ネットショップ運営代行のサヴァリ株式会社 > トップコラム > ネットショップ運用ノウハウ > 楽天の広告は種類が多すぎて難易度が高すぎる件

楽天の広告は種類が多すぎて難易度が高すぎる件

楽天の広告種類を大雑把に分ければ下記3種類に分けられ、内容はより細々しています。

・掲載系広告(露出系)
・ニュース系広告(配信系)
・クリック保証型(RPP広告/CPA広告/ダイナミックターゲティング広告)

掲載系広告
楽天のジャンルやトップなどにバナーなどで表示される広告、露出が高くて目立ちやすいことから
コンバーションが高いが、その分掲載料金も高くなります。

ニュース系広告(配信系)
楽天から配信されるメールマガジンの中にバナーやテキストで掲載される広告で、配信数によって
価格が変わります。

クリック保証型(RPP広告/CPA広告/ダイナミックターゲティング広告)
RPP広告やCPAは検索結果上位に[PR]と表示され、クリックごとに25~100円(設定によっては100円以
上)の課金がされる広告。

RPP広告(楽天プロモーションプラットフォーム)
検索連動型の広告。新CPC広告ともいわれており、出店者が指定した商品に対してクリック単価を設定
する広告。
商品名、キャッチコピー、商品説明から検索されたキーワードとマッチしたものが自動的に検索に選ば
れるため、キーワードの最適化が重要となります。

CPA広告(Cost Per Action
RPP広告と似ていますが、楽天のほうでRMSに登録されている商品を自動的に選択するため設定や入稿
作業といった作業が不要なのが大きく、広告が掲載されても売上が発生しない限り広告料金は発生しま
せんが、プッシュしたい商品は設定できません。

ダイナミックマーケティング広告
新規顧客から既存顧客まで幅広い層にアプローチをかけることができることで、googleやYahoo!のリ
ターゲティング広告にあたります。
ダイナミックマーケティング広告には3つの機能があり、競合他社で購入しているユーザーや、購買には
至らずとも興味を持ってくれそうなユーザーにアプローチできる下記特徴があります。
・プロスペクティング(潜在ユーザー)
 過去にアクセスしたユーザーと“類似したユーザー”にリーチ
・リターゲティング(既存ユーザー)
 以前そのお店にアクセスしたことがあるユーザーにリーチ
・ダイナミックターゲティング
 複数商品で上記2つのターゲティングを行うことで、潜在ユーザーと既存ユーザーどちらにもリーチ

効果のある広告選定は難しい!知識なしでは9割失敗する3つの壁
楽天の広告は失敗して当たり前と思ってください。
なぜ3回も9割失敗するのかについて、3回に分けて説明します。

3つの壁(1)分析&広告選定の壁 これで9割失敗
冒頭で述べた楽天広告の選択のことで広告の数が多すぎるため、商品に対しての最適な広告を選択しに
くく、さらに枠が空いてなかったりと、いざ初めてみれば予算と広告の結果が釣り合わなかったとい
うことがあります。

3つの壁(2)入稿&リンク先 これで9割失敗
入稿する画層のクオリティも広告の成功に大きく影響します。
そしてそのリンク先の選定も結果を出すには重要です。
その両方が最良の選択となるのは非常に難しいこと。
そして、初歩的なことですが、楽天の入稿作業は非常に複雑で、文字数制限オーバーやバナー画像の
選定ミスなど様々な理由により入稿が通らず、設定のやり直しを迫られ、気づけば入稿の締切を過ぎ
てしまったというパターンもあります。
また設定した商品と対象商品ページのリンクの設定ミスも少なからず見られます。

3つの壁(3)商品選定&値付け これで9割失敗する
出店者側が自信をもってプッシュした商品でも、利用者側が興味を持たないものだったり、広告枠と
ベストマッチしていない商品だったりして、成果に結びつかないことはよくあります。
また競合社が自社より安い類似商品を出していた!という事例もあり、広告から知ってもらったにも
かかわらず、他店に購入者が流れるということもあります。

広告選定の難易度は高いので専門家に任せるのがオススメ
いかがでしょうか?

広告選定にはこのように大きな壁が3つあり、広告で結果を出すには非常に難易度が高いのです。
なんとなく、選定して成果がでるほど甘くないものです。
少しでも広告の効果を出したいのであれば、専門家に任せるのがおすすめです。

さらにRMS管理画面には「楽天広告」なるインターフェースが表示されているため、あたかも誰に
でも操作できると思いがちですが、実際は上記のようにシステムの難易度も非常に高く、WEBに
不慣れな方では、成功できる見込みがより薄くなります。設定できても、日々の業務や出荷などに
追われる店舗様にとっては注力できないという現実もあります。

弊社はそういった店舗様の広告サポートを日常的に行い、また楽天の売上向上のリリース情報
を把握しているため、より最適な広告の選定を行うことが可能です。

 

当社のネットショップ運営代行サービスについて

ネットショップ運営代行サービスサヴァリ株式会社のネットショップ運営代行サービスでは、EC事業の売上を支えるサイト制作からマーケティング業務まで一括で請負います。

自社運営のネットショップから楽天市場、ヤフーショッピングまで、当社が定めるネットショップ成功の三条件を元に「店舗毎の課題」に合わせた充実したサポートをご提供致します。

ネットショップ運営代行のサービス詳細はこちらから

 

楽天・Yahoo!ショッピング市場動向資料を配布しております。

2017年楽天市場・Yahoo!ショッピング市場動向資料当社の独自調査による、楽天市場・Yahoo!ショッピングのジャンル別市場動向資料の2017年最新版を配布中。
楽天市場/Yahoo!ショッピングの市場動向を知りたい方からこれからECサイトを始めたい方まで、ECサイトに関わる方は是非ご覧ください。

是非、下記リンクより資料ダウンロードをお願いいたします。
【無料ダウンロードはこちらから!】

 


サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせいただくには、お客さまの会社名やお名前、連絡先などの情報をお答えいただく必要があります。 お手数ですが、当社の「個人情報保護方針」をお読みいただき、ご同意いただきましたうえで、お問い合わせページにお進み下さい。

会社名
会社URL
ご担当者部署
ご担当者氏名
フリガナ
メールアドレス
電話番号
郵便番号
都道府県
市町村
建物名
お問い合わせ内容
(複数チェック可)
詳細
時期
予算
当社の個人情報の取扱いに同意する。