ネットショップ運営代行のサヴァリ株式会社 > 個人事業主 デザイナー アパレル > クラウドファンディングで商品化に成功!EC販売へ

クラウドファンディングで商品化に成功!EC販売へ

アパレル関連のデザイナーとして自らデザインした商品が多くの人に愛用されることを願っていました。
まだ個人事業主であり、資金力もない同氏が取り組んだのはアイデアをネット上でプレゼンテーションすることで、そのアイデアへの賛同者を集めていくクラウドファンディングでした。
その取り組みが実を結びで商品化に成功。
しかし実際に商品化したものを販売していくかでリソースがなく、まずはテスト販売プランで販路を拡大していったのです。

ご要望

detail_img08_01
相談を依頼されたのはアパレル関連のデザイナーの同氏。
まだ個人事業主であり、資金力もない同氏が取り組んだクラウドファンディングへのその取り組みが実を結びで商品化に成功。
しかし実際に商品化したものを販売していく上でのリソースがなく、EC事業立ち上げを無料カートで展開していましたが、結果が乏しく時間とコストが合わないことがわかりました。
そこで承ったのは、商品はあるが売っていくだけの体力がないためスタートの部分をどうするか、テスト販売で見極めたいとのご相談でした。

解決策

同氏がマーケティング担当者ではなく、ファッションデザイナーであったため、細かい販売プランに関しては極力アウトソーシングに注力していける環境をどう作り上げるかというのが、大きな課題でした。
そのために必要となってくるのは、同氏の創り出す商品がECサイトにおいて需要があるかを立証していくこと。
アパレル商品という感覚が左右する商品が本当に売れるか、どうかは実際にテスト販売をしてみれば明確になります。
そのことでアウトソーシングも容易になると推察できました。

結果

商品企画に注力、時間や労力のコスト削減に成功。

テスト販売によって同氏の商品が売れることを立証できました。
そのことによって同氏の本業でアパレル関係のデザイナー業務に専念ができ、ファッション関連の商品企画・開発という本業に注力することができました。
テスト販売で得られた結果をさらにクラウドファンディングにさらにプレゼンテーションすることで同氏が商品化に対し信頼を築いてきたか同じステージから販路においてもアウトソーシングを獲得することができました。
現在、当初の要望は一つずつ順調に解決していっていますが、これからも慎重にプランを進め、注文量を見ながら本格的なECサイトを立ち上げていくか、今後の売り上げを見極めながら、比較検討していきたいとのことです。

POINT

販売環境をテスト販売プランで補えたところがポイントになっています。
また今回のケースは依頼主がマーケティング担当者ではなく、フリーのファッションデザイナーであること。
そのため、販売実績は拡大したいが、それ以上に本業の商品企画に専念できるためにアウトソーシング先を獲得が急務でした。
そこでテスト販売による数字的なエビデンスが大きく役に立ったのです。