ネットショップ運営代行のサヴァリ株式会社 > 総合通販 > 今後の運用を考慮した自動化されたリニューアルを実現

今後の運用を考慮した自動化されたリニューアルを実現

総合通販によって中堅規模の実績を持つ同社。その分、商品登録数も増え、発生するサイト更新に多くの手間を要していました。
しかし、少人数でこの通販に関わっているために極力サイト更新に時間や人材を注ぎたくないというのがご要望。
そのため可能な限り、省力化や効率化を図ることが待ち望まれていました。

ご要望

detail_img10_01
総合通販によってある程度の実績をあげてきた同社。好評を獲得していくにつれて商品登録数も多くなってました。
そのために発生するのはサイトを更新していくための手間です。
しかし、少人数でこの通販に関わっているために極力サイト更新に時間や人材を注ぎたくないとのことでした。
商品を増やすことで生じるサイト更新を可能な限り、省力化や効率化を図っていくことがご要望です。
またその後の効率的な商品登録数アップも合わせて提案してほしいとのご相談もいただきました。

解決策

ご要望だったサイト更新については自動化ツールを導入していくことでスムーズな改善が図られました。
また商品登録のアウトソーシングに関しても最小限度で最大レベルの効果が発揮できる施策を検討。
そのことによって当初予定していた以上の低コストでアウトソーシングを実現することが可能になりました。
サイト運営にかける煩雑な業務をアウトソーシングによってスリム化できることで商品の選定や販売促進にスタッフを注力することができ、大きな効果を得ることができています。

結果

その後の運用コストの削減もできた、
やることが明確になるリニューアル

サイト更新については自動化ツールの導入が思っていた以上にスムーズに行うことができ、業務の効率化において改善が図られました。
また商品登録のアウトソーシングについても最小限度で最大レベルの効果が発揮できる外注体制が確立。
サイト運営にかける様々な業務が自動化ツールやアウトソーシングによってスリム化することで商品の選定や販売促進にスタッフを注力することができました。
そのことによって本来の目的である売り上げアップに対する業務がクリアになり、モチベーションも大きく上がっていったと考えられます。
今後増える企画のレイアウトや更新も一人ひとりにより鮮明に意識されたことで運営面の課題である商品登録という課題が明確になっていきました。

POINT

手間が掛る反面、実際の利益につながらない業務を自動化ツールの導入やアウトソーシングの実践によってスリム化を図ったことが大きなポイントとなっています。
このことによってリニューアルの後の運用コスト削減を意識した改善に成功しました。
また商品の選定や販売促進にスタッフの意識が向き、売上アップに注ぐことができています。