失敗しないECコンサルの選び方

ネットショップ開業

多くの人々にインターネットが普及し、今やネット通販の市場は激戦区と化しています。
もはや個人の戦略でECサイトの売上を伸ばしていくのは非常に困難な時代だと言えるでしょう。
そんなECサイト経営者をサポートする業務を行っているのがECコンサルタントです。

この記事では、
「ECコンサルタントってよく聞くけれど具体的にはどんな仕事をしているの?」
「どんな時にECコンサルタントを頼ったらいいの?」
…といったECコンサルタントに関する様々な疑問に関してお答えいたします。

 

ECコンサルタントとは?

ECコンサルタントの「EC」とは「Electronic Commerce(エレクトロニックコマース)」の略称です。
これは電子商取引と訳され、インターネット上で行われるモノやサービスの売買を指す言葉として使われています。
「ECサイト」と言えば、それはネット上にある売買が行われているサイト、つまりネットショップを意味しています。

つまりECコンサルタントとは、インターネットで取引を行っている方、特にネットショップを開いて商品を販売している方に対してコンサルティングを行う業務となります。
ネットショップであれば形態は問いません。
楽天市場やYahoo!ショッピング、Amazonに出店している方でも、ご自身で作られた通販サイトであっても、アクセスや成約数を伸ばして最終的な利益が増えるようにリサーチや分析を行い、施策を提案するのがECコンサルタントの業務です。

ECコンサルタントは、ネットショップで利益を上げるためのノウハウや知識はもちろん実際に売上を伸ばした実績を持っているので、ECコンサルタントサービスを受ければこれまで曖昧だった戦略や施策のイメージをより具体的なものにすることが出来るはずです。

ECコンサルタントサービスを受けることとは、つまりECサイトに対する分析力や企画・提案力の高い人材を雇用することに近いと考えてください。

なぜECコンサルタントが求められるのか

現実の商品販売において戦略があるように、ECサイトにはECサイト向けの販売戦略があります。
しかし「ECサイトを作れば自然と顧客が集まってくる」と考えている方は決して少なくないのが現状です。

ECサイトをただ作っただけでは人は訪れません。
また、広告やSNSを通じてECサイトを宣伝しても、その宣伝方法が魅力的でなければやはり訪問数は増えませんし、せっかくアクセスしてもらえてもサイトそのものが見づらかったり商品情報が伝わりにくかったりすれば訪れた人は帰ってしまいます。
ECサイトの売上が伸びない理由はこのように幅広い範囲に潜んでいるのです。

そこでECコンサルタントでは「何故そのECサイトは売上が伸びていないのか」という理由の分析からそれを解決するための施策の提案までを行っています。
そのため、ECサイト運営のノウハウがまだ無い方や、なかなか運営にリソースが割けない方などに重宝されています。

ECコンサルタントの仕事

ECコンサルタントの仕事は何よりもまずネットショップの利益を増やすことです。
そして利益を増やすために必要なのは「売上の増加」と「コストの最小化」です。

そのためにどうすれば良いかはお客様のショップで取り扱っている商材や目指したい方向性、かけることが出来る時間等でまた異なってきます。
ECコンサルタントは、それらを踏まえた上で最善の成果が挙げられるよう業務に取り組んでいます。

具体的なコンサルタントの仕事

ECコンサルタントでは具体的にはこのような仕事を行います。
担当するECサイトによって業務内容は異なりますので、ここに書かれている業務をすべて行うわけではありませんし、ここにない業務に取り組むこともあります。

リサーチ関連

ECサイトの売上を伸ばすためには順序だった計画が必要です。
そして計画を立てるためには現状を把握しなければいけません。
対象であるECサイトの月商やユーザーのアクセス数はもちろん、同じような商品を取り扱っている他社がどれくらいあり、どれくらい売上を得ているのかといった市場調査を行った上で、現実的な目標とそこに至るための戦略を計画・立案します。
数々のECサイトを見て培ってきた知識やノウハウで、多くの経営者が抱えている「何が問題なのかも分からない」といった悩み・疑問をしっかり解消いたします。

商品や販売価格の提案

販売されている商品やショップ・ブランドそのもののイメージを理解した上で、競合他社と比較して販売価格は適正かどうか、独自性をアピールするためにはどういった売り出し方をすれば良いかといった施策を提案します。
ECコンサルタントは最新の市場の流れを把握していますので、それに沿った新商品等をご提案することもございます。

SEO対策や広告などアクセス関連の提案

特に自社でECサイトを運用している場合、何よりも優先すべきことは認知度とアクセス数の向上です。
そのために肝心な二つの手法がSEO対策と広告です。
SEO対策とは、ECサイトをGoogleなどの大型検索エンジンに評価されるように構築・改良することで検索順位を上げるための施策を指します。
検索エンジンがどのサイトを上位表示させるかのアルゴリズムは頻繁に変わるため、常に最新の情報へとアップデートしながら必要な対策を行います。
広告についても、ただ漫然と出すのではなく、ターゲット層のユーザーはどんな検索キーワードを使うのか、他社との差別化となる要素はどこか、といったことを分析しながらより費用対効果の高い広告を提案いたします。

CVR(顧客転換率)の向上

CV(コンバージョン)は本来「転換」を意味する単語で、Webマーケティングでは商品の購入を始めとする「成約」の意味として使われています。
CVR=Conversion RateとはつまりECサイトを訪問したユーザーのうちどれだけがコンバージョンに至ったかを示す数値です。
CVRの向上はより効率よくショップの売上を伸ばすために欠かせないため、ECコンサルティングが特に注力する分野となります。
ECサイトのアクセス解析や出稿した広告の結果を見ながら、まずはユーザーがCVに至っていない理由を分析し、それを解決する改善策を提案することでCVへと至らないアクセスを無くすといった形で進めていきます。

送料やまとめ買いなど単価の提案

ネット通販を利用するユーザーの中には「よりお得に買い物がしたい」という意識を持っている人も少なくありません。
しかしただ販売価格を落とせばそれだけ利益率も下がってしまいます。
そこでECコンサルでは、値下げとそれによる購入数の増加とを衡量して最適な価格設定を提案し、また送料を減らしたりまとめ買いによって割引を行ったりといった方法で、コストを抑えながらよりユーザーにお得感を感じさせる施策を考えていきます。

リピート施策

「売上の8割は、2割のリピーターによりもたらされている」と言われるほど店舗においてリピーターは重要な存在です。
ECコンサルタントでは、顧客をリピーターにするための様々な戦略も提案しています。
例えば、以前に商品を購入したことがある顧客に送るメールマガジンやリマーケティング広告の内容、お得感を感じさせるキャンペーン案といったもう一度ショップに訪れたくなるような施策や、リピーターになりそうな顧客を更にショップへと惹きつけるブランディング等の手法で顧客のリピーター化を図ります。

これらはあくまでも一例であり、紹介したお仕事の他にもECサイトの属性によって様々な業務が発生します。

サヴァリでは、経験や実績を元に培ってきた独自の業務も行っています。他店と違う方法で売上を伸ばしたいという店舗様はぜひお問い合わせください。

楽天市場のECコンサルタントとの違いは?

楽天市場に出店すると、担当のECコンサルタントが付いて運営をサポートしてくれます。
そういったモール所属のECコンサルタントとサヴァリのような専門企業のECコンサルタントにはどのような違いがあるのでしょうか。
大きな違いは下記の通りです。

お客様側の視点で売上・利益増加を重要視

ご存知の通り楽天市場には非常に多くのショップがあり、一人のコンサルタントが何軒ものショップを担当していることも珍しくありません。
そのため一軒一軒の状況を詳しく分析して把握できているとは言いがたく、また特定のショップの目線に立ってアドバイスをすることも難しい状況にあります。

専門企業のECコンサルタントはほぼ専任の形でコンサルティングを行うため、クライアントごとの強み・弱みをしっかりと把握した上で、二人三脚の形でサポートを行っていくことが出来ます。
また、コンサルティングの結果こそが成果になりますので、売上・利益増加に向けて全力で業務に取り組んでいます。

豊富な知識とノウハウ

楽天市場のECコンサルタントは、楽天市場についての詳細な知識を持っており、いち早く市場そのものの情報を仕入れることが可能です。
しかし、楽天はコンサルティングをメインとする企業ではありませんので、広告の打ち方や個人のECサイトにおける売上の伸ばし方といった部分のノウハウは厚いとは言いがたい面があります。
サヴァリはECコンサルタントを専門的に行っている企業ですので、EC戦略に必要なもの、つまりサイトの設計からデザイン、広告運用やSEOによる集客、データ分析に基づいた短期~長期的な施策の打ち出し方など、幅広いかつ深いノウハウで売上アップをサポートすることが出来ます。

また、サヴァリは、より多くの顧客に商品を届けるための施策や戦略の情報を日々収集し、流れの速いEC業界において常に最先端を進むよう努力し続けています。
サヴァリの持つECコンサルティングにかける熱意は、ご相談いただければ実感できるはずです。

 

ECコンサルタントの価値

ECコンサルタントの価値は最終的なECサイトの利益を伸ばすことにあります。
業務に臨むとき、ECコンサルタントは「正しいベクトルを分析して導く」「最適な施策を提案する」という2点を意識しています。

サイトにとって正しいベクトルを示して導く

これはECコンサルタントの中でも思い違いをしていることがあるのですが、他のサイトで成功を収めた施策をそのまま実行したからと言って次も上手くいくとは限りません。
ECサイトごとに最適の戦略は異なります。

例えば、それぞれ売上に伸び悩んでいる店舗Aと店舗Bがあり、どちらも同じような商品を取り扱っているとします。
しかし店舗Aのデータを解析した結果、月間のアクセス数が非常に少ないと分かれば、広告を打ったりSEO対策で検索順位を向上させたりしてまずは人の目に触れる機会を増やす必要があるでしょう。
一方で、店舗Bはアクセス数はあるのになかなか購入に繋がっていない状況ならば、サイトのトップページから商品ページまでの導線を改善したり、決済フォームの入力項目を減らしたりすることで課題が解決する可能性があります。

このように、売上を最適化するためにはそのECサイトがどんな課題を抱えているか、どの部分に伸びしろを残しているかを正確に把握する必要があります。
ECコンサルタントは、売上をアップする施策を提案する前にまずはECサイトの課題を洗い出し、どのようなベクトルへと伸ばしていけば良いかをハッキリさせるお手伝いをしています。

最適な施策を提案

先ほどご説明したような形でECサイトの目指すべきベクトルが明確になった後は、それを実現するために必要な作戦を提案することまでがECコンサルタントの業務です。
全くデメリットやリスクのない施策は存在しません。
お客様がかけられる予算や時間、最終的に目指したい目標などを丁寧にヒアリングしながら、「ECコンサルタントの仕事」でご紹介したような数ある施策の中から最も費用対効果の高いものをオーダーメイドで組み合わせてご提案いたします。
この2点を実行できる知識とノウハウこそが専門的なECコンサルタントならではの強みだと言えるでしょう。

まとめ

ECコンサルタントという職種は比較的最近に生まれたもので、一般の方にとっては馴染みがないため、どのような仕事をしているのかわからない方も多いと思いますが、今回の記事でご納得いただけたでしょうか。

ECコンサルタントとはつまりECサイトの売上を伸ばすために様々な施策を提案するプロフェッショナルです。
既にECサイトを運営しているが売上に伸び悩んでいる、初めてECサイトを開業するので不安を感じている、人手不足でECサイトの経営に人材を回せないといった悩みをお持ちの方は、是非ECコンサルタントにご相談ください。

関連記事