MEO対策のメリット、デメリット!上位表示対策のポイントを解説!

SEO対策編 集客施策(SEO・広告)

SEO施策が浸透してからは店舗様にとってSEOは耳馴染みのある言葉になりましたが、今回の記事のテーマである「MEO」というWEB施策をご存知でしょうか。

ほとんどが「特に取り組んでいない」といった店舗様も多いと思われますが、リアル店舗を所持しているなど、地域に根ざしたビジネスを展開している事業者の方にとって、MEOは決して欠かすことができない重要な施策になります。

この記事を通してMEOに対する理解を高めていきましょう。

 

 

MEOとは

 

MEOとは「Map Engine Optimization(マップエンジン最適化)」のことで、Google検索に表示されるローカル検索結果(詳細後述)で上位表示させることを目的としたWEB施策になります。

主にローカル検索結果に表示されることから、「ローカルSEO」と呼ばれることもあります。

特定地域で店舗やサービスを探しているユーザーに対してダイレクトにアプローチが可能で、地図や店舗情報などから来店を促すこともできますので、実店舗や地域ビジネスを展開する事業者にとって重要度の高いWEB施策になります。

 

MEOとSEOの違い

 

MEOとSEOの違いですが、どちらもGoogleの検索アルゴリズムに則ってコンテンツを最適化し、上位表示を狙うという点では同じではあるものの、下記2点は異なります。

  • 上位表示させるコンテンツ
  • 上位表示させる場所

上位表示させるコンテンツ

SEOはWEBサイトそのものを上位表示させるのが目的です。

しかしMEOでは「Googleビジネスプロフィール」の上位表示を目的としています。

Googleビジネスプロフィールとは、ビジネス名や住所といった店舗情報の登録や、最新情報の投稿などが行える無料のツールで、登録した情報はGoogle検索やGoogleマップなどに表示され、ユーザの興味関心を集めたり、来店を促す効果があります。

上位表示させる場所

SEOがオーガニック検索結果での上位表示を狙うのに対し、MEOでは「ローカル検索結果」での上位表示を目指します。

ローカル検索結果は、特定地域や場所に関連するキーワードで検索した際に表示されます。

さまざまな表示形式がありますが、通常、Googleマップとともに3件のGoogleビジネスプロフィール(スマホでは2件)が表示され、SEOの掲載枠よりも上部に位置しますので、よりユーザの目に留まりやすいでしょう。

 

MEOのメリット

 

SEO枠よりも上位に表示させることができる

MEOで表示されるローカル検索結果は、SEOの掲載枠であるオーガニック検索結果の上部に位置します。

とりわけスマホではファーストビューにおけるローカル検索結果の専有面積が広く、ほぼ全面をローカル検索結果が占めています。

そのため、SEO1位のサイトよりもMEO1位のGoogleビジネスプロフィールのほうが圧倒的に視認性が高く、より多くのクリックを集められると期待できるのです。

SEOよりも競合が少なく上位表示させやすい

SEOの歴史は長く、多くの事業者がすでにSEO対策に取り組んでいますので、重要なキーワードの多くは、しっかりSEO対策を施したサイトに押さえられてしまっているため、新規参入のサイトが上位表示に食い込むのは至難でしょう。

しかしMEOは比較的新しいWEB施策で、本腰を入れて取り組んでいる事業者は多くなく、SEOほど手間暇をかけずとも上位表示させやすく、高い費用対効果が期待できます。

来店確度の高いユーザに対して訴求できる

MEOは、マイクロモーメントの最中にあるユーザに対してアプローチできるWEB施策であるといえます。

マイクロモーメントとは、人々が「何かをしたい」と思い、反射的に目の前にあるデバイスで調べたり、購入したりという行動を起こす瞬間のことで、MEOでこうした「何かをしたい」と思い立って検索中のユーザに接触できれば、高い確率で来店や興味関心につなげることができるでしょう。

媒体に頼ることなく集客できる

食べログやホットペッパービューティーのように、多くの実店舗が集客のために媒体を活用していますが、固定ユーザも多い媒体の集客力を集められる反面、こうした媒体への掲載費用は軒並み高額で、上位表示してより流入を増やそうとすると、コスト負担の大きい上位掲載プランなどに申し込まなければなりません。

ところがMEOであれば、Googleビジネスプロフィールの利用料や掲載費用などは一切かかりませんし、媒体が掲載されるオーガニック検索結果よりも上部に表示することができますので、媒体に頼らず、自社のGoogleビジネスプロフィールに直接ユーザを誘導することが可能です。

 

MEOのデメリット

 

ネガティブなクチコミが上位表示される可能性も

ローカル検索結果の表示形式にはさまざまなものがありますが、中には投稿されたクチコミが表示される形式のものもあります。

クチコミが好意的なものであればいいのですが、ネガティブな内容のものが表示されてしまう可能性も考えられます。

MEOの効果を最大限高めるためにも、好意的で、可能であれば具体性のあるクチコミを投稿してもらえるよう意識した運用を心がけましょう。

万が一ネガティブな内容のクチコミが投稿されても丁寧にコメントを返し、真摯な対応を行うことが重要です。

くれぐれも炎上するような行動は避けて下さい。

MEOに適さないビジネスモデルもある

MEOが効果を発揮するためには、「特定の地域や場所に関連したビジネス」であることが前提となりますが、ネットショップ主体の事業者や、実店舗への集客を必要としない事業者などの場合、MEOよりもSEOのほうが重要となる場合があります。

どちらを優先するかはじっくり考慮して下さい。

 

MEO対策の施策

 

Googleビジネスプロフィールを登録する

MEOで上位表示させるためにも最初に「Googleビジネスプロフィール」の登録を行いましょう。

Googleビジネスプロフィールは、こちらから無料で登録することができますが、登録にはGoogleアカウントが必要となりますので、あらかじめビジネス用メールのドメインで登録しておきましょう。

  • ビジネスやチェーン店の住所
  • ビジネスやチェーン店の地図上におけるマーカーの設置
  • ビジネスのタイプ(業種)
  • 電話番号
  • WEBサイトのURL

上記5つですので、登録にはそこまで時間がかかりません。

オーナー確認を済ませる

Googleビジネスプロフィールの情報を登録したら、オーナー確認を行いましょう。

Googleから送られてくるオーナー確認用のハガキを利用して行います。

ハガキの郵送はGoogleビジネスプロフィールの管理画面から簡単にリクエストできます。

オーナー確認を済ませていないGoogleビジネスプロフィールはGoogleからの評価を受けにくく、編集できる項目にも制限が課せられますので、はやめにリクエストしましょう。

Googleビジネスプロフィールの内容を充実させる

Googleビジネスプロフィールを登録した時点では、住所や連絡先といった基本的な情報しか入力されていませんので、写真や投稿、営業時間など、有益な情報を充実させていきましょう。

Googleビジネスプロフィールがユーザにとって有益であると判断されれば、Googleからも高い評価を受けることができます。

登録できるものはなるべく登録し、見栄えのいい写真や動画をアップしていきましょう。

クチコミを適切に管理する

店舗やサービスを検討する際、クチコミは非常に大きな判断材料となります。

MEOで上位表示された際に良いクチコミが並んでいれば、それを目にしたユーザにも好印象を持ってもらえることでしょう。

また、クチコミの多さ、評価の高さはMEOの評価を上げる重要なファクターにもなります。

できるかぎりネガティブなクチコミを貰うような行動は避け、万が一書かれてしまった際にもダメージを最小限に抑えるために、日頃からクチコミには丁寧なレスポンスを行うことをおすすめします。

定型文丸出しの返信ではなく、ひとつひとつのクチコミに対して真摯に向き合う姿勢を見せることで、店舗やサービスへの好感を高められるでしょう。

具体的なキーワードを盛り込んだ投稿を行う

MEOで上位表示させるためにも、Googleビジネスプロフィールを運用する際は「店舗に来るユーザはどのようなキーワードで検索するのか」を考え、それを反映させた投稿を心がけましょう。

公式ホームページのSEO対策を行う

MEOを高めるだけでなく、自社のWEBサイトと結びつけて、自社のSEO評価が高ければMEO評価も上がり、SEO評価が低ければMEO評価にも悪影響が出る可能性があります。

WEBサイト自体の価値を高めるためにも、MEOと並行してSEO対策もしっかり行いましょう。

Googleビジネスプロフィールのインサイトを活用する

インサイトとは、Googleビジネスプロフィール内にあるアクセス解析データです。

インサイトを活用すれば、検索クエリやビジネスが認知されている要因からユーザのニーズを洗い出したり、ユーザの反応をもとに施策を評価できます。

 

まとめ

 

MEOは地域に根ざしたビジネスとの相性がよく、来店促進やブランディングにも役立ちますので、ぜひこの機会に始めてみてはいかがでしょうか。

MEOを始めるためには、Googleビジネスプロフィールの登録が欠かせません。

その際は、MEOで上位表示を狙うために、名前やアドレス、電話番号は統一したり、Googleビジネスプロフィールの情報を最新に保つなどを意識して、「関連性」と「知名度」を最大限高く保つようにしましょう。

ネットショップ運営に役立つ資料が満載!

下記バナー画像より【簡単3ステップで無料ダウンロード】  

ネットショップ運営に役立つセミナーを毎月開催中!

下記バナー画像より【セミナー/勉強会にご参加】  

当社のネットショップ運営代行サービスについて

ネットショップ運営代行サービスサヴァリ株式会社のネットショップ運営代行サービスでは、EC事業の売上を支えるサイト制作からマーケティング業務まで一括で請負います。 自社運営のネットショップから楽天市場、ヤフーショッピングまで、当社が定めるネットショップ成功の三条件を元に「店舗毎の課題」に合わせた充実したサポートをご提供致します。
※ネットショップ運営代行のサービス詳細はこちらから

関連記事