Skip to content

ネットショップ運営代行のサヴァリ株式会社 > ネットショップ運営代行コラム > ~ECの未来~ > EC支援サービス編 > お取り寄せグルメ 活況! 食品 ECの未来【episode59】

あなたはどんなときにネットショップで食品購入を検討しますか?

今回ゲスト、アイランド株式会社 代表取締役社長の粟飯原氏は、

全国のおいしいお取り寄せグルメを紹介する『お取り寄せネット』を

運営しています。

粟飯原氏に『お取り寄せネット』の現状をきいてみました!

▽ 『今、食品ECは活況ですよね?』

コロナ禍で気軽に外食ができないということで、内食のEC需要が一気に高まって、

コロナ禍の2020年5月においては、昨年の8.6倍くらい伸びがあったところもあります。

外食をやっている店舗もすごく多いので、今コロナで店を閉めている中、

ECをやっていたおかげで生き延びれたとか、

昨年と同じ売上が維持できているというお話をよくきいています。

おいしいモノが大好きで少し値が張ってでもごたわった食品を

お取り寄せしてスイーツや新鮮な海鮮などをおうちでちょっと贅沢な

気分で楽しみたいというところから一気に広がりました。

たとえば、コロナ禍で伸びた特徴的なジャンルでいうと餃子、ハンバーグや、

今までそこまで大きく伸びていなかったお惣菜・加工食品系が伸びてきています。

以前はユーザーアンケートで、こだわりのモノが買いたい、ストーリー性のあるモノが買いたい、

唯一無二の生産者から取り寄せたいとなっていたのが、

今は長期保存ができる、簡単調理ができる、冷凍保存ができてすぐ解凍できる。

といったポイントが評価されています。

▽ 『在宅時間が増えたのにお取り寄せも増えるのはどうしてなのか?』

在宅で調理をする機会が増えた主婦の方々は、本当に切実に

1日3食、家族分を作るのが大変で1食くらいは、ちょっと楽をしたい。

今は家族でファミリーレストランに行くこともなかなか難しいので、

そういうときに冷凍の餃子を解凍してさっと焼くだけで

あのおいしいい名店の餃子がおうちで食べられるとか、

捏ねるところからハンバーグを作るのは大変だけど、

解凍して焼けばおいしいハンバーグが外食と同じように楽しめるというので

献立を作る助けになっています。

また、コロナ禍だけのニーズになるかと思いますが、

感染予防でスーパーに行く頻度を落とすために、

今までは週に2~3回とか毎日行っていた人が、

週に1回行ってまとめ買いをする。

そうすると、いっぱい持って帰るのが大変だから、

それだったらお取り寄せしちゃおうになる。

または危機的なことがいつ起こるかわからないので、

ある程度おうちに非常食品とか長期保存したいニーズがあります。

一度便利さが分かると、簡単にお取り寄せできて、

こんなに美味しいんだという風に広がっていきます。

▽ 『お取り寄せのトレンドが変わった?』

自分自身が体験することが一次的に起きると、

二次的に口コミをして他の人にも広がります。

そして三次的には別の人に贈るギフト消費が始まっていきます。

少し前から食品のギフト市場は伸びていて、

昔と違って残るものを贈ることに対して抵抗感を持つ人が増えています。

もし、この器を贈っても相手が気に入らなかったらどうしようとなるので、

消え物の少し特別な物を贈るという文化がすごく伸びてきています。

少し高級なチョコレートを贈ったら喜ぶんじゃないかとか?

ちょこっとこだわりのお酒とかをプレゼントしたら喜ぶんじゃないか?

という、カジュアルギフトの市場に食品が入ってきています。

食品EC化率の伸びは、将来的にすごく面白くなるんじゃないかと思っています。

このほかにも盛りだくさん、食品ECに対する利用者マインドを公開しています!

この動画を視聴することで、お取り寄せECのトレンドがわかります。

ECを運営されている方には、商品開発のヒントになるのではないでしょうか。

それでは、粟飯原氏流『お取り寄せ食品ECの未来』、ぜひお楽しみください!

「ECの未来」episode59 ポイント

ニーズの変化に対応する

~第59回 ゲスト~

粟飯原 理咲(アイハラ リサ) 氏
アイランド株式会社代表取締役
インターネットサービスプロデューサー

国立筑波大学卒業後、NTTコミュニケーションズ株式会社、株式会社リクルート、総合情報サイト「AllAbout」マーケティングプランナー職勤務を経て、2003年7月より現職。
生活者の視点に立ち、同社にて「おとりよせネット」「レシピブログ」「フーディーテーブル」「朝時間.jp」などの人気サイトや、キッチン付きイベントスペース「外苑前アイランドスタジオ」を運営中。
美味しいものに目がない食いしん坊&行くとついつい長居してしまう本屋好き。
日経ウーマン誌選出「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」2000年度ネット部門第1位受賞。
2011年より、日経産業新聞にて「風を読む」コラムを担当。

~ECの未来 チャンネルMC~

柳田 敏正(ヤナギダ トシマサ)氏
株式会社柳田織物
代表取締役

1971年4月生まれ。
1994年法政大学卒業後、(株)バーニーズジャパン入社、横浜店にてメンズ全般の接客に従事。
1999年退社し(株)柳田織物に入社。
2002年オリジナルのシャツを販売する自社ECサイト「ozie」を開設し、BtoCへ進出。
2011年にOSMC(オンラインショップマスターズクラブ)最優秀実践者賞受賞。
2012年第4回エビス大賞 大賞受賞。
2013年4月代表取締役に就任。
2014年、六本木一丁目にショールームをオープン。
EC4店舗を運営。

当社のネットショップ運営代行サービスについて

ネットショップ運営代行サービスサヴァリ株式会社のネットショップ運営代行サービスでは、EC事業の売上を支えるサイト制作からマーケティング業務まで一括で請負います。

自社運営のネットショップから楽天市場、ヤフーショッピングまで、当社が定めるネットショップ成功の三条件を元に「店舗毎の課題」に合わせた充実したサポートをご提供致します。

ネットショップ運営代行のサービス詳細はこちらから


サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせいただくには、お客さまの会社名やお名前、連絡先などの情報をお答えいただく必要があります。 お手数ですが、当社の「個人情報保護方針」をお読みいただき、ご同意いただきましたうえで、お問い合わせページにお進み下さい。

会社名
会社URL
ご担当者部署
ご担当者氏名
フリガナ
メールアドレス
電話番号
郵便番号
都道府県
市町村
建物名
お問い合わせ内容
(複数チェック可)
詳細
時期
予算
当社の個人情報の取扱いに同意する。