買ってもらうまでがゴールになっていませんか?日本文化をリスペクトする海外向けネットショップ【episode157】

越境EC編

今回ゲスト、株式会社マルヒサ 代表取締役 村井洋仁氏は、
京都・東京の実店舗、そしてECを活用して日本国内はもちろん海外の着物ファンの皆さんにも商品だけでなく、着物を楽しむ「場」をご提供されています。

村井氏に「ECで日本文化を世界に広げる方法」についてお伺いしました!

▽日本では着物を着なくなっている中、なぜ海外展開を考えられるようになったのですか?

大きな理由としては2つあると思います。
1つ目は12年前、楽天大学で勉強会があった時になぜ着物屋さんなのに着物着てないの?と言われたんですよ。
確かに着物屋さんって着物を着ているイメージがあるかもしれないですが、特に毎日着てる人って殆どいないんですね。
その時にハッとして。
笑えるんですけど実はその時までスーツ着てたんですよ。
そう言われて着物きなあかんわと思ったのですが、恥ずかしい話その時は自分で着れなかったです。
帰ってすぐに翌日スーツは全部捨てて、着物を買いまくって毎日着だしたんですね。
海外に行った時に飛行機から着物で行ってるんですが、仮面ライダーが変身したみたいな、ウルトラマンが変身したみたいな、着物着てるだけで日本代表みたいな気持ちになるんですよ。
その気持ちがワクワクした瞬間というのが海外にいる時。
日本にいる時はないんですよ。
あとはやっぱり海外では着物に対するリスペクトがすごいんです。
その時に日本人を感じるのと、それまで生まれてきて日本人で良かったなと思うことがあまりなかったんですよね。
だから海外にチャレンジしたかったというのが一つあります。
2つ目は、当時フランスのプライスミニスターというのがあって、そこに日本の楽天に出店している店舗5店舗で出店しました。
当時役員だった黒坂さんという方に連れて行っていただいて、フランスのJAPAN XPOに出展したんです。
プライスミニスターのPRも兼ねてやってきたんですが、着物の人気があることは理解していたものの「コレ誰が着るんやろ」と。
もし売ったところでどうやって着るのかという疑問があったので売れるとは全く思っていなかったです。
観光気分半分ぐらいで行こうと思ったんですが、いざそのイベントが始まったら2日間くらいで持っていった浴衣がほぼ9割方売れたんです。
あとの2日間売るものがなかったんです。
その時にびっくりして「海外で売れるんや」と。
しかもその現地のイベントに浴衣や着物を着てこられる方が何人もいたんですよ。
「なぜ着れてるの?」「どうやって着物を着付けてるの?」と聞いたら、YouTubeとかの動画を見てると。
その動画を見て自分で結んだり帯をしてるんですよ。
そこからは皆さんアレンジされてるんです。
でもそれが素敵なんですよね。
ということは、コレは海外はいけると。
日本は僕が生まれた時ぐらいからどんどん着物離れになって、市場としては今10分の1くらいにシュリンクしてるんですよ。
なのに着物屋さんが多いから、バリバリのレッドオーシャン。
マーケットがちっちゃいレッドオーシャンなんですよね。
でも海外に行った時ニーズは少ないかもしれないですけど、マーケットとしては確実にブルーオーシャンじゃないですか。
そういう意味で海外でチャレンジしようと思いました。

▽海外大手が撤退し主要都市に着物を売るお店がないから売ろうと思ったのですか?

一人、楽天市場のお客様でロサンゼルス在住の方からメールが来たんです。
そのお客様から「ロサンゼルスで着物を売っているところがなくなりました」「ぜひ売りに着てください」と言われた時に、その方に会いに行ったんです。
お話を聞いていた時にこれもびっくりしたのが、日本人・日系人が多い場所には日本の文化が根付いているんですよね。
だから日舞をやられていたり民謡をやられていたり、浴衣でも夏は毎週浴衣を着てたりする人もいるんですよ。
多分日本人より着用率が多いんですよね。
そういう話や、あとは買える場所がないと言われたらそれは行くでしょうみたいな気持ちになって、助けるじゃないけどやっぱりそこはサポートしていきたいと思いました。
僕は着物を買ってもらうというより、買ってもらった着物で楽しんでもらえる着物を目指しています。
事のためにモノは準備物だと思っていて、お客様に商品が届いたそこがゴールではなく、その商品を着ていただいて「楽しかったな」と思っていただく。
だから会社の理念を「Enjoy!KIMONO」としているんですが、そこまで行って初めてゴールだと思ってるんですよ。
そういう意味では楽しめる場がないというのは良くないなと思い、まず商品の提供からスタートしてたまに向こうへ行ったり一緒に着物でイベントしたりやっているんですが、そういう意味できっかけをいただいたなと。

このほかにも盛りだくさん、ECを活用して日本文化を世界に広げる方法について公開しています!
伝統文化の海外展開をご検討中の企業様のご参考になるかと思います!
それでは、村井氏流『ECを活用して日本文化を世界に広げる方法』、ぜひお楽しみください!

~第157回 ゲスト~

村井洋仁氏
株式会社マルヒサ
代表取締役

『Enjoy!! KIMONO』を合言葉に自らも着物を毎日に着て、着物の楽しさを世界中の皆さんに知ってもらえるよう日々お客様と一緒に着物を楽しんでいます。京都・東京の実店舗、そしてECを活用して日本国内はもちろん海外の着物ファンの皆さんにも商品だけでなく、着物を楽しむ「場」を提供しております。

ネットショップ運営に役立つ資料が満載!

下記バナー画像より【簡単3ステップで無料ダウンロード】  

ネットショップ運営に役立つセミナーを毎月開催中!

下記バナー画像より【セミナー/勉強会にご参加】  

当社のネットショップ運営代行サービスについて

ネットショップ運営代行サービスサヴァリ株式会社のネットショップ運営代行サービスでは、EC事業の売上を支えるサイト制作からマーケティング業務まで一括で請負います。 自社運営のネットショップから楽天市場、ヤフーショッピングまで、当社が定めるネットショップ成功の三条件を元に「店舗毎の課題」に合わせた充実したサポートをご提供致します。
※ネットショップ運営代行のサービス詳細はこちらから

関連記事