Skip to content

ネットショップ運営代行のサヴァリ株式会社 > ネットショップ運営代行コラム > ネットショップ運用ノウハウ > 集客施策(SEO・広告) > Amazon広告の種類と運用のコツ

日本を代表する三大ECといえば楽天・Yahoo!・Amazonと言われていますので、今回はそのうちの一つ、Amazonの広告の種類と運用のコツについてご紹介したいと思います。

Amazonに出店されている店舗様の売上向上になれば幸いです。

Amazonといえば世界最大のECサイト

日本国内の利用者数においても、5,253万人(2020年4月時点)と、楽天市場の5,138万人、Yahoo!ショッピングの2,946万人とダントツで、ネットショッピングやCMなどで目にされた方も多いでしょう。

そんなAmazonで自社商品をプロモーションできるのがAmazon広告といわれるものです。

Amazon広告の種類

Amazon広告には2つのスポンサー広告があります。
いずれもクリックによって広告費が発生するとこと、設定したキーワード、または商品でのターゲティングが可能ということです。

スポンサープロダクト広告
Amazonのスポンサープロダクト広告は検索結果ページ、商品詳細ページに掲載されます。
これは検索したキーワードでターゲティングできるため、自社商品と似たような商品を探しているユーザーに広告を表示でき、商品詳細ページに誘導できるので売上拡大が見込まれます。

スポンサープロダクト広告には、ターゲティングの設定として「オートターゲティング」と「マニュアルターゲティング」の2種類が用意されており、オートターゲティングは、Amazon広告をいち早く軌道に乗せるうえで有効です。

オートターゲティング

宣伝する商品に適した検索キーワードをAmazonのシステムが自動的に選定、それが検索されたときに広告を表示します。
また関連商品などのASINが自動選定され、商品詳細ページにも広告が掲載されます。

便利尽くしのオートターゲティングですが、以下のいずれかに該当する場合は広告が掲載されにくくなり、期待した効果が得られないことがありますので注意してください。

・出稿対象が新商品である
・商品詳細ページの情報が不足している

マニュアルターゲティング

広告を出稿する検索キーワードや関連商品などのASINを、運用者が手動で選定します。
広告が掲載されるキーワードや商品詳細ページを厳密にコントロールできます。

スポンサーブランド広告
スポンサーブランド広告は「ブランドの認知度向上」を目的としており、検索結果画面の上部に表示されます。

ブランドロゴをクリックすると、Amazon内で作成できるカスタムランディングページ、またはAmazonストア(自社ブランド専用のブランドサイト)に移動、商品をクリックすると商品詳細ページに移動します。

自社ブランドの複数商品の認知拡大を図りたい場合に最適な広告です。

Amazon広告を利用する条件

Amazon広告は誰にでも利用できるものではなく、以下の条件を満たすことで利用できるようになります。

・大口出品者またはベンダーである
・ショッピングカートボックスを獲得している
・日本国内のすべての住所に発送が可能
・スポンサーブランド広告を利用する場合はAmazonブランドの登録

Amazon広告運用

1ページ目の最上部に表示させる

Amazonによれば全ユーザーの約7割は検索結果の1ページ目しか閲覧しないため、1ページ目に掲載されることを目標にして上限クリック単価の調整をしましょう。

Amazon内の目に留まりやすい場所に広告掲載されると売れやすくなり、商品が売れるほど自然検索においても上位表示されやすくなる効果も期待できるという好循環も生まれます。
ただし、最上部は入札競争が激しいので、クリック単価が上昇する可能性がありますので予算と相談してください。

検索クエリを有効活用する

検索クエリとは、ユーザーが実際に検索・購入したキーワードのことなので、売上につながる重要なキーワードになりますから、ぜひ有効活用しましょう。

自分が予想もしていないクエリ(=キーワード)が購入に繋がっていることがありますので、商品のキーワードとして登録しておけば、検索されたときに自社の広告が表示される頻度が高くなり、購入されやすくなります。

ユーザーがどんなキーワードで検索して、どれくらい購入に繋がったのか、管理画面やレポートを確認し、定期的に設定内容を調整しましょう。

商品詳細ページの充実

スポンサープロダクト広告・スポンサーブランド広告、いずれも商品詳細ページに移動させられます。

まずは、商品の利点がしっかりわかる画像と商品情報の登録を行い、充実した商品詳細ページを作成、広告掲載開始後にも、商品詳細ページを随時チューニングすることで転換率を高めることができます。

まとめ

今回はAmazon広告の種類や運用のコツをご紹介しました。
2020年の日本国内で利用者数ダントツのECモールAmazon、そのAmazonでうまく売上を作るためにはAmazon広告は欠かせません。
これからAmazon広告を始めてみたい方、運用しているがなかなか上手くいかない方がおられましたら、ぜひサヴァリへお気軽にお問い合わせください。


サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせいただくには、お客さまの会社名やお名前、連絡先などの情報をお答えいただく必要があります。 お手数ですが、当社の「個人情報保護方針」をお読みいただき、ご同意いただきましたうえで、お問い合わせページにお進み下さい。

会社名
会社URL
ご担当者部署
ご担当者氏名
フリガナ
メールアドレス
電話番号
郵便番号
都道府県
市町村
建物名
お問い合わせ内容
(複数チェック可)
詳細
時期
予算
当社の個人情報の取扱いに同意する。