Skip to content

ネットショップ運営代行のサヴァリ株式会社 > ネットショップ運営代行コラム > ネットショップ運用ノウハウ > 販促イベント > ブラックフライデーセールで売上を上げる

ブラックフライデーセールで売上を上げる

皆さんはブラックフライデー・セールをご存知でしょうか?

ブラックフライデーとは元々アメリカ合衆国から生まれたもので、感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日は休暇になることが多く、ブラックフライデー当日は感謝祭プレゼントの売れ残り一掃セール日にもなっていることから始まり、以来ブラックフライデー日はどんなお店でも黒字になりやすいことからブラックフライデーと呼ばれています。

ブラックフライデーは買い物客が殺到するため小売店が繁盛するため、アメリカの小売業界では1年のなかで最も売り上げが見込める日であり、当時に年末商戦の幕開けを告げるイベントです。

日本の場合は既に勤労感謝の日があるため、ブラックフライデーより1週間早くセールを開催する傾向にあり、「ブラックフライデー・セール」はさほど浸透されていませんでしたが、毎年11月は年末商戦を控えて売り上げが伸び悩む時期であることから、消費喚起を狙うべく、2016年からイオンをはじめ楽天、Amazon、NIKE、UNDER ARMOURなどブラックフライデーセールを行う実店舗・EC店舗など着実に増えています。

そこで今回は主要なECショップのブラックフライデー・セールについてまとめましたので、各モールに出店している店舗様は今後の施策に取り組んでみてください。

Amazonのブラックフライデー
2019年、Amazonのブラックフライデー(Black Friday)が日本でも初めて開催、11月22日9:00〜11月24日23:59の間に実施されました。

「クロいものセール」という色が黒い商品や商品名に黒・クロ・ブラック・Blackが入っているセール対象商品を特別価格で販売したり、人気のKindleコンテンツやPrime Videoのレンタル対象作品が96円という思い切ったセールが行われました。

楽天市場のブラックフライデー
楽天市場は11月28日10:00〜11月30日23:59の3日間、ポイントが最大44倍になるキャンペーンを実施されます。

ブラックフライデーの名前にちなんで、カメラやエスプレッソマシンなど「黒色」のセール商品が多数販売されます。

また、購入金額に応じて最大9600円オフとなる「クーポン」、最大9600ポイントの楽天スーパーポイントが当たる「お買い物パンダ ダーツくじ」もあり、まさにブラックフライデー・セールにふさわしい大掛かりなイベントとなっています。

Rebatesもブラックフライデーを実施
楽天ポイントバックで楽天ポイントが貯まるRebatesでも、ブラックフライデーセールが行われます。

こちらは11月29日10:00〜12月2日21:59の4日間で、事前にエントリー+期間中に合計5000円以上(税抜)買い物をしたユーザーに対して、抽選で100名に5000ポイントの楽天スーパーポイントが当たるキャンペーンが実施されます。

5,000円分の商品を買えばポイントで返ってくるチャンスがあるのは大きいですね。

アリババは「独身の日」で対抗
いっぽう、中国最大の大手ECモールであるアリババは11月11日の「独身の日」セールを行っており、売上が2680億元(約4兆1000億円、384億ドル)とブラックフライデーをはるかにしのぐ成果を出しています。

売り上げの大半は中国ですが、アメリカの独身の日の売り上げは2017年から29.1%伸びており、ブラックフライデー・セールに対するセール日として、ブラックフライデーの本国でもあるアメリカもアリババの路線を踏襲、じわじわ拡大しており、ブラックフライデーセールやサイバーマンデーセールに影響を及ぼしています。

Yahoo!ショッピングはブラックフライデーセールなし?
国内EC最大出店数を誇るYahoo!ショッピングですが、今年はブラックフライデーセールは行っておりません。また、11月11日は「いい買い物の日」セールという、上記「独身の日」と日程が重なるセールがすでにあること、また「Paypayモール」という、2019年10月17日に厳選ショッピングモールのオープンに注力したことから、本格的な動きは来年以降に行われる可能性が高いので、動向に注目しましょう。

まとめ
アメリカから発したブラックフライデーセールですが、その購買欲の高さから世界各国でも問題になっており、死者が出たり、従業員への負担が重いことから、逆にブラックフライデー日は実店舗・EC店舗を休業、代わりに1ヶ月大幅割引と言った措置を行う店舗もあります。

それほど影響の大きいブラックフライデーですが、日本はまだ聞き慣れないブラックフライデーですが、サイバーマンデーや独身の日と併せ、来年以降はより一層大きなセール日となりますので、ECモールに出店している店舗様はしっかりセール情報を把握、自店舗の売上UP対策に取り組みましょう。

サヴァリではこういった海外のセール情報とECモールをマッチさせることを得意としておりますので、ご興味を持たれた方はぜひご相談くださいませ。

 

当社のネットショップ運営代行サービスについて

ネットショップ運営代行サービスサヴァリ株式会社のネットショップ運営代行サービスでは、EC事業の売上を支えるサイト制作からマーケティング業務まで一括で請負います。

自社運営のネットショップから楽天市場、ヤフーショッピングまで、当社が定めるネットショップ成功の三条件を元に「店舗毎の課題」に合わせた充実したサポートをご提供致します。

ネットショップ運営代行のサービス詳細はこちらから

 

楽天・Yahoo!ショッピング・amazon市場動向資料を配布しております。

2018年楽天市場・Yahoo!ショッピング・amazon市場動向資料当社の独自調査による、楽天市場・Yahoo!ショッピング・amazonのジャンル別市場動向資料の2018年最新版を配布中。
楽天市場・Yahoo!ショッピング・amazonのジャンル別市場動向資料の2018年最新版を配布中。の市場動向を知りたい方からこれからECサイトを始めたい方まで、ECサイトに関わる方は是非ご覧ください。

是非、下記リンクより資料ダウンロードをお願いいたします。
【無料ダウンロードはこちらから!】

 


サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせいただくには、お客さまの会社名やお名前、連絡先などの情報をお答えいただく必要があります。 お手数ですが、当社の「個人情報保護方針」をお読みいただき、ご同意いただきましたうえで、お問い合わせページにお進み下さい。

会社名
会社URL
ご担当者部署
ご担当者氏名
フリガナ
メールアドレス
電話番号
郵便番号
都道府県
市町村
建物名
お問い合わせ内容
(複数チェック可)
詳細
時期
予算
当社の個人情報の取扱いに同意する。