ネットショップ運営代行のサヴァリ株式会社 > 女性向け下着メーカー通販 > サポートして2年で月商1500万突破

サポートして2年で月商1500万突破

女性下着メーカーの通販で実績のある同社。以前からのカタログ通販で売り上げの柱は十分にありましたが、新たにチャレンジしたネット通販では伸び悩みが見られました。問題はECサイトへと導入していく広告にあることだ推察できました。そこで効果的な広告運用を提案した結果、3倍の売り上げを達成することができたのです。

ご要望

detail_img01_01
カタログ通販によって成功を収め、売上を確保していた同社。しかし、新たな販売拡大を図っていく上ではネット通販の成功は必須課題となっていたのです。もともとカタログ通販によって商品力があることは証明できていたため、カタログと同様にECサイトも商品の見せ方を魅力的にすれば成功できると考え、構築はデザイン力で定評のある制作会社に依頼していました。
しかし、結果は思っていた以上に売上が上がらず完全な伸び悩み状態。原因がどこにあるかがわからない状態で弊社に全体的なてこ入れの相談が寄-せられました。。

解決策

カタログ通販の経験によってマーケティングのノウハウは蓄積していた同社。そのためユーザーをサイトへ導入していくための広告予算はある程度確保し、実際に投入していたのです。
その上でそれでも効果が出ないということは広告に問題があることが推測され、その分析と改善に取り組みました。
さらにで紙媒体のカタログとは異なる見せ方がECサイトでは必要であることを説明し、ページ制作・メールマガジン、モデル手配から撮影まで課題を抽出していきました。

結果

モール通販の改善で2年で売り上げ3倍に増大。

まずは問題のあった広告運用を大胆に改善していく取り組みを実施しました。
無駄な広告を徹底的に抑え、ターゲットに直結する広告のみの利用に的を絞ったのです。
そのことによって販売促進に掛ける費用を抑えた上で売上を伸ばすことができました。
さらに問題抽出の過程でモール通販においても改善が必要なことがわかり、そこにも着手しました。
このことによって2年間で売り上げ3倍に増大。他モール展開でネットでも十分に売ることができるという実績を確保し、足場を固めることができました。
これらの結果を踏まえて、自社サイトの運用に着手。モール販売と自社サイトという多店舗を実施するという、さらなるネット通販展開へ進むことになりました。

POINT

全体的なてこ入れが相談のテーマであったことから、全体を俯瞰しながら細かい問題点の抽出からスタート。
そこで判明した課題に対して優先順位をつけて解決に着手していきました、その中で広告運用の大幅改善で販促費用は落ち、売り上げが伸びました。またモールで足場を固めることで多店舗展開の足場を作ることができました。
これらの2点を最優先したことが成功ポイントです。。