ネットショップ運営代行のサヴァリ株式会社 > ネットショップ ノウハウ > ネットショップの写真撮影・写真の取り方のコツ

ネットショップの写真撮影・写真の取り方のコツ

ネットショップに掲載する写真は、その商品の情報や魅力を伝えるための重要な素材のひとつです。
そのため、商品の外観を紹介する写真のみならず、いかに写真を見た方が興味を持ってもらえるような写真を撮影できるかどうかが重要になります。
今回は、ネットショップの写真撮影・写真の取り方のコツについてご紹介します。

ネットショップの写真撮影・写真の取り方の基本とは?

ネットショップに掲載する写真は、商品をアピールするための重要な素材となるので、少しでも良質な写真を掲載することが求められます。
そのため、撮影機材においても、最低限の準備が必要になると言えるでしょう。

比較的小規模なネットショップなどでは、スマートフォンのカメラで代用しようとする方もいらっしゃいます。
しかし、より綺麗な写真、表現力の高い写真を撮影するためにも、できる限り、マニュアル設定や露出機能などを備えた、撮影専門のカメラを準備するようにしましょう。

次に撮影環境を整えるために、簡易スタジオとなるような撮影ボックスもあると便利でしょう。
撮影ボックスがない場合はレフ板などを用意し、光の調整ができるようにします。
撮影用の照明も高価のため、まずは手軽に卓上ライトなどで代用してみて、必要か否かを判断しても良いです。

写真撮影には、商品の背景となる部分も重要となります。
基本的には、白や黒、グレーの撮影用バックペーパー(背景布)を準備しておきましょう。
柄物は、目立つものだと商品が見えにくくなってしまう場合があるので注意が必要です。

ネットショップの写真撮影・写真の取り方の基本として、ブレている写真はご法度になります。
ブレている写真では、商品をきちんと見せることもできませんし、ユーザーからの印象も悪くなってしまいます。
手ぶれ防止のためには三脚が必須になります。
安価でも購入することができるので、ネットショップの写真撮影をする場合は、必ず準備をしましょう。

そして、写真撮影には、構図も重要になります。
商品と背景との位置関係のバランスになる構図を整えることで、同じ商品、同じ背景でも、写真のイメージが違ってきます。

ネットショップの写真撮影・写真の取り方の基本となるのは、光・背景・構図・ブレのないピントの合った写真を撮る、ということを意識することが重要です。

世の中にはさまざまなネットショップが存在しますが、有名なネットショップや、自分が魅力だと感じるネットショップなどの写真を見て勉強するのもいいでしょう。

現在ではデジタルカメラが主流ですので、どんなにシャッターを切っても、問題はないでしょう。
写真撮影には、光や背景、構図やピントなどいくつかのポイントがありますが、兎に角、まずは撮影をして多くの写真を撮るということも大切です。

多くのシャッターを切って、多くの写真を撮影し、その中から一番魅力ある写真を選出するようにしましょう。

ネットショップの写真撮影・写真の取り方のコツとは?

何よりも、写真撮影の際に意識したいのは「光」です。
明るすぎる、暗すぎるという問題だけでなく、質感や色合いが実物のものと違うように見えてしまうものは、トラブルの元にもなるので気をつけましょう。

光にも、照明の光や太陽の光がありますが、それぞれの光を上手に使い分けることも大切です。
日中に撮影する場合には、照明の明るさよりも太陽の光(自然光)の方が、温かみがあり綺麗に撮れることもあるので、ぜひ、試してみましょう。

また、商品を使用したシチュエーションの写真も撮影しましょう。
その商品が活用されているシーンや、その商品が手元にあるシーンなど、さまざまなシチュエーションの中で商品を演出することで、ユーザーのイメージを掻き立て、より商品に興味を持ってもらい、購入に繋がる可能性も高まるでしょう。
小物を添えたり、使用しているシーンなどを撮影したりと、さまざまな工夫を試してみましょう。

ネットショップにおける写真・写真撮影の重要性とは?

ユーザーからすれば、実物の商品を実際に見て、手に触れながら商品選びができないネットショップにおいて、少しでも商品の情報を得るために、写真は重要な情報源になります。

ショップからすれば、商品の魅力を写真を通して視覚的にアピールできる素材ですので、写真の撮り方ひとつで、商品を上手に演出して視覚に訴えることができ、商品に対する購買意欲や安心感を生みだしてくれるツールになります。

商品の背景の色や、添える小物を工夫することによって、カジュアルな雰囲気や高級な雰囲気、女性らしさや男性らしさなど、ショップが狙うターゲットに合った写真にすることも可能です。

例えば、洋服の写真でも、商品写真のみと、モデルが着用している写真とでは、それを見たユーザーにとっては、着た時のイメージの湧き方にも違いがでてくるでしょう。

色や質感が実物のものに近い写真を使用することで、実際に購入したあとの「イメージと違っていた」というようなトラブルの可能性を少なくできる効果も期待できます。

このように、ネットショップにおける写真は、購入を促す効果やリスクを軽減する効果などもあるため、とても重要なものになります。

 

ネットショップに掲載する写真は、商品そのもののイメージを明確にするだけでなく、ネットショップ自体の評価にも繋がってきます。
写真の出来によって、購入率が大きく左右されると言っても過言ではありません。

写真撮影に必要な基本的な機材や道具を整えて、沢山の写真を撮影して、ユーザーがより商品に興味を持ってもらえるような写真を、どんどんネットショップで紹介していきましょう。