像そのものを買うことはできないですよね。

サブスクリプションECサイトのメリット

継続利用による安定収益が見込める

サブスクは単発購入ではなくリピートが前提ですので、時期による商品の売れ行きの差は開きにくくなり、収益予測も立てやすく、サービスへの投資を計画的に行えるようになります。

新規利用のハードルを下げられる

「初回から3ヶ月間は半額で利用可能」「サブスクなら割安になる」といった柔軟な料金設定ができます。

事業者は顧客生涯価値を高められ、消費者は商品やサービスをリーズナブルに利用できるといった、双方にとって大きなメリットは見過ごせないでしょう。

顧客データが蓄積されやすい

消費者の数や利用期間が増えるにしたがい、嗜好・ニーズ等のデータをより高精度に保有できるようになりますので、運営者はサービスの改善や新商品の開発、そして新規利用者の獲得につなげられます。

サブスクリプションECのデメリット

顧客数が増えるまで売上が安定しない

最大の問題点として、一定数の利用者を獲得しない限り売上が安定しづらいデメリットがありますので、初期段階で広告宣伝に力を入れたり、新規利用者が参入しやすいキャンペーンを打つなど、施策を図っていきましょう。

同じ商品やサービスを提供では飽きられる

サブスクリプションECは、新しい商品やサービスに出会える点がメリットなので、いつまでも同じ商品やサービスを提供するだけでは飽きられ、利用者離れに繋がります。

収集した顧客データを元に、いつまでも継続したいと思う商品やサービスを提供し続け、利用者満足度を高めることが課題と言えます。

サブスク成功のポイント

ECサイト×サブスクの成功には、利用者との良好な関係を長期にわたって築き、利用継続を維持するのがポイントといえます。

そのためには、事業者側が商品を選べるという特性を生かして、常にワクワクするような商品提供を行うことや、利用者が気に入ったものはすぐ購入できるようにするなど、利用者に寄り添ったサービスを展開していくことが必要です。

おすすめのECサブスクカート
ECサブスクリプションの主だったサービスを3つ紹介します。

リピート PLUS
リピートPLUSは、12年連続でベストベンチャーに選ばれたW2ソリューション株式会社が提供するカートシステムで、売上を上げてコストを抑えるシステムとして、支持されています。

メールや電話などの注文を一元管理できたり、ビジネスのステージに合わせて後からでも機能拡張ができたりと、機能数の多さと、定期に特化した機能が充実しています。

またマーケティングやブランディング支援も手掛けており、事業のトータルサポートも可能です。

ECオリジン

ECオリジンは、大手GMOグループであるGMOシステムコンサルティング株式会社が提供しており、商品管理や注文、プロモーション、会員管理機能のほか、契約管理や減価償却管理など、最初から多くの機能を備えているのが特徴。自社が目指すシステムを最大限に構築できます。

サブスクストア

サブスクストアの魅力は、わかりやすいプラン設定が売りで、スタートアップでサブスクビジネスを始める方向けのスタンダードプラン(月額49,800円)、サブスクビジネスをさらに拡大したい方向けのプレミアムプラン(月額79,800円)と分かれており、事業規模に応じた柔軟な使い分けが可能です。

また、豊富なノウハウに基づき運営コンサルティングもしてくれるのも心強いでしょう。

まとめ

今回は、サブスクリプションECに関するメリットやデメリットとオススメカートをご紹介しました。

サブスクのビジネスモデルは収益の安定化に繋がるうえ、蓄積したデータにより利用者の満足度を高められる点で、従来にはないサービスということで重要な位置付けになっています。

ECサブスクをサポートするカートシステムも充実しているので、自社に合うものは何かを見極めて安定した収益の構築を作り上げていきましょう。

ネットショップ運営に役立つ資料が満載!

下記バナー画像より【簡単3ステップで無料ダウンロード】  

ネットショップ運営に役立つセミナーを毎月開催中!

下記バナー画像より【セミナー/勉強会にご参加】  

当社のネットショップ運営代行サービスについて

ネットショップ運営代行サービスサヴァリ株式会社のネットショップ運営代行サービスでは、EC事業の売上を支えるサイト制作からマーケティング業務まで一括で請負います。 自社運営のネットショップから楽天市場、ヤフーショッピングまで、当社が定めるネットショップ成功の三条件を元に「店舗毎の課題」に合わせた充実したサポートをご提供致します。
※ネットショップ運営代行のサービス詳細はこちらから

関連記事