ネットショップ運営代行のサヴァリ株式会社 > ネットショップ運営代行コラム > ネットショップ運用ノウハウ > ECモール(ネットショップ)とSNSについて

ECモール(ネットショップ)とSNSについて

ECモール(ネットショップ)とSNSについて

SNSは今やECショップを運営している店舗様にとっては欠かせないツールとなっています。

とはいえSNSに不慣れだったり、これからSNSを使ってECサイトを成長させたいけどどうすればよいのかわからない、といった方はたくさんおられると思われますので、今回はそういった方に向けまとめてみました。

SNSを使うメリットとは

通常、お客様は検索ウィンドウに目当ての商品名などを入力、表示された一覧から該当するページを開き、商品ページへアクセスされます。

この検索ウィンドウがいわゆるgoogleやyahoo!検索など検索サーチになりますが、こういった検索サーチの上位表示させたい!と思っても、競合店がGoogleやYahoo!キーワード広告などコストを掛けていると、なかなか上位に表示させるのが難しいものです。

しかし、SNSを使う=ファンを育てるという観点であれば、こういった検索に頼らなくても、SNSを通じてお客様の来店が増えてくれます。

もちろんSNSにも広告はありますが、ファンを育ているという、店舗様とお客様の距離感はグッと近づけられるのは、大きいメリットと言えるでしょう。

そこで今回は、ECサイトにSNSをうまく活用する方法を

主要なSNSとその特徴

SNSは小規模も含めればたくさんありますが、今回は大規模なものを中心にピックアップしました。
それぞれのSNSの特徴を改めて見直してみましょう。

現在、多くの人が使っているSNSは下記の通りです。

● Facebook
● Twitter
● Instagram
● LINE

Facebook

実名登録によりFacebookは、「友達」として様々な方に見てもらうことができます。
ビジネスツールとして使われる事が多いということは、見る人にダラダラと長く書くよりも、サッと見られる記事が好まれるということになります。

そのためにも、下記のことを意識して記事を投稿してきましょう。

・写真は雰囲気のある綺麗なもの。
・長い文章になりすぎず、短い文章でまとめる。

以上を意識して自社ECサイトの商品を魅力的に伝えていきましょう。

Twitterの活用方法

Twitterはハンドルネームなど実名でなくても登録ができるため、Facebookよりも不特定多数の方が見られることになります。

そういった方に向けて効果的なのは、目をひく商品をインパクトを残すよう見せつつ、お客さんの興奮を刺激するもので、商品を使うシーンがイメージしやすいものが多いと良いです。

また、Twitter上で商品をアップしているツイートをリツイートしてもらえる、とお客様側が宣伝してくれることもあるので、ぜひお客様がリツイートしてもらえるような内容を投稿していきましょう。

Instagramの活用方法

Instagramは写真がメインで文章は二の次という傾向にあります。
そのためにも写真はとことんこだわってファッション雑誌のように、統一された世界観
画像だけでなく、わかりやすい動画も投稿するなど、お客さんが商品を使う場面をイメージさせるアイデアを盛り込んでいきましょう。

LINEの活用方法

いまやメールの代わりに個人のやり取り連絡ツールのトレンドとなったLine、そのLine@はビジネス向け広告宣伝サービスとして利用層が拡大されています。

公式アカウントを登録、友だち登録でクーポンを配布したり、おトクな情報をお知らせしたり、LINE@読者に限定した専用ページを用意したりなど、商品の購入へもつなげることが可能です。

友だちになるメリットをお客さんにアピールすることが大切となります。

まとめ

スマホをはじめとするモバイル拡大によりSNSも拡大され、これまでのように売って終わりというお客様との関係はは変容しています。

SNSに共通して言えるのは、いかに「お客様の共感」をもらえるかということが大きいため、独りよがりは逆に敬遠されることもあることを踏まえてください。

サヴァリはFacebookはじめ、様々なSNSの広告も請け負っておりますので、よりSNSを駆使したい方はぜひご相談くださいませ。

当社のネットショップ運営代行サービスについて

ネットショップ運営代行サービスサヴァリ株式会社のネットショップ運営代行サービスでは、EC事業の売上を支えるサイト制作からマーケティング業務まで一括で請負います。

自社運営のネットショップから楽天市場、ヤフーショッピングまで、当社が定めるネットショップ成功の三条件を元に「店舗毎の課題」に合わせた充実したサポートをご提供致します。

ネットショップ運営代行のサービス詳細はこちらから

 

楽天・Yahoo!ショッピング・amazon市場動向資料を配布しております。

2018年楽天市場・Yahoo!ショッピング・amazon市場動向資料当社の独自調査による、楽天市場・Yahoo!ショッピング・amazonのジャンル別市場動向資料の2018年最新版を配布中。
楽天市場・Yahoo!ショッピング・amazonのジャンル別市場動向資料の2018年最新版を配布中。の市場動向を知りたい方からこれからECサイトを始めたい方まで、ECサイトに関わる方は是非ご覧ください。

是非、下記リンクより資料ダウンロードをお願いいたします。
【無料ダウンロードはこちらから!】

 


サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせいただくには、お客さまの会社名やお名前、連絡先などの情報をお答えいただく必要があります。 お手数ですが、当社の「個人情報保護方針」をお読みいただき、ご同意いただきましたうえで、お問い合わせページにお進み下さい。

会社名
会社URL
ご担当者部署
ご担当者氏名
フリガナ
メールアドレス
電話番号
郵便番号
都道府県
市町村
建物名
お問い合わせ内容
(複数チェック可)
詳細
時期
予算
当社の個人情報の取扱いに同意する。