ROIとは?ROASとの違いやメリット・デメリット、活用方法を解説

トレンド

会社を運営されている方であればROIという指標はご存知と思いますが、個人でECショップを運営されている方には馴染みない方もおられると思います。

ROIとは企業側が利益を増大させるために極めて大事な指標であり、誰しもが知っておいて損はない概念です。

今回はROIの概要と、計算の仕方についてまとめてみたいと思います。

ROIとは
ROIとは『Return On Investment』のことで、日本語に直すと「投資利益率」などといわれることがあります。

デジタル業界でもこの言葉は流通しており、基本的にはかけた投資に対してどのくらい収益が上がったのかを示す数値です。

この数値が高ければ高いほど投資が上手に出来ていますが、逆に数値が低いほど投資が成功していないと言えます。

ROASとの違い

ROIによく似た言葉に、ROASという言葉もあります。

ROASは『Return On Advertising Spend』の略で『広告費用の回収率』や『広告からの売上率』などといわれており、これは広告を打った後の回収率がどのくらいかを指す指標となります。

基本的にROIは「投資に対する効果」で、ROASは「広告などの投資に対して売り上げの効果」と思ってください。

どちらも数値が高いのに越したことはありませんが、ROIは投資効果を利益ベースで出すので、数値としては根本的に異なることを認識しましょう。

ROIが重視される背景

コストを抑えてリターンを確実に獲得したいと考える企業が増加しつつあるため、マーケティング活動を行う上でROIが重要視される場面が以前に比べて多くなってきています。

マーケティング活動に用いるツールが多様化したことや、商談が成立するまでの期間が長くなっているという点が挙げられます。

企業の最終的な目標はいかに利益を最大化するかという点であり、いくら莫大なコストを費やしてプロモーションを行っても、それが思うように利益に結び付かないのであれば意味がなく、リーマンショックに端を発した金融危機以降は経営の体制を見直す企業が増加傾向になり、ROIへの注目が高まってきたと言えます。

ROIのメリット

ROIを利用することによって、ビジネスにおける様々なメリットがあります。
どのようあビジネスや投資が成功しているか、また利益を出しているビジネスがどれかをチェックすることになるというような点もあります。

費用対効果が比較できる
特定の投資に対して効果を測定する事が出来ます。

ROIは一般的に利益を出すことで効果を測定しますので、費用対効果を比較できます。
今手掛けているビジネスが成功しているか、別のビジネスはどうかをチェックしたり、このビジネスが本当に成功しているかどうかを把握できます。

このため、特定のビジネスや経済活動が本当に成功しているか、収益を上げているかどうかをチェックできます。

小規模なビジネスでも収益が高い場合、そのビジネスを続ける経済的なメリットがあると判断できます。

利益がわかりやすい

利益が分かりやすい点もメリットです。
様々なビジネスを並行で行っている企業だと、それぞれのビジネスの規模感が見えなくなってしまうかもしれませんが、実際は利益を多く上げているビジネスを探す事が出来ます。

ブランドイメージなどでマイナスでも続けてしまうことはありますが、収益や利益が出ているかどうかをROIを使ってきちんと計測することで、ビジネスを継続するかどうかをチェックできます。

ROIのデメリット

ROIのデメリットとしては数字で出てくるからと言って必ずしもそのビジネスが成功しているとは限らないことでしょう。

長期的な利益は計測しにくい
まず、長期的な利益をないがしろにしてしまう可能性を含んでいます。
今後発展させたい事業がある場合、一時的にせよROIが悪くなることはよくあります。

例えば初期費用や初期経費が掛かってしまい、利益が出ないようなビジネスというのもあるので、長期的に育てたいビジネスほど収益が出にくくなります。

逆に短期的な利益ほどROI上は良い数字が出ますので、どうしても長期的なビジネスの場合は収益性や数値の低さは目立ちます。

数値で計算できない利益を見逃しやすい

例えばショップの雰囲気を変えるためのインテリアやオブジェクトの変更、バリアフリーなど投資がありますが、こういった投資が収益にどのように及ぼすかは計測しにくいです。

このような数値で計算できない利益についてROIは弱く、どうしても収益を第一に考えてしまう傾向が見られますので、ROIだけではない活用法や計測を行う必要があります。

ROIの計算方法

ROIの計算方法ですが、至ってシンプルで、一度理解してしまえば誰でも簡単に計算できます。

利益を投資額で割るだけです。
数式で表すと(売上ー売上原価ー投資額)÷ 投資額×100となり、最後に100を掛けることによって、その数値はパーセントで表記されます。

一般的にROIが100パーセントを下回っている場合には、その投資によるビジネスは赤字となってしまう可能性が高いと言われていますので、ROIが100パーセントを上回るかどうかは投資の収支を見極めるために、非常に重要なポイントであると考えておきましょう。

まとめ

ROIは数字に出にくい利益、長期的に育てたいビジネスについては使いづらい傾向があります。
しかしどのビジネスが成功しているかどうかを判断したり、規模があまりに違うビジネスを上手に判断する時には非常に役立つ指標です。

ROASなどほかの指標も組み合わせて計測することで、自分のビジネスの方向や今後の投資先などを選択する事が出来るでしょう。

ネットショップ運営に役立つ資料が満載!

下記バナー画像より【簡単3ステップで無料ダウンロード】  

ネットショップ運営に役立つセミナーを毎月開催中!

下記バナー画像より【セミナー/勉強会にご参加】  

当社のネットショップ運営代行サービスについて

ネットショップ運営代行サービスサヴァリ株式会社のネットショップ運営代行サービスでは、EC事業の売上を支えるサイト制作からマーケティング業務まで一括で請負います。 自社運営のネットショップから楽天市場、ヤフーショッピングまで、当社が定めるネットショップ成功の三条件を元に「店舗毎の課題」に合わせた充実したサポートをご提供致します。
※ネットショップ運営代行のサービス詳細はこちらから

関連記事