Skip to content

ネットショップ運営代行のサヴァリ株式会社 > ネットショップ運営代行コラム > ネットショップ運用ノウハウ > トレンド > ECサイトのアプリ


ECサイトが氾濫している現在、サイトのアプリ化によって売上向上や新規顧客獲得を実現する事業者が増えてきています。

今回はECサイトのアプリ化についてご紹介していきます。

ECアプリとは

ECアプリとはブランドや企業が自社のECサイトと同様にオンライン上での売上向上を目的として開発されており、アプリ独自のインターフェースを利用してユーザーが買い物を楽しむ事ができます。

スマートフォンが普及してきた現在、アプリ利用率はブラウザ利用率よりも5倍以上多く、ユーザーとの接触回数がブラウザによるECサイトよりも上がります。

ブラウザよりアプリの方が慣れているユーザーも多いため利用率が上がり、アプリ化による販売機会増大を実現する企業も少なくないという理由から、ECアプリの需要も多くなってきました。

ECアプリのメリット

利用時間や利用頻度の向上が見込める

ユーザーがWebサイトにアクセスするにはブラウザを立ち上げなければなりません。一方、ECアプリの場合、ホーム画面上のアイコンをタップすればアプリが立ち上がるので、スムーズにアクセスできます。

モバイルサイトは応答速度が遅いなど使い勝手が悪いと離脱率が高くなる傾向にあります。

ECをアプリ化することでサクサクと軽快に動く仕様にして、さらに利便性の高い機能も盛り込めば、滞在時間の伸びやアクセス回数の増加による収益アップが見込めるのです。

プッシュ通知によって効果的な販促が可能に

プッシュ通知はメルマガよりも高い開封率を誇り、アプリ化の大きなメリットといえます。
新商品の情報や、お気に入り商品の再入荷、クーポンといったユーザーにとって有益な情報をタイムリーに届けることができます。

マクドナルドのアプリなどを例にあげればイメージがつきやすいと思います。

また、会員情報や購買情報、位置情報といったデータを元に顧客層を絞り込むことも可能です。
ECアプリを活用すれば、顧客一人ひとりに合わせた効果的な販促にも役立ちます。

複数チャネルにおけるシームレスな顧客体験を提供できる

実店舗とECの双方を持つクライアントも増えてきている中、複数のチャネルを生かしてお客様に快適な購買体験を提供することは課題となりつつあります。

ECアプリは、そういった課題を打破するツールであり、実店舗を持つブランドのオムニチャネル施策と相性が良いのも魅力です。

例えば、顔認識やAR(拡張現実)技術を活用すれば、スマートフォンのカメラで撮った自分の写真に気になる服や帽子などを合わせる試着体験や、お得なクーポンを獲得したりといった機能も実現が可能です。

より詳細な利用データの収集が可能

実店舗では会員カードを使い、ECサイトでは別途アカウントを登録するというケースでは、双方のデータが連携されていないために個別の顧客の動向が追えないという課題があります。

しかしECアプリであれば、実店舗ではアプリそのものが会員カード代わりになり、ECはアプリ内で完結するため、両方のチャネルの顧客情報を一元管理することが容易です。

その結果、ECでの購買情報はもちろん、実店舗での購買情報や位置情報など、より詳細な行動データを収集できるようになるでしょう。

ECアプリのデメリット

開発コストがかかる

一からECアプリを作ろうとすると開発コストが膨らみますし、OSに合わせて設計を最適化する対応が必要なのに加えて、アプリのリリース後も継続的に更新作業を行ったりなど、アップデートしたりする費用も都度発生します。

ただし、最近増えてきたアプリASPやパッケージソフトを利用すれば、開発コストはある程度抑えることができ、ランニングコストの負担も軽減されるでしょう。

ダウンロードしてもらわないと効果はない

せっかく費用や時間をかけてECアプリを開発してリリースしても、アプリそのものを利用してもらえなければ意味がありません。

ではアプリをインストールしてもらうにはどうするか?
この課題を解決するには店舗施策やECサイト上でアプリインストールまでの動線を上手に作る必要があります。

また、ユーザーを飽きさせないコンテンツやアプリ会員限定コンテンツなども半永久的に更新していかないといけません。

こういった導線設計やプロモーション施策も継続的に必要となります。

ECアプリで売上を向上させるためには

ECアプリで成功していくためには、まず自社のブランドの知名度をあげる事が最優先ですので、ブランディング戦略は欠かせませんので、配信するコンテンツ内容などに不具合はないかなど、しっかり工夫していきましょう。

また、ユーザー個人にしっかり目を向けたコンテンツであるか?
ユーザーがアプリをインストールするメリットがあるか?そういったユーザー目線に立って開発していくことは欠かせません。

また、アプリリテラシーの低いユーザーであっても使いこなせるようなUIを制作できるよう心がけましょう。

くれぐれも使いにくくて重いアプリケーションは論外です。

まとめ

ECサイトをお持ちの方はECアプリの開発を検討するのも良いとおもいます。
しかしその前に、自社ブランディングはできているのか?
ユーザー目線に立っているか?そのあたりをしっかり踏まえないと、ただ開発するだけで失敗位終わる可能性は高いので、アプリ開発だけでなくブランディングを高める工夫も行っていきましょう。

ECアプリを検討されている方は、サヴァリへ一度ご相談くださいませ。


サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせいただくには、お客さまの会社名やお名前、連絡先などの情報をお答えいただく必要があります。 お手数ですが、当社の「個人情報保護方針」をお読みいただき、ご同意いただきましたうえで、お問い合わせページにお進み下さい。

会社名
会社URL
ご担当者部署
ご担当者氏名
フリガナ
メールアドレス
電話番号
郵便番号
都道府県
市町村
建物名
お問い合わせ内容
(複数チェック可)
詳細
時期
予算
当社の個人情報の取扱いに同意する。