Skip to content

ネットショップ運営代行のサヴァリ株式会社 > ネットショップ運営代行コラム > ~ECの未来~ > 店長編 > 『 ネットショップ 集客 ! モールを活用した B to B 販売戦略』【episode54】

ネットショップ運営するなら、モール派?自社派?どちらでしょうか?

もしくは両方?でしょうか?

これについては、貴社の販売戦略によって考え方が別れるかと思います。

今回ゲスト、株式会社ビームテック 吉田氏の会社は、LED照明の普及をミッション

とする中で、”安くても使える”をコンセプトにPB商品を販売しています。

オフラインとオンラインを結ぶ営業手法で、大手ECプラットフォームでLEDシェアNo1に

まで拡大しております。

■吉田氏に、B to B販売のご状況をきいてみました

▽ 『プラットフォームとB to Bは結びつかないような感じがするのですが?』

集客方法として、まずは法人に売り込むのではなく、一般ユーザーをしっかり

取り込んでから、その一般ユーザーが法人の購買担当の場合、

”会社にもどうですか?”というアプローチをメルマガなどを使って後追いして

裾野を広げています。

▽ 『プラットフォームとコンテンツは相性が悪い気がするが?』

まず、コンテンツで一般ユーザーに来てもらう。そして、そのコンテンツの中で、

”楽天、ヤフー、amazonで買えてポイントも付きますよ”などメリットの訴求をして、

プラットフォームに送客をしている。

クーポンだと販売価格の割引なので、担当者自身のメリットがあまりないため、

購入者にメリットがあるポイント訴求にしてコンテンツをつくっている。

▽ 『中小企業であるがゆえに認知させるために何かしていますか?』

たとえば、居酒屋に卸している工事の業者さんなどに直接営業している。

購入は、楽天、ヤフー、Amazonなど、既にもっているプラットフォームのアカウントで

購入いただく。与信も含めてスピーディーに対応できる。

また、Google検索で上位表示するにも楽天には勝てないので、

広告費を自社ドメインには掛けず、楽天に出品している商品の露出を任せて、

自社ではコンテンツでお客様の情報を落とし込みながら集客に力を入れている。

プラットフォームのアルゴリズムにのせて上位表示されてくると一般ユーザーにも

認知されるので、一般ユーザーに紛れた法人の方が購入してくれ、

会社の売上の大半を占めていくれているとのことです。

このほかにも盛りだくさんBtoB戦略を公開しています!

この動画を視聴することで、モールで広告費を使わず集客する方法が理解できるはずです。

それでは、吉田氏流『モールを活用したB to B 販売戦略』、ぜひお楽しみください!

「ECの未来」episode54 ポイント

まずは一般ユーザーとして取り込む

~第54回 ゲスト~

吉田 甚一朗(ヨシダ ジンイチロウ) 氏
株式会社ビームテック 
取締役 営業統括部長

大学在学中にヤフーオークションにハマり、学生ながら月100万円以上の売り上げを出した事をきっかけにネットショップ販売に可能性を見出す。
LED照明の普及をミッションとする中で、
大手の高額なLEDでは普及に時間がかかると考え、安くても使える!
をコンセプトにしたPBを立ち上げる。
オフラインとオンラインを結ぶ営業手法で、大手ECプラットフォームでLEDシェアNo1にまで拡大。
ユーザー目線を徹底研究する事で、他には無いアプローチやクロージング手法をECに取り込んでいく事が趣味。

~ECの未来 チャンネルMC~

柳田 敏正(ヤナギダ トシマサ)氏
株式会社柳田織物
代表取締役

1971年4月生まれ。
1994年法政大学卒業後、(株)バーニーズジャパン入社、横浜店にてメンズ全般の接客に従事。
1999年退社し(株)柳田織物に入社。
2002年オリジナルのシャツを販売する自社ECサイト「ozie」を開設し、BtoCへ進出。
2011年にOSMC(オンラインショップマスターズクラブ)最優秀実践者賞受賞。
2012年第4回エビス大賞 大賞受賞。
2013年4月代表取締役に就任。
2014年、六本木一丁目にショールームをオープン。
EC4店舗を運営。

当社のネットショップ運営代行サービスについて

ネットショップ運営代行サービスサヴァリ株式会社のネットショップ運営代行サービスでは、EC事業の売上を支えるサイト制作からマーケティング業務まで一括で請負います。

自社運営のネットショップから楽天市場、ヤフーショッピングまで、当社が定めるネットショップ成功の三条件を元に「店舗毎の課題」に合わせた充実したサポートをご提供致します。

ネットショップ運営代行のサービス詳細はこちらから

 

楽天・Yahoo!ショッピング・amazon市場動向資料を配布しております。

2018年楽天市場・Yahoo!ショッピング・amazon市場動向資料当社の独自調査による、楽天市場・Yahoo!ショッピング・amazonのジャンル別市場動向資料の2018年最新版を配布中。
楽天市場・Yahoo!ショッピング・amazonのジャンル別市場動向資料の2018年最新版を配布中。の市場動向を知りたい方からこれからECサイトを始めたい方まで、ECサイトに関わる方は是非ご覧ください。

是非、下記リンクより資料ダウンロードをお願いいたします。
【無料ダウンロードはこちらから!】


サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせいただくには、お客さまの会社名やお名前、連絡先などの情報をお答えいただく必要があります。 お手数ですが、当社の「個人情報保護方針」をお読みいただき、ご同意いただきましたうえで、お問い合わせページにお進み下さい。

会社名
会社URL
ご担当者部署
ご担当者氏名
フリガナ
メールアドレス
電話番号
郵便番号
都道府県
市町村
建物名
お問い合わせ内容
(複数チェック可)
詳細
時期
予算
当社の個人情報の取扱いに同意する。