Skip to content

ネットショップ運営代行のサヴァリ株式会社 > ネットショップ運営代行コラム > ネットショップ運用ノウハウ > Shopifyと楽天市場の連携でオンラインショッピングはさらに発展へ

Shopify(ショッピファイ)は世界175ヶ国100万以上のネットショップに使用されており、今後の成長性も著しいオンラインショッピングサイトです。

そんなshopifyですが、2020年4月に国内大手ECモールである楽天市場と販売チャネル連携を開始しました。

Shopifyと楽天市場店を利用している店舗様、あるいはこれから導入を検討している店舗様にとってチェックしておいて損はありませんので参考になれば幸いです。

Shopify(ショッピファイ)とは

ShopifyはECサイト開発・運営を補助するプラットフォームであり、175か国100万ショップ以上に導入されるまで成長を遂げたカナダの企業で、これまで自社でECサイトを展開するときは自前でサーバを用意し、ECパッケージを導入する必要がありましたが、ShopifyはECサイトを容易に開設できます。

多言語・多通貨・海外配送も簡単にでき、もちろん日本語にも対応しているため、越境ECなどにも向いていることから世界中で利用層が拡大しています。

Shopifyでアカウントを作成すれば、管理画面で設定を行うだけでECサイトを作成でき、サーバやネットワークの管理といった負担から解放されるのが大きな強みでしょう。

月額29ドル(ベーシックプラン)のみで初期費用がかからないことは大きく、デザインの変更も容易で、公式ストアには豊富な「テーマ」も公開されており、高品質なデザインをサイト全体に適用できます。

楽天市場とShopifyの連携でできること

約5万のEC店舗が出店、国内だけで1億を超える楽天会員を持つ、日本最大級のインターネット・ショッピングモールである「楽天市場」と連携することで、Shopifyマーチャントが「楽天市場」上で新たなお客様と出会う機会が増え、売上向上につながることは想像に難くありません。

今回の連携により、shopifyのアプリストアにおいて、「楽天市場」での店舗運営に伴う商品登録・在庫管理・受注管理を可能とする「楽天販売チャネルアプリ」のインストールができるようになったことにより、簡単に「楽天市場」を新たな販売チャネルに加え、販路を拡大することができるようになりました。

楽天とShopifyは今後も、EC事業者を支援する取り組みを通じて、ユーザー満足度の向上を図り、より魅力的な買い物体験の提供を目指していくでしょう。

「楽天市場」と「Shopify」を連携

日本国内でID数1億以上の会員基盤をもつ楽天が運営する「楽天市場」は、ECにおける影響力はもちろん日本でもトップクラスです。

さらに初心者でもEC販売がはじめやすい充実のサポート体制で、今後Shopifyと「楽天市場」のショップを同時にはじめようという方も安心してショップをオープンすることができます。

マルチモール・マルチチャネルでの受注情報や在庫情報をShopifyで一元管理

Shopifyと楽天市場の連携により、お客様が「楽天市場」内のショップで購入した注文情報がShopifyと同期され、店舗様は在庫・発送管理することができるようになります。

販売チャネルが多岐に渡っていると、多数の販売チャネルを横断した管理がとても難しかったのですが、今回の連携でその悩みが解決されます!

「楽天市場」で販売した注文データもShopifyに取り込まれるので、一つのダッシュボードから売上確認をすることができ、どの商品がどちらのショップで人気なのかというデータも簡単に取得することができるため、売上対策が容易というのも強みの一つです。

連携による費用・コスト

Shopifyと楽天市場の連携でShopifyの追加費用の発生はありませんが、「楽天市場」に出店されていない場合、改めて出店する必要があり、その際諸々の費用は発生します。

また、アプリ自体に費用はありませんが「楽天市場」のオプションサービスであるRMS商品一括編集機能(月額10,000円税抜)が連携には必須となりますので、予算漏れがないようにご注意ください。

商品登録

アプリを通して新規商品を作成する必要がございます。RMSにすでに登録されている商品を連動させることはできません。

受注管理・在庫連動について

Shopifyを通して作成した商品のみ、Shopifyアプリ上で注文情報を取得できます。

Shopifyと楽天の連携で注意すること

Shopifyアカウント1つにつき、連携できるRMSアカウントは1つのみですので、商品登録以外のページ構築、R-Mail、R-Karteなどは別途RMS上で確認する必要があります。

また、商品登録はアプリを通して新規商品を作成する必要があり、RMSにすでに登録されている商品を連動させることはできません。

すでに「楽天市場」のショップを持っていても、「楽天市場」からShopifyへの同期はできないので、既存の商品の同期については新しい商品をShopify側から作成する必要があります。

まとめ

世界的規模を持つShopifyと、国内最大手ECモールである楽天市場の連携はこれからのオンラインショッピングの新たなスタイルを構築していくでしょう。

連携したばかりなのでまだまだ機能性が十分とは言い難いですが、そういった問題は今後の展開で改善される可能性が高いため、これから新規店舗の出店を検討されている方にとっては今後もチェックしていくべき次項としてとどめてください。

サヴァリでもShopifyに関して様々な問い合わせを受け付けておりますので、ご興味を持たれた方はぜひご相談ください。


サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせいただくには、お客さまの会社名やお名前、連絡先などの情報をお答えいただく必要があります。 お手数ですが、当社の「個人情報保護方針」をお読みいただき、ご同意いただきましたうえで、お問い合わせページにお進み下さい。

会社名
会社URL
ご担当者部署
ご担当者氏名
フリガナ
メールアドレス
電話番号
郵便番号
都道府県
市町村
建物名
お問い合わせ内容
(複数チェック可)
詳細
時期
予算
当社の個人情報の取扱いに同意する。