Amazon(アマゾン)に出品した商品を上位にヒットさせるには

モール運営ノウハウ

Amazon(アマゾン)といえば楽天・Yahoo!にならぶ国内の大手ECモールであり、利用する人も多くなっているため出店された店舗様も数多いと思われます。

ところが出店して出品したのにいつまで経っても売れない…といった経験をされた方も数少なくありません。

そこで今回はAmazon(アマゾン)に出品した商品を検索にヒットさせる方法についてまとめたいと思います。

Amazon(アマゾン)に出品した商品が検索にヒットしない理由

Amazon(アマゾン)に出品したのに検索にヒットしない主な理由は下記になります。

検索にヒットさせたいキーワードが正しく登録されていない
出品した商品が登録されていない、もしくは在庫がない

検索にヒットさせたいキーワードが登録されていない
Amazon(アマゾン)の商品ページには、下記項目があります。

商品タイトル
商品箇条書き
検索キーワードフィールド

上記3つに検索にヒットさせたいキーワードを入れ込む必要があり、この項目にキーワードが入っていないとヒット率が低いままですので注意してください。

出品した商品が登録されていない、もしくは在庫がない

Amazon(アマゾン)に出品していても、商品情報が登録されていないケースが見られます。単に商品だけ出品しても、商品情報が登録されていなかったり、在庫がない場合は検索対象から外れますので注意してください。

Amazon(アマゾン)に出品した商品を検索にヒットさせる方法

Amazon(アマゾン)検索で自社の出品した商品をヒットさせるためはキーワード対策が重要になります。

キーワード対策の主な方法を紹介いたします。

Amazon(アマゾン)検索サジェスト
Amazon(アマゾン)競合調査
Googleサジェスト
Googleキーワードプランナー

Amazon(アマゾン)検索サジェスト

サジェストとはAmazon(アマゾン)の商品検索欄にほしい商品のキーワードを入力すると、そのキーワードで併せて頻繁に検索されているキーワードが出現されます。これがサジェスト機能になります。

このサジェストをうまく使って商品情報に入れ込むことで、より多くのユーザーの検索結果にヒットすることが期待できます。

Amazon(アマゾン)競合調査

自社商品と同じジャンルで、既に上位表示されている競合出品商品を調査してみましょう。

Amazon(アマゾン)で検索を行い、上位に表示される商品ページを見てみます。
そこで、頻繁に使われているキーワードやフレーズを見つけ出します。

1ページ目に表示される競合商品を全てチェックすれば、おおよそのキーワードの傾向が見えてくるはずですので、それをうまく自社出品商品に当てはめれば、検索にヒットされる確率が上がります。

Googleサジェスト

Google検索にもサジェスト機能がついていますので、この機能を活用して、頻繁にユーザーが検索されているキーワードを見つけましょう、方法はAmazon(アマゾン)サジェストと同じです。

同じキーワードだとしてもAmazon(アマゾン)検索とGoogle検索では異なるキーワードが出現することがあります。

優先度としては、Amazonの方になりますが、競合店が入れていないキーワードや、これからAmazon(アマゾン)でも伸びる可能性があるキーワードを見つけることができるでしょう。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは関連キーワードや、狙ったキーワードが平均どのぐらい検索されているのかを調べることができます。

サジェスト機能は特定のキーワードに続くキーワードしか表示されませんが、キーワードプランナーはより広い類似ワードを抽出してくれますので、思いもつかなかったキーワードの発見を行うことができます。

ただし調査できるのは、Googleの検索回数であり、Amazon(アマゾン)の検索回数ではないので参考程度に留めておきましょう。

これらの対策方法を活用し、自社の出品した商品をAmazon(アマゾン)検索でヒットさせるキーワードの選定を行い、商品名・ブランド名・商品の箇条書き・商品説明文に散りばめましょう。

Amazon(アマゾン)に出品するときの検索ヒットするための注意点

Amazon(アマゾン)で検索ヒットさせるキーワードの注意点ですが、検索キーワードフィールドに入力できる文字数は限られています。

自社商品に関連しかつ競合よりも1つでも高順位に表示されるキーワードの選定を行いましょう。

また、登録が禁止されているキーワードもあります。
以下、ルールに違反すると検索対象外になったり、最悪の場合はアカウントがペナルティを受ける場合もあります。
以下に禁止されているキーワードをまとめておきます。

検索キーワードにブランド名を含めないようにします。
検索キーワードにASINを含めないようにします。
冒涜的表現を追加しないでください。
「新しい」や「セール中」など、一時的な表現を使用しないようにします。
「推奨」、「最低価格」、「素晴らしい」など、主観的な表現を使用しないでください。
暴力的または攻撃的なキーワードを追加しないでください。

自社商品へ検索から流入を増やす方法

Amazon(アマゾン)に出品した商品への検索流入数を増やす方法として、キーワード選定の他にこれから紹介する2つの対策も有効ですのでぜひ実施しましょう。

Amazonで商品販売実績が増えれば商品検索ヒット率もあがる

Amazon(アマゾン)の現在の検索アルゴリズムでは、より購入に繋がりやすい商品を優先的にユーザーに表示させる傾向があります。したがってたくさん売るほど検索結果で上位にヒットする確率が上がります。

ただし、こ”直近の”注文件数であるという点であって、商品を出品登録してからの累計ではありません。
これは既に競合がひしめくジャンルで後発組で出品しても、直近の注文件数さえ良ければ検索結果で上位に表示させることができるということです。

「直近」がどのくらいの期間を指しているのかは不明ですが、現時点で売れている商品にスポットが当たる傾向があると踏まえておきましょう。

Amazon(アマゾン)の配送料無料(FBA)利用を検討する

FBAの最も大きな特徴としては、配送が無料かつ最速で届くということです。

FBA商品以外買わないというユーザーも多く、そういった層を取り込むことを目的として、検索結果で上位表示させるために手数料と兼ね合いながらFBA登録することも検証しましょう。

スポンサーブランド広告などを利用する

スポンサーブランド広告(SB広告)は、Amazon(アマゾン)の広告形態の1つで、Amazon(アマゾン)でブランド登録を行えば、すぐに運用できます。

SB広告を使えば、特定のキーワードで検索結果表示ページの一番上部に表示させることができるでしょう。

まとめ
様々な紆余曲折を経てAmazonに出店・出品したのに売れないのは精神的にきついものです。こういったキーワード設定やAmazonでの露出UPを目指して適切なキーワード設定を行えば商品へのヒット率が上がりますので、ぜひ検討してみてください。

 

ネットショップ運営に役立つ資料が満載!

下記バナー画像より【簡単3ステップで無料ダウンロード】  

ネットショップ運営に役立つセミナーを毎月開催中!

下記バナー画像より【セミナー/勉強会にご参加】  

当社のネットショップ運営代行サービスについて

ネットショップ運営代行サービスサヴァリ株式会社のネットショップ運営代行サービスでは、EC事業の売上を支えるサイト制作からマーケティング業務まで一括で請負います。 自社運営のネットショップから楽天市場、ヤフーショッピングまで、当社が定めるネットショップ成功の三条件を元に「店舗毎の課題」に合わせた充実したサポートをご提供致します。
※ネットショップ運営代行のサービス詳細はこちらから

関連記事