いまさら聞けない!ERPのメリット・デメリットとは?

トレンド

企業経営をしていれば、ERPは不可欠な基幹業務システムであり、導入を検討している企業も多いと思われます。

今回はERPを導入することでのメリット・デメリットを中心に解説します。

ERPとは?

ERP(Enterprise Resource Planning)は会計・販売・生産・人事など、企業経営に必要な情報を統合管理するシステムのことです。

これまでの企業の殆どは、人事部門は人事管理システム、営業部門は顧客管理システムなど、部門ごとにシステムを導入していましたが、結果部門をまたいでの情報活用が難しく、業務非効率を生み出す要因となっていたことは、企業に属している方は経験したことがあるのではないでしょうか。

ERPにより統合管理することで、こうした問題を解決できるうえに、情報活用や業務の効率化が促進できるようになりました。

ERPシステムをパッケージソフトウェアとして製品化したものをERPパッケージと呼び、国内外のソフトウェアベンダーから提供されています。

ERPを導入するメリット

データベース統合で企業情報の一元管理

各部門で保有していたシステムを一つにまとめることにより、あらゆる情報を部門を横断して取得、活用すること可能です。

素早い経営の意思決定が可能

ERP製品のダッシュボードには営業実績や売上データなど、経営陣が知りたい情報をグラフィックで表示させるられますので、いつでも最新の情報を確認でき、迅速な経営判断が可能になります。

経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)の活用状況を可視化

ERPには経営分析機能が搭載されており、売上状況から人材活用まで、あらゆる企業状況が可視化され、組織全体の業務効率化が実現できます。

各管理システムの連携による業務効率の向上

例えば取引が発生した場合、ERPではデータを一元管理できるため、取引内容のシステム間の連携が可能となり、無駄な工数が削減されました。
こういった業務効率化が期待できます。
ERPのデメリット

製品数が多くシステムの選定が難しい

ERPは国内・海外製品含めて多くの製品があり選択肢が多いため目移りして、結果導入時の選定が難しいといった面があります。

とはいえ全社への影響が大きい製品ですので、十分に検討期して選定してください。

導入・保守費用にコストが発生する

ERPは導入費用だけでなくライセンスや保守費用、追加開発費用などもかかるため、導入コストは高額になりがちです。

なかには数千万円レベルのコストがかかる場合がありますので、事前に導入は慎重に行いましょう。

社員による徹底したデータ管理が必要

ERPのメリットを生かすためには日々のデータ管理が非常に重要で、そのためには正確なデータ入力を徹底することが必須となります。

この辺りがいい加減だと高いコストを掛けたERPも無意味になりますので注意してください。

安価に導入できるクラウド型ERPに注目

これまではオンプレミス型(自社運用)ERPが導入されていましたが、高額な導入費用や運用保守の人員確保など導入に一歩引くデメリットがありました。

これら問題を解決すべく、近年、安価に導入できるクラウド型ERPに注目が集まっています。

上場のために内部統制を強化したいと考えているような中小企業などにとっても受け入れやすく、近年クラウド型ERPの普及につながってています。

クラウドERPの種類

クラウドERPは大きく分けて3つのタイプがあります。

プライベートタイプ

プライベートタイプは、すでに自社内で利用しているオンプレミスERPをクラウド環境で利用する形態のことで、自社内のオンプレミスERPをAWSなどのデータセンター上に実装して利用します。

「データセンター上のサービスをインターネットを介して利用する」というのみで、ほとんどオンプレミス型と変わりません。

パブリックタイプ

パブリックタイプとは、ベンダーが提供するサービスをインターネットを介して利用する形態であり、システムの所有者はベンダーです。

月額料金制あるいは従量課金制で、ERPをレンタルする形式になります。
レンタル形式のため複数の企業が利用することになり、自由なカスタマイズできませんが、パラメータ設定などは可能です。

システムのメンテナンスやデータバックアップなどをベンダーに一任できるため、作業量が減るのが大きなメリットです。

ハイブリッドタイプ

ハイブリッドタイプは「プライベート+パブリック」「オンプレミス+パブリック」のように、複数を組み合わせた形態で、それぞれの長所を活かすことで最適なシステム構成を目指します。

まとめ

ERPについて、導入のメリット・デメリットから、近年注目されているクラウド型ERPについてご紹介してきました。

ERPはたくさんありますが、メリットだけでなく、デメリットも理解した上で製品を選定し、また自社がどちらの提供形態に合っているのかも確認することが必要です。

ERPについて迷っている方はサヴァリへご相談くださいませ。

関連記事