楽天市場のSEO対策を詳しく解説!検索最適化で売上げUP!

モール運営ノウハウ

楽天市場のSEO対策を詳しく解説!検索最適化で売上げUP!

楽天へ初めて出店作業を終えて次に店舗様気にするのは楽天での売上向上でしょう。

楽天で売上げを増加させていくためには、購入意欲の高い顧客集める必要があり、それは楽天検索窓からのアクセス・集客が重要となります。

これは既に楽天で運営している店舗様にとっても、自社の楽天店舗の流入見直しにつながると思いますので今回はまとめてみました。

なぜ楽天市場での検索最適化が必要なのか

楽天市場の「楽天サーチ」は自楽天店舗の売上を伸ばすにあたって重要な集客経路となります。
これから売り上げアップを目指すためにも、楽天サーチでの商品露出を増やし、店舗への間口を広げて案内する必要があります。

検索キーワードでは、売れるキーワードで探す

検索キーワードでハマりがちなのは「ビッグワード」を多用してしまうことですが、そもそもビッグワードは多くの消費者が検索するキーワードであり、そのため競合店が非常に多く、資金力に余裕がある会社や売り上げ実績が高い商品が上位を占めており、これを崩すのは至難の業です。

ところが「ミドル・スモールワード」は対策できていないショップがとても多く、「ゆらぎ」も含めて正しく対策すると効果的な向上が見込めるでしょう。

事実、「ミドル・スモールワード」と組み合わさった複数語検索によるアクセスは消費者の検索意図と強く、転換率も高くなります。

積極的に 「ミドル・スモールワード」を探していきましょう。

検索結果の広告枠と自然検索枠の違い

検索結果には「広告枠」「自然検索枠(検索)」がありますが、検索結果からの集客を最大化したいのであれば、どちらも実施することが重要です。
というのも両者には相乗効果があるため、どちらか単体で行うよりも効果的と言えます。

どうしても狙いたいキーワードがあって、他社よりも上に出ていない場合には広告を使って上位に表示するということも大事になります。

消費者目線の検索最適化を意識する

楽天市場で検索対象となる項目にキーワード設定していく

楽天市場で、ユーザーがキーワード検索を実施した際、以下の項目に入力したキーワードは検索対象になると言われています。

 ・ 商品名(全デバイス共通)
 ・ PC用キャッチコピー(パソコン・アプリ検索時)
 ・ モバイル用キャッチコピー(スマホ・ガラケー検索時)
 ・ PC用商品説明文(パソコン・アプリ検索時)
 ・ スマートフォン用商品説明文(スマホ検索時)
 ・ PC用販売説明文(パソコン検索時)

この中で特に重要な項目は「商品名」ですので、最優先に対策していきましょう。

「全商品ディレクトリID」と「タグID」は正しく設定できているか

登録した商品名で検索したのに、検索結果に表示されないというショップがありますが、これは全商品ディレクトリIDを誤ったために、商品が表示されない、タグIDの登録を怠ったために、商品が表示されないといったケースがほとんどです。

全商品ディレクトリIDとは

全商品ディレクトリIDとは、そもそも楽天に登録する場合、「楽天市場の中でどのジャンルに入るのか」楽天が設定したジャンルの中から選択します。

これは楽天市場でジャンルをたどって商品を探すときに利用されます。

なお「表示先カテゴリ」は別物で、「その店舗の中で」どのカテゴリに入るのかを指定するものであり、店舗が必要に応じて独自作成したカテゴリを、商品に紐づけて利用します。

タグIDとは

「ジャンルの中のさらに細かい分類」で、たとえば、ブランド・靴サイズ・色・靴幅・素材などです。
家電であれば、カラー・メーカー・配送サービスなど非常に細かい設定が可能ですが、この辺りを設定していないと、絞り込みの際に表示されないことがありますので注意しましょう。

楽天検索上位表示に向けた最適化のためにやるべきこと

スモールワードであっても売り上げにつながるキーワードを入れる

楽天サーチの検索結果順位は「商品の実績(売り上げ)」の影響を強く受けるため、新商品や販売実績が少ない商品は競合店舗と同じキーワードで検索対策を行っているだけでは上位表示させられません。

検索ボリュームが非常に少ないキーワードや、検索数はあるものの売上につながらないキーワードでの上位化は売上げにつながらないため、どのキーワードでどの商品を上げていくべきか売り上げにつながるキーワードでの上位表示をしかけていきましょう。

費用はかかるが、加速するためには他の手段も使う

楽天の配布型クーポンやRPP広告の活用、楽天外の広告の活用を行うことで、費用対効果を高めながら、特定の商品の売上増加をスピードアップする手段がありますので、ぜひ取り組んでみてください。

サジェストキーワードを入れる

楽天市場の検索窓で、楽天市場で検索で商品を見つけやすくするために、キーワードを入力した後に、「スペース」を打ち込むことで、楽天市場内でユーザーがよく検索するキーワードトップ10がサジェスト表示される機能があります。

ユーザーがよく検索するキーワードは、検索表示の回数が多くなる傾向にありますのでまずは、楽天のキーワードサジェスト機能で表示されるキーワードから優先的に対策を行いましょう。

注目キーワードを入れる

注目キーワード一覧は、楽天市場内における、ホットキーワード、よく検索されるキーワードをランキング形式で紹介しているページです。今、売れる商品、売れている商品に関連するキーワードを確認できるのでおすすめです。

全ての店舗が対策できるキーワード

「父の日」などのイベント、季節需要などのキーワード対策は重要ですので、商品の種類に関係なく設定していきましょう。

対策漏れ商品ページを見つける

最初は売れている商品から一つずつ丁寧に実施して、次に徐々に時間をかけて対策を行った商品ページの数を増やします。

検索順位45位以内の商品数×検索パターンを増すことで、特定のキーワードで、検索したときに検索結果ページの面積を専有することも可能となり、アクセスアップにつながります。

需要期にだけ売れる「季節キーワード」を入れる

楽天市場では、「父の日」「敬老の日」「クリスマス」など、記念日やイベントの時期に需要が急激に高まりますが、季節ワードを使って検索する消費者は、ニーズが顕在化している場合が多く、転換率の高いため、需要期前に「季節キーワード」を商品ページに適切に盛り込んでおきましょう。

季節ワードの対策は直前に実施しても大きな成果は期待できません。
遅くとも2〜3ヵ月前から検索対策を行い、イベントまでに検索順位を出来るだけ上げておくことで、需要の最盛期に売り上げを大きく伸ばすチャンスが生まれます。

楽天検索最適化の無料・有料順位チェックツールを駆使する

楽天検索上位表示に向けた最適化を行う上で、どのキーワードでどの商品が何位なのか、商品のレビューの件数は何件ついているのか、他社の商品の順位はどうかなど、キーワードごとの商品順位の取得するのは大変ですので、自動で順位などを取得してくれるツールを利用し効率化しましょう。

まとめ

現在の楽天市場は細かい施策を行うには手間を惜しんでいては勝てなくなっています。

「基本を徹底する」「できるだけ細かく施策を打つ」「素早くPDCAを回す」ことが、楽天市場の検索上位表示に向けた最適化で成果を上げる鉄則だと考えてください。

楽天市場をOPENしたばかりの方は色々と大変でしょうが、サヴァリなどにご相談をいただくことで軽減できるケースもありますので、ぜひご相談くださいませ。

 

ネットショップ運営に役立つ資料が満載!

下記バナー画像より【簡単3ステップで無料ダウンロード】

 

ネットショップ運営に役立つセミナーを毎月開催中!

下記バナー画像より【セミナー/勉強会にご参加】

 

当社のネットショップ運営代行サービスについて

ネットショップ運営代行サービスサヴァリ株式会社のネットショップ運営代行サービスでは、EC事業の売上を支えるサイト制作からマーケティング業務まで一括で請負います。

自社運営のネットショップから楽天市場、ヤフーショッピングまで、当社が定めるネットショップ成功の三条件を元に「店舗毎の課題」に合わせた充実したサポートをご提供致します。

※ネットショップ運営代行のサービス詳細はこちらから

 

関連記事