ネットショップ運営代行のサヴァリ株式会社 > トップコラム > ネットショップ運用ノウハウ > ネットショップの多店舗展開について

ネットショップの多店舗展開について

ネットショップを運営されている方で、多店舗展開をするべきかどうか悩まれている方は多いのではないでしょうか。
多店舗展開をすることで売上がアップするのならもちろんやりたいけれど、必ず売上が上がるものなのか不安な方もいるかもしれません。

ネットショップの多店舗展開について疑問をお持ちの方のために、多店舗展開をすることのメリット・デメリットについて、また、多店舗展開を成功させるポイントや注意点についてご紹介します。

ネットショップの多店舗展開には、どんなメリット・デメリットがあるのか?

ネットショップの多店舗展開をするメリットとして、まず挙がるのが、より多くの顧客に自社の商品を見てもらえる機会が増えるという点でしょう。
インターネット上での買い物は、固定のサイトでしか利用しない傾向があるため、これまで出会えなかった客層にリーチすることが出来ます。
新たに顧客を得ることができれば、それだけ売上も伸びることになります。
ですので、例えば楽天ショップを開設しある程度成功した実感があるようでしたらYahooショッピングを開設してみるのもアリと思います。

多店舗展開をする上でのデメリットとしては、運営するにあたっての管理が大変になることです。
これまで一つのサイトで行っていたことを二つのサイトで行うようになれば、もちろん業務も増えますし管理費も増える事になりますので、その点は覚悟する必要があります。
また、ネットショップによっては管理画面の違いも出てきますので、ある程度の知識も必要になる場合もございます。
1つのネットショップである程度の売り上げを達成し、その後売り上げに伸び悩んでいるようでしたら検討してみるのも良いと思いますね。

ネットショップの多店舗展開を成功させるポイント

多店舗展開を成功させるには、いかに手間をかけずに運営できるかにかかっています。
これまで一つのサイトで行っていた業務を、店舗を増やした分、同じように運営するのであれば、人件費も増え、ただ単に忙しくなっただけともなりかねません。
そうならないためにも、作業の効率化を図ることが大切です。

また、多店舗展開をするにあたっての戦略も重要となります。
取り扱う商品はそのままに、特定の顧客層に向けたネットショップを新たに展開する方法もありますし、既存の取扱商品から特定の商品のみを特化させた、専門的なネットショップを展開する方法などもあるかと思います。

ネットショップの多店舗展開をするにあたっては、単純に販売チャンネルを増やすという意味だけに留まらず、多店舗展開の総合的な戦略やビジョンを持つことも大切です。

ネットショップで多店舗展開をする場合の注意点

複数の店舗を展開するにあたり、一番問題となるのが、商品在庫の管理です。
多店舗展開する多くの場合、販売する商品はほとんど重複しているケースが多いと思います。
その場合、在庫の一元管理を行っていないと、実際に注文を受けた際に、在庫が足りないなどのトラブルにもつながってしまいます。
一つのサイトで販売していた際には、在庫管理でのトラブルはそう起きる心配がなくとも、多店舗展開ではよくあるトラブルです。
そうならないためにも、多店舗一元管理ツールなどを使ってしっかりと管理する体制を作りましょう。

ネットショップの多店舗展開についてのメリット・デメリットや、多店舗展開を成功させるポイント・注意点などについてご紹介させていただきました。

まずは、一店舗ずつ業績を上げていき多店舗展開を重ねてみて、ノウハウや経験を重ねていきながら、更なる多店舗展開を目指していきましょう。

 

当社のネットショップ運営代行サービスについて

ネットショップ運営代行サービスサヴァリ株式会社のネットショップ運営代行サービスでは、EC事業の売上を支えるサイト制作からマーケティング業務まで一括で請負います。

自社運営のネットショップから楽天市場、ヤフーショッピングまで、当社が定めるネットショップ成功の三条件を元に「店舗毎の課題」に合わせた充実したサポートをご提供致します。

ネットショップ運営代行のサービス詳細はこちらから

 

楽天・Yahoo!ショッピング市場動向資料を配布しております。

2017年楽天市場・Yahoo!ショッピング市場動向資料当社の独自調査による、楽天市場・Yahoo!ショッピングのジャンル別市場動向資料の2017年最新版を配布中。
楽天市場/Yahoo!ショッピングの市場動向を知りたい方からこれからECサイトを始めたい方まで、ECサイトに関わる方は是非ご覧ください。

是非、下記リンクより資料ダウンロードをお願いいたします。
【無料ダウンロードはこちらから!】

 


サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせいただくには、お客さまの会社名やお名前、連絡先などの情報をお答えいただく必要があります。 お手数ですが、当社の「個人情報保護方針」をお読みいただき、ご同意いただきましたうえで、お問い合わせページにお進み下さい。

会社名
会社URL
ご担当者部署
ご担当者氏名
フリガナ
メールアドレス
電話番号
郵便番号
都道府県
市町村
建物名
お問い合わせ内容
(複数チェック可)
詳細
時期
予算
当社の個人情報の取扱いに同意する。