【必見】Amazon出店のよくある悩みをQ&A方式で解説!

モール運営ノウハウ

【必見】Amazon出店のよくある悩みをQ&A方式で解説!

Amazonは世界的によく知られているECで、個人・企業問わずAmazonで出店してみたいと思う方は多いと思いますが、審査に不安を持ったり、楽天やYahoo!との違いを気にされる方など、Amazon出店に関して疑問を持たれる方もおられると思います。

この記事ではAmazon出店における広告運用、運営代行、コンサルティングなどを提供する弊社に日々寄せられる”Amazon出店”に関する疑問の中から、特に多い質問をQ&A方式でまとめました。

Amazon出店のメリット

Amazonに出店する主なメリットは下記の通りです。

Amazonのブランド力を借りて集客できる

Amazonは楽天やYahoo!と並んで知名度のある会社であり、商品の充実度やセキュリティ面などで信頼があるため、利用者にとっては安心感があります。

検索上位に表示さえできれば、自社と接点のないユーザーでも商品を購入してくれる可能性があり、買い物はほとんどAmazonでする人もいますので、常に一定のユーザーがいることも特徴的です。

Googleで検索した時にもAmazonの商品が出てきたりしますので、Amazonのブランド力を借りて集客できることは、大きなメリットといえるでしょう。

LP作成などのスキルがなくとも出品できる

「HTMLが分からない」という方でもAmazonは直感的に使いやすいです。
いっぽう楽天市場やYahooは自分の店舗を出店する必要があるため、HTMLをいじる必要があります。

AmazonのFBAを利用することで配送が楽になる

AmazonFBAは、出品する商品の用意から納品までをAmazonが代行してくれるサービスで、これはAmazonが出品者から商品を預かり、商品の注文が入った時には発送まで代行してくれます。

このため出品者側が出品作業(商品の情報登録等)を行えば、その後たくさん受注が入った時でも慌てることなく商品を届けることができます。

ただし荷物の寸法・重量により、AmazonFBAの手数料が発生しますので注意してください。

リテラシーの高いユーザーが多くクレームが少ない

Amazonはカスタマーサービスが充実していますので、もしトラブルがあっても、Amazonが力になってくれますし、やりとりがスムーズなユーザーが多いことも特徴といえます。

Amazonの出店数

Amazonの出店数は、2016年以降公表されていませんが、2015年6月時点の出店数が約17.8万店舗であること、Amazonは審査が厳しすぎず、個人でも出品しやすい特徴がありますので、現在はさらに大幅に増えていることが予想できます。

Amazonに出店する際の審査や必要書類

Amazon出店に必要な書類は運転免許証、パスポートなど本人確認書類と取引明細書1部(通帳、クレジットカードの明細書、残高証明書などからいずれか1つ)の2点のみです。
これらはネットからアップロードできますので、書類作成には時間がかかりません。

ただしマイナンバーカードは本人確認書類として認定されていないため、注意しましょう。

出店審査に必要な日数

公式サイトには「審査には2営業日(目安)かかります」と明記されています。
2営業日前後で審査通過の連絡が届いたら、出品登録に進めますが、契約設立日より1カ月以内に開店審査の申請または初回出品審査を行わないと契約終了となってしまうので、気を付けましょう。

中国や海外に出店する方法

「Amazonグローバルセリング」というサービスがありますが、このAmazonグローバルセリングは2018年から始まったサービスで、日本にいながら海外向けに販売できるサービスです。

日本のセラーアカウントとは別のアカウント、出品したい国のセラーアカウントが必要になりますので、セラーセントラルの「在庫」→「グローバルセリング」からアカウントを取得しましょう。

日本のAmazonとの違いは、登録時に「税金関連情報」を入力すること。「日本で納税します」という内容で登録すればOKなので、指示通りに進めば問題ありません。

個人(事業主)と法人での出店方法の違い

法人の場合は登記簿謄本を用意し、法人番号などを入力します。
個人の場合は本名や屋号で登録するだけなので、大きな違いはありません。

Amazonの出店手数料(費用)
Amazonの出店手数料は、「大口出品」と「小口出品」の2パターンがあります。

大口出品は月額登録料がかかりますが、決済方法の選択肢が多かったり、Amazon広告を利用できたり、出品できる商品数が多かったり、お得なオプションがついています。

小口出品は月額登録料がかかりませんが、サービスの制限も多いので、規模が拡大すると使いにくくなります。

送料について

送料は、小口出品ではあらかじめ決められており、大口出品では個別が可能です。

小口出品の場合、本やCDなどは送料が200~300円台ですが、それ以外では472円〜と少し高めで、大口出品はかなり複雑に書かれておりますが、合計金額で送料を決められるので単純です。

楽天・Yahoo!との料金比較

いずれも国内大手のショッピングモールですが、料金の特徴は明確に異なります。

 ・ 楽天市場:固定費は高いが、売上による変動は少ない
 ・ Amazon:固定費は安いが、売上に応じた手数料がかかる
 ・ Yahoo!ショッピング:楽天市場やAmazonと比較すると手数料が安価

Amazon FBAと出品について

AmazonFBA(フルフィルメントbyAmazon)とは、梱包・配送作業をAmazon側に依頼する作業であり、手数料はかかるものAmazonFBAを利用することで自己負担が減ります。

Amazonが配送等をするので、プライム会員にとっては送料無料で受け取れるメリットがあり、注文されやすくなります。「個人の事業主には住所を知られたくない」というユーザーにとって、安心感があります。

気になる点は、FBAの利用には手数料がかかること、Amazon側にトラブルがあった際に上手く配送されないことなど自分で全て管理できなくなりますので注意してください。

AmazonFBAの登録方法は非常に簡単です。「フルフィルメントbyAmazon」のページから「FBAを追加(追加無料)」をクリックし、規約に同意したら、「フルフィルメントbyAmazonの利用を開始する」をクリックするだけです。

売上を伸ばしたい方は積極的に利用しましょう。

まとめ

本記事ではAmazon出店に関するよくある悩みをまとめました。
もしAmazonについてその他のご質問や、運営に関してお困りの際は、サヴァリへお気軽にご相談くださいませ。

 

 

ネットショップ運営に役立つ資料が満載!

下記バナー画像より【簡単3ステップで無料ダウンロード】  

ネットショップ運営に役立つセミナーを毎月開催中!

下記バナー画像より【セミナー/勉強会にご参加】  

当社のネットショップ運営代行サービスについて

ネットショップ運営代行サービスサヴァリ株式会社のネットショップ運営代行サービスでは、EC事業の売上を支えるサイト制作からマーケティング業務まで一括で請負います。 自社運営のネットショップから楽天市場、ヤフーショッピングまで、当社が定めるネットショップ成功の三条件を元に「店舗毎の課題」に合わせた充実したサポートをご提供致します。
※ネットショップ運営代行のサービス詳細はこちらから

関連記事