楽天市場の出店検討中の方必見!楽天市場へ出店するメリットとデメリットを解説!

EC支援サービス編 モールEC編 モール運営ノウハウ

これからEC出店を検討されている方にとって、楽天市場というマーケットを検討されておられる方は多いと思いますが、AmazonやYahoo!ショッピングにはない、楽天へ出店するメリットを具体的に説明できるのはなかなか難しいのではないでしょうか。

今回は楽天市場へ出店するメリットとデメリットについてまとめておりますので、これから楽天市場への出店を検討されている方の参考になれば幸いです。

 

 

楽天市場の出店について

 

楽天市場は出店には審査がありますし、出店料もほかのサービスに比べると高額だったりと気軽にネットショップを開設できるマーケットではありませんが、出店できれば売上を作りやすいECモールです。

 

楽天市場の出店メリット

 

利用するユーザーが多い

楽天市場へ出店する最大のメリットは圧倒的な集客力に尽きるでしょう。

楽天会員ID数は1億3,000万と、日本の人口と同じくらいとなっており、流通額はといえば2021年の楽天グループ国内EC流通総額は5兆円で、前年比+10.4%と拡大を続けており、大手百貨店売上の約9.3倍近い数字を誇っています。

また、インターネット通販市場において、楽天市場のシェアは市場全体の28.0%と、非常に高いシェアを獲得しており、購買意欲の高いユーザーが多く集まっています。

このように楽天市場へ出店する=「圧倒的な集客力」をもったECモールでネットショップを開業するということになります

 

大規模のセールやキャンペーンの定期開催

楽天市場では定期的に楽天スーパーSALEやお買い物マラソンなどのセールやキャンペーンを開催することにより、楽天市場というモール全体へのリピーター獲得につなげています。

 

楽天ポイントによる集客

楽天ポイントは、楽天市場で買うだけでなく、「楽天カード」で支払いを済ませたときや、「楽天モバイル」の支払いなど、楽天グループの様々なサービスで貯めることができます。

ポイントが貯まると、「せっかくポイントが貯まっているのだから、何か使わないと」という心理トリガーが発動するため、楽天市場にリピート訪問するきっかけにつながります。

また、楽天市場ではSPU(スーパーポイントアッププログラム)を実施しており、楽天グループのサービスを使えば使うほど、楽天市場のポイント倍率が高まるため、楽天グループのサービスから楽天市場への集客ができるのも強みでしょう。

 

アフィリエイトによる集客

楽天市場で出店すると自動的に「アフィリエイト」サービスを介した販促が可能です。

楽天市場の商品を自分のサイトやブログでアフィリエイトしているユーザーはとても多く、アフィリエイターの紹介による集客効果が、楽天市場の集客力を高めているひとつの強みともなっています。

 

専任のECコンサルタントが売上アップをサポート

楽天市場に出店すると、あなたのお店に専任の「ECコンサルタント」がつきます。

ECコンサルタントは、ネットショップの売上アップ施策の相談や、何かトラブルが起こってしまったときなどに相談できる強い味方です。

多くのネットショップサービスでは、開設までのサポートはあるけど、いざ開設したらサポートがないサービスは多いです。

ネットショップの目的は「開設」ではなく、「売上をあげること」ですよね。楽天市場では開設後にも、「専任」のサポートがつくので、あなたのネットショップに合った売上アップのアドバイスを貰うことができます。

ネットショップに関する知識を身に付けられる

楽天市場では、出店店舗に向けて、ネットショップのノウハウを提供する講座「楽天大学」を提供しており、教室開催の講座では、楽天大学講師のほか各分野の専門講師による講座も受講できます。

またEラーニング形式の講座「RUx」や、チャットをしながら楽しく学べる「まなびLIVE」を提供しており、こちらはいつでも無料で受講できます。

なかでも、Eラーニング形式の講座「RUx」では、約900本の動画が用意されており、ネットショップ運営で必要なナレッジやノウハウを、他店舗様の事例などからいつでも学ぶことができ参考にできるのは大きいメリットではないでしょうか。

 

活躍している店舗のノウハウを学べ、アドバイスを貰える

楽天市場では、NATIONS(ネーションズ)という、売上を伸ばしたいと思っている店舗に、すでに出店し成功している店舗がアドバイスやノウハウを伝え、売上をアップしていただく為の特別プログラムを提供しています。

ECコンサルタントからのサポートはそのまま、楽天で成功されている店舗からもアドバイスをいただける短期間で売上アップを目指されている方向けの短期集中講座です。

実際に活躍している店舗からノウハウを学ぶことができるため、店舗運営にすぐに活かすことができます。

ECモールのなかでも「店舗同士の繋がり」があるのは珍しく、楽天市場ならではのサービスでしょう。

物流アウトソーシングで、物流の悩みを解消できる

楽天市場では、「楽天スーパーロジスティクス」という、店舗の大切な商品をお預かりし、ユーザーに安全にお届けする楽天市場出店店舗向けの物流アウトソーシングサービスを提供しています。

出荷梱包作業から解放されたり、即日発送対応が可能になったり、365日稼動・土日も出荷できるなど、物流関連で出てくる悩みを楽天スーパーロジスティクスで解消することができます。

 

店舗運営支援サービスが揃っている

楽天市場では、RMSサービススクエアという、楽天市場出店店舗に対する店舗運営支援サービスを提供しています。

「売れる」ネットショップへの近道となる信頼できる撮影・制作会社や、便利な制作支援ツールを効率良く探せて、直接購入できるサービスをご用意しています。

画像素材やページデザイン、店舗管理、運営強化など、様々なカテゴリーのサービスを提供しております。

サードパーティ的なサービスですが、「楽天市場公式」のサービスのため、安心して利用できます。

 

信頼性が高い

ネットショップにおいては、「信頼性」は非常に重要です。

聞いたことのないECモールにクレジットカードを登録して利用されるお客様は少ないでしょう。

「ネットショッピング事業者の信頼性が低いから」「セキュリティに不安があるから」という理由でネットショッピングをしない人たちが多くいることが総務省の調査で判明しています。

楽天市場ではお客様に安心して買い物をしていただくために、2014年に「品質向上委員会」を設立し、どこよりも安心・安全なECモールを目指し、お店や商品の品質を守るためにさまざまな対策をおこなってきました。

「模造品対策」もそのひとつで、模造品の疑いがある商品については、ブランドの権利者や団体等に協力を依頼し、調査を実施しており、万が一、ルールに違反している店舗を見つけた際には、その店舗のサービス停止や出店契約解除等の厳正な対処をおこないます。

こういった対策によって、楽天市場で買い物をするお客様がさらに安心して買い物を楽しめるようになり、楽天市場全体、ひいてはあなたのお店の売上アップにもつながってくるのです。

 

楽天市場の出店デメリット

他社に比べて出店料が高い

楽天市場のデメリットとしてまず挙げられているのが、出店料の高さでしょう。

たしかに、他社と比べると、楽天市場への出店料は高く感じますが、実店舗(テナント)を立ち上げることを考えてみていただければと思います。

楽天市場への売上規模は、大手百貨店グループの4倍以上。

東京の一流店舗に負けないような集客力が楽天市場にはあるのです。

どれだけよい商品を扱っていても、その商品の存在を広く知ってもらわないと売上にはつながりません。

商売を成功させるためには、多少賃料が高くても、人の往来の多い場所にお店を構えることは定石なのです。

 

もしこれが人の往来が少ない場所でお店を開業しても、お客様からのフィードバックが得られにくくなり、お店をよくするためのPDCAサイクルを回しづらくなり、結果競合にどんどん差を付けられてしまうリスクが生まれます。

できるだけ素早くPDCAサイクルを回し続け、“お客様に愛されるお店とはどういったお店なのか?”という気付きを得ることはとても大切なのです。

そういったことを考えると、最初に開業する場所は、思い切って人の往来の多い場所を選んだほうがよいということがおわかりいただけると思います。

一部のプロモーションが自由にできない

続いてよく話題に出るデメリットが、楽天市場ではプロモーションが自由にできないということ。例えば、楽天市場では店舗の管理画面からお客様のメールアドレスをダウンロードすることはできませんが、逆に言えばECモール全体の信頼を高めるため、個人情報の漏洩防止に力を注いでいるという理由もあります。

楽天市場の場合、もしひとつのお店が誤ってお客様の個人情報を漏洩してしまうと、そのお店だけの問題ではなく、楽天市場というECモール全体の問題となります。そうなれば大変です。ひとつのお店の売上だけでなく、出店しているすべてのお店の売上に影響するからです。

個人情報の漏洩は、システム側の問題だけでなく、人間の人為的なミスによって起こることもあります。たとえば、お客様の個人情報をUSBメモリなどに保存し、そのメモリをうっかり無くしてしまうようなケースは、システム側では防ぎようがありません。

こういった人為的なミスによる個人情報漏洩の事故を防ぐためには、お客様の個人情報を容易に持ち出しできないようにするしかありません。そのため、楽天市場では「購入者の個人情報を出店者がダウンロードできないようにする」という仕様を導入しています。

ただ、楽天市場では、その仕様が原因で何かマーケティング的なデメリットがあるわけではありません。お客様のリストに対してメールマガジンを送ることはできますし、それ以外にも、様々なマーケティング施策を実施していただくことが可能です。そもそも、楽天市場で出店されている店舗様は、今の楽天市場の仕様をご了承された上でお店を運営されておられます。

なお総務省の調査によると、個人情報流出を危惧しているインターネットユーザーは非常に多いことが分かります。

後発店舗は売上を上げにくい

楽天市場で既に競合店舗が出店して売上を伸ばすとなかなか競合店と肩を並べるのは難しいという見方もあり、それは誤りではないですが、実際は楽天SEOやページの作り込み、お客様のアプローチなどをコンサルとしっかり提携して築き上げていけばシェアを伸ばせます。

この辺りは自分だけではどうにもならない箇所でもあるので、プロと相談されることをオススメします。

 

まとめ

これからネットショップ開業を成功させるためにも、どのネットショップ開設サービスを選ぶか?という大局的な支店が必要になります。

楽天市場は、どこよりも成功につながるネットショップ開設サービスを目指しておりますので、これからネットショップを楽天市場で開く方にとって今回の記事が参考になれば幸いです。

ネットショップ運営に役立つ資料が満載!

下記バナー画像より【簡単3ステップで無料ダウンロード】  

ネットショップ運営に役立つセミナーを毎月開催中!

下記バナー画像より【セミナー/勉強会にご参加】  

当社のネットショップ運営代行サービスについて

ネットショップ運営代行サービスサヴァリ株式会社のネットショップ運営代行サービスでは、EC事業の売上を支えるサイト制作からマーケティング業務まで一括で請負います。 自社運営のネットショップから楽天市場、ヤフーショッピングまで、当社が定めるネットショップ成功の三条件を元に「店舗毎の課題」に合わせた充実したサポートをご提供致します。
※ネットショップ運営代行のサービス詳細はこちらから

関連記事