Amazon Web Services(アマゾンウェブサービス)とAWSを使ったECパッケージ

未分類

AWSを使ったECサイトの構築というと皆様は思い浮かべられるでしょうか。
AWSはAmazonが提供しているクラウドサービスであり、クラウド上にあるサーバーが世界中のWebサービスで使われています。

今回はAWSの概要やECパッケージについて、抑えてみたいと思います。

AWSとは

AWSとは「Amazon Web Services(アマゾンウェブサービス)」の略で、Amazonが提供している100以上のクラウドコンピューティングサービスの総称です。

元々はAmazonのインフラを支えるために開発されたものでしたが、現在はノウハウが他社にも公開され、今やクラウドコンピューティングサービスの代表格となっています。

このクラウドコンピューティングとは、インターネットを介してサーバー・ストレージ・データベース・ソフトウェアといったコンピューターを使った様々なサービスを利用することで、手元に1台のPCとインターネットに接続できる環境さえあれば、下記のようにサーバーや大容量のストレージ、高速なデータベースなどを必要な分だけ利用できます。

・仮想サーバー
・データベース
・セキュリティサービス
・機械学習
・IoT

AWSにはこういった数多くのサービスが集まっています。
このようにAWSはITインフラについてのさまざまなサービスを利用できる、クラウドコンピューティングサービスです。

類似サービスとしてGoogleの「Cloud Platform」、Microsoftの「Azure」、中国Alibabaの「AliCloud」、NTTコミュニケーションズの「Cloud n」や富士通の「Fujitsu Cloud Service S5」などもあります。

AWSの仮想サーバー「AmazonEC2」の特徴

AWSの仮想サーバー「AmazonEC2(Amazon Elastic Compute Cloud)」をもってAWSと呼ぶこともあるほど最もメジャーな機能です。

AWSは他にもデータ保存やコンテンツ配信のの「Amazon S3」やデータベース「Amazon RDS」もありますが、一般的にAWSといえばAmazonEC2と思っても差し支えないでしょう。

EC2だけの契約の場合、AWSのサーバーを再起動するとデータが全て消去されてしまいますので、それを防ぐために必要な、記憶装置(ストレージ)に関するサービスとしてAmazon S3というEC2の補助記憶装置を活用したりします。

さらに複数の仮想サーバーを立てられ、Linux、Windowsなどで、その他独自のOSをアップロードできます。

AWSを用いれば、ECサイトを運営するにおいて不可欠なサーバーもすぐに用意でき、このAWSクラウドに立てられた仮想サーバーは「Instance(インスタンス)」と呼ばれ、仮想サーバーを数える単位としても使用されます。

AWSを使っている実際の企業一例として下記があります。

・Airbnb
・Cookpad
・NETFLIX

これらサイトは利用または聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

AWSのメリット

AWSを使うメリットは、以下の6つです。

・初期費用がかからない
・インフラ構築の手間なく、スピーディな運用が開始できる
・使った分だけお金を払えばいいので最低コストが可能
・セキュリティが高く安全運用が可能
・流入数が増えてもサーバがパンクせず、柔軟に対応が可能
・定期的なアップデートが、自動でされるため信頼性が高い

AWSを使うことでサーバー運用の手間が少なくなり、ECサイトの運用に集中することができるうえ、余計なコストはかからないため、ECサイトを立ち上げるときに使いやすいです。

AWSのデメリット

・使った分だけ課金されるので、毎月費用が変動する
・AWS側のトラブル以外は自社で対応が必要なため知識が必要

コストを抑えるメリットはあるもの、逆に言えばコストが逆にかかってしまう可能性を含むデメリットもあり、またサーバー以外のトラブルは対応してもらえない点も、注意が必要になります。

AWSでECパッケージは使えるのか

AWSはさまざまなサービスを乗せることができるプラットフォームなので、ECサイトも構築できます。これからECサイト構築をするときにオススメのECサイトですが、下記があります。

・SI Web Shopping on AWS
・EC-CUBE on AWS
・EC-ORANGE
・ebisumart

SI Web Shopping on AWS

SI Web Shopping on AWSは低コストかつ障害に強いECサイトを構築できるECパッケージで、AWS向けのサポートも充実しており、サイト運営者が「ECサイトで商品を売ること」に集中するためのサービスが揃っており、コストをかけなくても安定しているECサイトを構築したい方におすすめです。

EC-CUBE on AWS

EC-CUBE on AWSは、オープンソース型のECパッケージで、自社でカスタマイズすることができるのにライセンス費が無料というメリットがありますが、いっぽうでシステム障害やバグに対しても自社で対応する必要があり、コストがかかる可能性はあります。

EC-ORANGE

EC-ORANGEは、960社以上の導入実績からなるノウハウが魅力のECパッケージで大規模なECサイトにも対応しているので、今後規模を拡大していきたいとお考えのECサイト運営者の方におすすめです。

ebisumart(エビスマート)

ebisumartは、デザインをオーダーできる高いカスタマイズ性が特徴のECパッケージで年間で100回以上のアップデートがあるほどの更新性の信頼性も高く、自社でカスタマイズしなくてすむようオリジナリティのあるデザインを用意しており、高いセキュリティ性のECサイトを求めているECサイト運営者の方におすすめです。

まとめ

ECサイトを立ち上げるとき、とくに必須となるサーバですが、AWS上のECパッケージを使うことで、カスタマイズ性が高く、トラフィックの増大などにも柔軟に対応できるECサイトをスピーディに構築できます。

自社はどんなECサイトを構築したいのか、まずはその辺を踏まえてはじめてみるといいでしょう。

ネットショップ運営に役立つ資料が満載!

下記バナー画像より【簡単3ステップで無料ダウンロード】  

ネットショップ運営に役立つセミナーを毎月開催中!

下記バナー画像より【セミナー/勉強会にご参加】  

当社のネットショップ運営代行サービスについて

ネットショップ運営代行サービスサヴァリ株式会社のネットショップ運営代行サービスでは、EC事業の売上を支えるサイト制作からマーケティング業務まで一括で請負います。 自社運営のネットショップから楽天市場、ヤフーショッピングまで、当社が定めるネットショップ成功の三条件を元に「店舗毎の課題」に合わせた充実したサポートをご提供致します。
※ネットショップ運営代行のサービス詳細はこちらから