今話題のP2Cとは?流行の理由とD2Cとの違いを解説!

トレンド

P2C(P to C)といえば聞き慣れないと思われますが、一般的になってきたD2Cに加えた新しいビジネスモデルです。

今回はP2Cについて解説をまとめていますので、今後のビジネススタイルへの参考となれば幸いです。

P2Cとは

P2C(P to C)とは「Person to Consumer」の略であり、個人が自身で企画、生産した商品を中間業者や小売店をはさむことなく、消費者へ直接販売する取引形態のことで、個人が自身でブランドや商品を企画し、InstagramなどのSNSや、ブログ、メルマガなどを通じてそのブランドや商品コンセプトを発信しながら、ECサイトなどを活用して商品販売を行うビジネスモデルです。

そのためP2Cはフォロワーの多いインフルエンサーが始めることが多く、自身の影響力をビジネスに活かせるのが特徴といえるでしょう。

P2CとD2Cの違い

D2C(D to C)とは「Direct to Consumer」の略で、メーカーなどの製造企業が自社で企画、生産した商品を中間業者や小売店をはさむことなく、消費者へ直接販売する取引形態のことを指します。

要はP2Cが個人から消費者へに対して、D2Cは製造企業から消費者へ直接販売すると捉えて差し支えないでしょう。

会社で販売を行うか、個人の影響力で販売を行うかかがD2CとP2Cの大きな相違点といえます。

P2Cとインフルエンサーマーケティングとの違い

P2Cと似た手法であるインフルエンサーマーケティングとの違い、それはインフルエンサーマーケティングは、企業がインフルエンサーに商品を提供、インフルエンサーのSNSチャネル等を通じて、自身のフォロワーに対して商品を紹介してもらうマーケティング手法です。

メリットとして、企業からの発信ではなく、フォローしているインフルエンサーの言葉や表現で、自社の商品やブランドの魅力を伝えられる点が挙げられますが、商品やサービスの企画設計から個人が関与しているP2Cに比べると、商品紹介が表面的な内容にとどまってしまう傾向があります。

P2Cはインフルエンサー本人が、企画設計から販売まで全てに関与するため、商品の魅力や商品開発に至った背景など、よりリアルで深い情報をフォロワーへ魅力を伝えることができるのが大きな違いといえます。

P2Cのメリット

P2Cのメリットは個人の影響力を活用できるため、失敗するリスクが低いことが主でしょう。P2Cは既にフォロワーが多いインフルエンサーであることが大半ですので、商品開発を行う際にはフォロワーの意見を取り入れることができ、販売の際は既にファンが居るので集客コストが非常に低くなります。

このフォロワー数からある程度は購買者数・売上を見積もれますので、ビジネス立ち上げにおける不確実性・リスクも軽減されます。

P2Cのデメリット

P2Cにもデメリットはあります。

P2Cの主体となるインフルエンサーは、ブランド立ち上げのプロフェッショナルではないため、売れる商品を企画設計する点において、難易度が高い点が挙げられます。

また、インフルエンサーのフォロワー数によって売上規模が変わるため、万が一発信で炎上したり不祥事を起こしてしまった場合、ブランド商品の売り上げも大きく左右されます。

リソース面も課題を抱えることになります。
従来の発信活動も継続しつつ、ビジネスも成長させていくのは容易なことではないでしょう。ハイレベルなブランド戦略作りを推進していくチーム作りが求められますが、こういったビジネスを軌道に乗せる活動は、従来のインフルエンサー活動とは一線を画すものですから、インフルエンサーとして「なぜブランドを立ち上げるの?」に対して、納得感がある状態かどうかが、成功の重要なポイントになってきます。

P2Cが流行した2つの理由

P2Cが流行している理由、それはSNSやYouTubeの流行でインフルエンサーが登場し個人が力を持ったためです。

Twitter、Facebook、Instagram、Tiktok、YouTubeなど個人が発信できる様々なプラットフォームを使いこなしたインフルエンサーが登場、P2Cビジネスが流行したといえます。

また、個人がネットショップを簡単に開設できるツールが登場したためです。
デジタル技術の発展により、Shopifyに代表されるような、ECショップ制作ツールが生まれました。

プログラミングの知識がなくてもオンラインショップの開設、商品の販売まで可能になったため、今では誰でもP2Cビジネスを始められます。

Shopifyのようなツールを使えば、卸売や小売店をはさまずとも、個人が直接消費者と繋がれるので、P2Cビジネスに乗り出す人が増加し、注目されるようになったといえます。

まとめ

P2Cとは、個人が自身でブランドや商品を企画し、SNSや、ブログ、メルマガなどを通じてそのブランドや商品コンセプトを発信しながら、ECサイトなどを活用して商品販売を行うビジネスモデルですので、フォロワーの多いインフルエンサーであれば、自分の影響力を武器に商品開発や販売を効率的に実施できます。

いっぽう個人として影響力がない場合や会社で1から商品を作っていく場合は、D2Cビジネスとして消費者と直接繋がるのが良いでしょう。

店舗様はどのような層をお客さんにしていくのか、ターゲットを考えることから始め、P2CなのかD2Cなのかを探ってみることからスタートしてみましょう。

ネットショップ運営に役立つ資料が満載!

下記バナー画像より【簡単3ステップで無料ダウンロード】  

ネットショップ運営に役立つセミナーを毎月開催中!

下記バナー画像より【セミナー/勉強会にご参加】  

当社のネットショップ運営代行サービスについて

ネットショップ運営代行サービスサヴァリ株式会社のネットショップ運営代行サービスでは、EC事業の売上を支えるサイト制作からマーケティング業務まで一括で請負います。 自社運営のネットショップから楽天市場、ヤフーショッピングまで、当社が定めるネットショップ成功の三条件を元に「店舗毎の課題」に合わせた充実したサポートをご提供致します。
※ネットショップ運営代行のサービス詳細はこちらから

関連記事