ネットショップ運営代行のサヴァリ株式会社 > トップコラム > ネットショップ運用ノウハウ > ネットショップのランディングページに重要な構成要素とは?

ネットショップのランディングページに重要な構成要素とは?

商品の購入(コンバージョン)を獲得する際に欠かせないのがランディングページ(LP)です。
しかし、ランディングページそのものを作成し、公開するだけでは、コンバージョンを高めることはできません。

コンバージョンを高めるためのランディングページに重要な構成要素がページ内に盛り込まれてこそ、効果的なランディングページとして機能します。

商品の売り上げや商品の問い合わせ件数のアップに繋がるランディングページを作るための重要な構成要素などをご説明します。
ランディングページはネットショップ以外でも良く目にしますが、リスティングを多く利用している会社で使われている印象があります。

ランディングページとは?

ランディングページとは検索をはじめ、ネット上にある広告バナーや添付されたリンクをクリックすると表示される広告用のWebページのことです。

ピックアップした商品やサービスなどをアピールするためWebページ一枚で表記されますが、通販サイトなどではこの一枚のWebページがユーザー獲得への重要なページとなるので、より効果的なランディングページを作成したいと考えているネットショップ運営者も多いと思います。

誰でも気軽に閲覧することができるのがインターネットの強みですが、ニーズの無いところでページを表示していてもユーザー獲得には繋がりません。

必要な人は自然に検索をして販売サイトまでたどり着きますが、それ以外のユーザーをつかむためには、気になる広告等をクリックした先のページで商品の魅力をアピールし、他のサイトへ逃がさない必要があります。

ユーザーの購買意欲をつかみ、もっと知りたい、そして購入したい、と思わせるのがランディングページの役割となります。
また、ランディングページは画像メインになるためにSEOにはあまり向いておりません。
ですが、広告宣伝の1つでもあるYahooプロモーション広告、Google Adwordsに有料で出稿すれば短期間で作成したばかりのランディングページでもアピールすることは可能ですので、競合が多いネットショップのジャンルの場合はそのような選択もアリかと思います。

ネットショップのランディングページで重要となる基本構成とは?

ネットショップに限らず重要となるランディングページですが、その構成や骨組みは概ね以下の通りです。

  • ・ユーザーの心をつかむキャッチコピー
  • ・ユーザーを共感させる言葉
  • ・商品の魅力が伝わりやすい画像
  • ・ユーザーへのメリット提示
  • ・ユーザーの声やQ&A、成功体験
  • ・他商品との差別化や特典表示
  • ・購買ページ・資料請求ページへと導くアクション導線

一枚のページを流れるように読んでもらうために、ランディングページでは、コピーの短い言葉、商品のビジュアル、共感させる文章、メリットを提示することによる安心、成功体験などユーザーの声による信頼、お得感などを伝える特典などを提示し、最終的に購入や資料請求を選択させるような構成となっています。

他のネットショップと似たようなキャッチコピーや魅力の無い画像では、ユーザーはすぐにページを離れて(離脱して)しまうので、文章や画像写真以外にも、動画でのアピールをはじめ、受賞歴やメディア出演などの第三者からの評価をアピールするケースもあります。
媒体こそ異なりますがチラシなどが非常に参考になり、アピールしたい所に色づけなどを差別化を図っていると思います。

ネットショップのランディングページ作成・運用のポイント・注意点とは?

広告リンク等からランディングページへ着地した場合、そのページに魅力を感じないユーザーは、おおよそ3秒でそのページから離脱すると言われています。
つまり、ランディングページで最初に表示されるキャッチコピーや画像が、ユーザーをつかむ勝負となります。

例えば、最初のキャッチコピーは短く簡潔に、画像もトップから魅力たっぷりのものを選ぶ必要があります。
商品の説明も「読んでもらえばわかる」というページの作りでは、その時点でユーザーがページから離れてしまいます。

運営側はなんとか商品の魅力を知ってもらおうと詳しく説明してしまいがちですが、ユーザーは読むというよりもサイトを眺めるという感覚で来ているので、キャッチコピー以外の文章もわかりやすく簡潔にまとめられている方が、情報として認識もしやすく、共感を持ってもらえることにも繋がります。

また、ユーザーはこちらが考えているよりも「結果」や「解決策」を求めています。
商品のアピールだけでなく、「お客様の声」「体験談」「Q&A」で応えられるようにしておくと、どのような商品であるかを見るだけのつもりで訪問したランディングページを、ちゃんと「読んで」もらい、最終的にはアクション(コンバージョン・購入)を起こしてもらえるという期待が高まります。

SEOで狙ったキーワードが取れずネットショップの集客に悩んでいる場合は、ランディングページを1枚作成し、リスティング広告に出してみる事も違った集客方法になりますのでお勧めです。

ランディングページの効果を最大限に生かすよう、ユーザーが何を求めているのかを検討し、デザインや文章で商品の良さを表現出来るよう十分にページ設計をして、ランディングページを作成するようにしましょう。

 

当社のネットショップ運営代行サービスについて

ネットショップ運営代行サービスサヴァリ株式会社のネットショップ運営代行サービスでは、EC事業の売上を支えるサイト制作からマーケティング業務まで一括で請負います。

自社運営のネットショップから楽天市場、ヤフーショッピングまで、当社が定めるネットショップ成功の三条件を元に「店舗毎の課題」に合わせた充実したサポートをご提供致します。

ネットショップ運営代行のサービス詳細はこちらから

 

楽天・Yahoo!ショッピング・amazon市場動向資料を配布しております。

2018年楽天市場・Yahoo!ショッピング・amazon市場動向資料当社の独自調査による、楽天市場・Yahoo!ショッピング・amazonのジャンル別市場動向資料の2018年最新版を配布中。
楽天市場・Yahoo!ショッピング・amazonのジャンル別市場動向資料の2018年最新版を配布中。の市場動向を知りたい方からこれからECサイトを始めたい方まで、ECサイトに関わる方は是非ご覧ください。

是非、下記リンクより資料ダウンロードをお願いいたします。
【無料ダウンロードはこちらから!】

 


サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせいただくには、お客さまの会社名やお名前、連絡先などの情報をお答えいただく必要があります。 お手数ですが、当社の「個人情報保護方針」をお読みいただき、ご同意いただきましたうえで、お問い合わせページにお進み下さい。

会社名
会社URL
ご担当者部署
ご担当者氏名
フリガナ
メールアドレス
電話番号
郵便番号
都道府県
市町村
建物名
お問い合わせ内容
(複数チェック可)
詳細
時期
予算
当社の個人情報の取扱いに同意する。