Skip to content

ネットショップ運営代行のサヴァリ株式会社 > ブログ > ネットショップ運用ノウハウ > トレンド > ポイント管理システム


ECサイトを樹立したら次はサービス面の拡大を図りたいと思われる方が多いでしょう。
ECサイトのサービスと言えば様々ですが、主たるものと言えばポイントといえるのではないでしょうか。ポイントシステムは今やコンビニ、飲食店や小売店、ECサイトなどで商品の購入時に付与されるポイントを顧客毎に管理するシステムです。

販売促進ツールとしても利用が普及しているポイント、しかし顧客毎に管理し適切にマーケティング施策に落とせていないと感じる方もおられると思いますので、今回はポイント管理システムの仕組みやメリットについて解説したいと思います。

ポイント管理システム・アプリの仕組み

顧客がポイントをためる媒体は紙や電磁カードが多いですが、近年ではアプリ上でのコードにポイントが付与される傾向が多くなっています。

なぜポイントを付与するのか?その最大のメリットは、リピーター獲得や新規ユーザー獲得でしょう。そして、顧客データを蓄積することで、情報を使ったマーケティングを行い「何を購入したのか?」を分析することもできるため、次の店舗経営につなげることが期待できます。

ポイント管理システム・アプリの機能

ポイント管理システムは、下記のように顧客との販促ツールとして様々な機能を備えています。

  ・顧客管理・会員管理
  ・ポイント管理・発行
  ・メルマガ・ギフト交換などの販促機能
  ・効果測定・各種分析
  ・POS・ECサイトなどの外部システム連携

ポイント管理システムやアプリの機能には、顧客管理を始めとしてポイントの管理や外部システムとの連携があります。

この顧客管理は会員管理と同様の情報量があり、個人情報に関わる部分であることから高度なセキュリティ要件が必須ですが、基本情報ともいえる顧客の個人情報に、ポイントに関するデータを紐づけることで顧客ごとのポイント管理が可能です。

またメルマガやデジタルギフトと掛け合わせた販促キャンペーン施策、POSレジ・POSシステムやECサイトとの連携も可能で、O2O・オムニチャネルといった包括的なマーケティングにもいかせます。

ポイント管理システムに取り組む6つのメリット

ポイント管理システムには、大きく6つのメリットがあります。ポイント管理システムのメリットについて、具体的に紹介していきます。

会員獲得の動機づけになる

会員がポイントを獲得するタイミングは、商品購入時だけでなく来店時に付与される「来店ポイント」、サイトへログインするだけで獲得できる「ログインポイント」や、アプリを起動したときに付与されるポイントなどがありますが、こうした会員に対するポイントの付与は、さらに販売促進へつながる仕組みといえるでしょう。

ポイント発行によるコミュニケーション

会員へポイント発行することで、メール配信の開始やDMの送付などコミュニケーションのきっかけにもなり、さらに会員側もポイント獲得によって店舗に対して興味が深くなるため、自然と店側とのコミュニケーションが増えて距離感が縮まります。

来店やリピーター獲得・販促施策

会員情報と購入履歴が紐づけられるため、嗜好や行動に合わせて次の戦略立案にも役立ちます。データにもどついた販促施策を打ち出すことで、リピーター獲得や購買促進につなげ売上向上の施策としても有効といえます。

顧客分析による売上向上

顧客分析によって、年齢別や商品が売れる時間帯、曜日など多角的な視点が持てるようになり、高度な分析によって見込めるのが売り上げの向上です。

競合他社との差別化施策

オリジナルのポイント付与やキャンペーン施策は、競合他社との差別化を図れます。
ユニークな施策やポイント付与によって顧客をファン化を固定化、LTV(ライフタイムバリュー)を高めていくことにもつながります。

顧客単価アップ・LTVの向上

顧客ニーズに応えることにより、販売単価や商品ラインナップを増やし単価のアップが実現可能です。行動や嗜好に合わせたコミュニケーションを取れば、店舗と顧客関係も高めていけられるでしょう。

ポイント管理システム導入の2つの種類・費用

ポイント管理システムには大きく2つの種類があり、選び方によって費用のかかり方も変わってきます。

まず外部に頼らず自社で開発するケースで、導入まで時間がかかるのと自社の稼働がかかってきますが、自社に合わせたカスタマイズができるのがメリットです。

その一方、クラウド型のポイント管理システムを購入する場合は、導入までの時間が短縮されますが、毎月のランニングコストがかかってくるため、あらかじめの予算組が必要です。

ポイント管理システム導入時の3つの注意点・選定ポイント

自社にとって必要な機能が備わっているか

ポイント管理システムを導入する前に自社にとって必要な機能として合致しているかどうか、よく確認するなど「必要な機能」について固めましょう。

自社の利用シーンに合っているか

自社の業種によってはポイント管理システムの利用シーンが異なりますので、ポイントの付与タイミングや使うタイミングなど、業種の特性に沿っていかないと、販促ツールとして成り立たない場合があります。

同業界での導入実績

同じ業界で導入した実績があるのかどうかも判断材料の1つですので、競合店のチェックは行いましょう。

外部システムとの連携ができるか

顧客の定着率を図るためには、外部システムとの連携が肝になる場合があります。大手ポータルサイトやECサイトとの連携でポイントが利用可能になれば、その仕組み自体が顧客満足度につながります。

まとめ

ポイント管理システムは、販売促進だけでなく経営戦略としても情報を得ることが可能です。店舗経営をおこなううえでも顧客の定着率は非常に重要で、リピーターの増加こそが繁栄につながる施策と言えます。

ポイント管理システムを活用して、効率的なマーケティングを実施しましょう。


サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせいただくには、お客さまの会社名やお名前、連絡先などの情報をお答えいただく必要があります。 お手数ですが、当社の「個人情報保護方針」をお読みいただき、ご同意いただきましたうえで、お問い合わせページにお進み下さい。

会社名
会社URL
ご担当者部署
ご担当者氏名
フリガナ
メールアドレス
電話番号
郵便番号
都道府県
市町村
建物名
お問い合わせ内容
(複数チェック可)
詳細
時期
予算
当社の個人情報の取扱いに同意する。