Skip to content

ネットショップ運営代行のサヴァリ株式会社 > ネットショップ運営代行コラム > ネットショップ運用ノウハウ > ECサイトの売上をアップさせるカゴ落ち対策

ECサイトの売上をアップさせるカゴ落ち対策

ECサイトを運営している店舗様全員の悩みとしては、ある程度運営すると「売上アップ手法」に困ることでしょう。

そこで「カゴ落ち」対策をしっかり行って売上を確実に伸ばしてみましょう。

カゴ落ちの統計データ「31 Cart Abandonment Rate Statistics」によれば、「世界平均のカゴ落ち率は69.23%」と、EC業界全体についてまわる避けて通れない問題となっていますが、逆に見ればこの数値を改善すれば、売上に大きな影響をもたらせるでしょう。

今回は「カゴ落ち」の理由と、「カゴ落ち対策」について解説してまいります。

カゴ落ちとは

カゴ落ちとは、ECサイトなどでユーザーが商品をカートに入れるも結局購入に至らずサイトから離脱されてしまうことです。

別名「カート放棄」「カート落ち」と呼ばれることもありますが、意味は同じです。
せっかくお客様が買い物かごに入れてくれたのにもったいないですね。

売上アップにおいて新規顧客がサイトを訪れてもらうのと同じぐらい、カゴ落ち率を下げることが大切です。

カゴ落ち対策を今すぐ行う理由

カゴ落ち対策がいかにECの売上をあげる上でいかに大切な施策か?

それはカゴ落ち対策を行い10%改善すれば、CVRを10%以上改善することができるといわれ、これは売上にすれば1割に相当することから、売上を上げたい店舗様にとっては相当なインパクトでしょう。

そのためカゴ落ち対策は売上を確保するために重要となります。

ユーザーがカゴ落ちする10の理由

それではユーザーはどのような理由で「カゴ落ち」してしまうのか、それは下記理由が主です。

 1. 予想外の費用がかかってしまった
 2. 会員登録が面倒くさい
 3. 購入画面までのフローが長すぎる
 4. トータル費用が高い
 5. エラーが出る
 6. クレジットカードなど個人情報を入力したくない
 7. 到着に時間がかかる
 8. 返品条件に不満
 9. セキュリティーに不安
 10. クレジットカードが使えない

上記の理由を自社ECサイトに当てはめて、一つずつ「改善できないか?」検討することから始めてみましょう。

他にも下記のような離脱理由も多いと思われますので、この辺も踏まえてカゴ落ち対策を行いましょう。

 ・ タイムアウトしてしまった
 ・ 商品購入中に電話や用事が入っておざなり
 ・ 見るだけで買う気がない

売上を伸ばすための8つのカゴ落ち対策

その1:カゴ落ちメールのツールを導入する

カゴ落ちメールとは、カゴ落ちした人に対してURLのパラメータがついたメールを送ることで、ユーザーがそのURLをクリックするとカートインを復活させ、サイトの再訪問を促すツールで、Webプッシュ通知など各社からツールが提供されています。

 ・ セッションタイムアウトしてしまった
 ・ 商品購入中に電話や用事が入ってしまった

こういった理由で購入を止める方にとって通知が届けば、購入意欲も高まりますし、商品の購入を迷っている方へもアプローチになります。

導入は難しくないので、ぜひ試してみましょう。
より詳細を知りたい方はサヴァリへご確認くださいませ。

その2:ゲスト購入への導線を強化

カゴ落ちの理由でも上位に入るのが「会員登録が面倒」ということです。
お客様はAmazon・楽天・Yahoo!あるいはメーカー大手のECサイトならば、信頼感があるので登録してくれますが、それ以外のサイトとなると会員登録はしてくれません。

 1. カートをクリック
 2. お届け先を入力
 3. 支払情報を入力
 4. 確認画面
 5. 完了画面

の遷移を

 1. カートをクリック
 2. 確認画面(お届け先・支払情報を入力)
 3. 完了画面

こういった遷移を少なくするだけでもカゴ落ち率は下がります。
このことから、現在におけるECサイトのトレンドは会員登録しなくても購入できる「ゲスト購入」となっています。

ぜひ会員登録にこだわらず、販売への導線を短くしてみてください。

その3:ID決済を導入する

「Amazon Pay」や「楽天ID」などID決済の導入しましょう。

日本のほとんどのユーザーはどちらかのIDを持っており、かつ安心してログイン&決済が可能なのです。

これは会員登録が面倒という方、カード情報を入力したくない方に対して非常に有効です。

オンラインで買い物する人のほとんどが「Amazon」か「楽天市場」の会員になっていますから、カゴ落ち対策として有力な施策です。

その4:エントリーフォームの最適化を行う

購入までのプロセスが長すぎるのもカゴ落ちの理由として大きな比重を占めていますので、ツールを導入して「入力アシスト」を行うものから、単にフォームの数を減らしたり、サポート文言を変更するカンタンな方法まで様々です。

入力項目がたくさん必要なECサイトには入力アシスト機能のあるエントリーフォームの最適化は有効な施策です。

また、抜本的な対応として掲載項目を見直してみましょう。

その5:FAQやWEB接客ツールのチャットを導入する

ECサイトにおいて、初回購入していただくお客様の初回購入が上手くいけば、リピーターとなる可能性が増えるのに対して、エラーが発生したりと購入ができなければ、信頼感を損ない、二度と購入してくれません。

とはいえECサイトで購入したことがない方にとって購入は至難ですよね。

こういったユーザーに向けて、WEB接客ツールのチャットボックスを導入したり、「お客さまのよくある疑問」を解決するFAQページへのリンクを、サイトの見やすい位置に配置しましょう。

チャットツールも、導入はタグ挿入だけの設置が容易なものが多く、最近はAI型も出始めていますが、現段階では人の担当をつけるのが望ましいです。

営業時間を指定するのも可能ですので、担当者の時間を割り当てて接客向上しましょう。

配送費用負担の検討

ユーザーは「販売価格」のみを見てしまいがちで、「配送費用」を全く考慮していない方も大勢おられ、購入画面で確認時、トータルだと結構費用かかってしまうと判断されると購入ストップになりますので、店舗様の対応としては配送費用の負担を行うことで利益になります。

とはいえ売上が少ないと逆に足を引っ張りが寝ない施策になりますので、「配送無料キャンペーン」などを行ってい、どれくらい注文が増えるか状況判断をしましょう。

その7:返品条件を明確にシンプルに表示する

ECサイトではどうしても色やサイズ、質感がわかりづらいため、代金を支払うのに躊躇しがちです。
そういった方のためにも商品に満足できない場合、返品条件をクリア・シンプルに表記するだけで、安心して注文ができるようになります。

その8:サイトのセキュリティを表示する

サイトのセキュリティがお粗末なところは、情報漏えいのリスクから、だれしも購入したいと思いません。

そのためにもサイトの安全性を証明する「SSL証明書」を取得したり、リンク切れなどはすぐに修正することで、サイトの安全性をアピールすることで、カゴ落ち率を下げることができます。

カゴ落ち対策のまとめ

これらカゴ落ち対策を徹底的に行えば改善は容易ですが、ECシステムに縛りがあるケースも多いため、すべてが同様に行えるとは限りません。

そのため店舗様が現在使われているECシステムでどこまで対応できるか確認の上、できることから実践していけば、カゴ落ち率は下がっていきます。

売上UPを目指すためにも、新規顧客の来店と同様に、カゴ落ち対策も並行して行っていってください。

サヴァリではより詳しく詳細を詰めておりますので、さらに売上をUPしたい店舗様はサヴァリへご相談くださいませ。

当社のネットショップ運営代行サービスについて

ネットショップ運営代行サービスサヴァリ株式会社のネットショップ運営代行サービスでは、EC事業の売上を支えるサイト制作からマーケティング業務まで一括で請負います。

自社運営のネットショップから楽天市場、ヤフーショッピングまで、当社が定めるネットショップ成功の三条件を元に「店舗毎の課題」に合わせた充実したサポートをご提供致します。

ネットショップ運営代行のサービス詳細はこちらから

 

楽天・Yahoo!ショッピング・amazon市場動向資料を配布しております。

2018年楽天市場・Yahoo!ショッピング・amazon市場動向資料当社の独自調査による、楽天市場・Yahoo!ショッピング・amazonのジャンル別市場動向資料の2018年最新版を配布中。
楽天市場・Yahoo!ショッピング・amazonのジャンル別市場動向資料の2018年最新版を配布中。の市場動向を知りたい方からこれからECサイトを始めたい方まで、ECサイトに関わる方は是非ご覧ください。

是非、下記リンクより資料ダウンロードをお願いいたします。
【無料ダウンロードはこちらから!】

 


サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせいただくには、お客さまの会社名やお名前、連絡先などの情報をお答えいただく必要があります。 お手数ですが、当社の「個人情報保護方針」をお読みいただき、ご同意いただきましたうえで、お問い合わせページにお進み下さい。

会社名
会社URL
ご担当者部署
ご担当者氏名
フリガナ
メールアドレス
電話番号
郵便番号
都道府県
市町村
建物名
お問い合わせ内容
(複数チェック可)
詳細
時期
予算
当社の個人情報の取扱いに同意する。