Skip to content

ネットショップ運営代行のサヴァリ株式会社 > ネットショップ運営代行コラム > ネットショップ運用ノウハウ > 集客施策(SEO・広告) > LPOについて


ECサイトに出店している店舗様の中には、LPをふんだんに盛り込んで売上UPを図っている方もおられるでしょう。

LPを出すことで売上がより見込めることは周知の事実ですが、更に一歩踏み込んで、LPOに取り組んでみましょう。

そこで今回はLPOに関する基本的なことをまとめたいと思います。

LPOの歴史

LPOは1996年に誕生、2000年には、海外でLPOベンダーが次々と設立されるなど、以前から広がりを見せており、2006年には、GoogleがLPOツール「Website Optimizer」の提供を開始したことにより、さらに認知度が高まりました。

インターネットの普及によるテクノロジーの発展によりLPの効果測定が可能になると同時に、結果に対する対応が求められるようになりました。
また、Yahoo!やGoogleの検索対策に対するコスト高騰化により、費用対効果をより見直す
意味でもLPOはその対応の指標として注目を集めるようになったのです。

LP(ランディングページ)とは

LPとは、インターネットを利用しているユーザーが、求めている製品やコンテンツなどの情報を得るために広告や検索結果をクリックして最初にたどり着くページをLP(ランディングページ)といい、主に下記2種類あります。

自然検索や指名検索、リスティング広告などさまざまな流入経路から企業のトップページや商品紹介ページ、企業情報など、さまざまなページがLPがあります。

いっぽう、ユーザーの問い合わせや資料請求、商品購入などに直接結びつけるために、企業などが縦長の1ページで構成したもので、主にリスティング広告やバナー広告、ブログ内のCall To Actionなどを通じて流入します。

主によく知られているLPといえばこちらのことを指していると思って良いでしょう。

LPOの目的
そしてLPO(Landing Page Optimization)とは、このLPをユーザーのニーズに合わせて最適化し、ページのCVR(コンバージョンレート=成約率)を上げるマーケティング手法のことを指し、日本では、「ランディングページ最適化」と訳されいます。

LPOの目的、それはサイト訪問者の途中離脱を防ぎ、CV(コンバージョン)まで導くこととで、LPOによって最適化を図れば、「商品・サービスを販売したい」「資料請求件数を増やしたい」「登録会員を増やしたい」など、企業側が求めるCVRをより高めることが可能です。

「コンバージョン」を増やすLPO対策の方法と進め方

テスト中心の発展

推したい一つの商品に、アピールポイントが2種類ある場合、それぞれに特化したページを作成、ユーザーに対してランダムに表示してどちらがより効果的かを比較するA/Bテスト(ABテスト)は、多方面で活用されています。

ターゲティング中心の発展

「全てのニーズに応える」という観点で、ユーザーの興味に応じて表示されるページコンテンツを切り替えることを中心にした手法で、ユーザーが求めている内容に適したページを表示させることが、CVRを高めることにつながるという考えに基づいています。

LPOの効果に必要なのはPDCAの試行回数

LPO成果を出すためには、綿密にプランを準備し、市場分析・セグメンテーション・ターゲティングなどマーケティングプロセスのPDCAを確実に回さなければならず、成果を上げるためには時間をかける必要があるため、すぐに効果が出るような特効薬ではありません。

テスト検証を行い、効果の上がるLP(チャンピオンページ)をつくる

LPを制作する場合、同じ商品であっても、デザインやキャッチコピー、画像、ページ構成要素、配置などを変えることによって、何通りものLPをつくった結果、効果の上がったLPは「チャンピオンページ」と呼ばれます。

ユーザーごとにパーソナライズされたLPを用意する

「検索キーワードが異なる=ニーズが異なる」もので、ユーザーが求めているニーズを満たすLPでなければ、ページから離脱されてしまいますので、ユーザーが求めている内容に対し、セールスポイントを伝えるLPを用意することが必要です。

条件を満たすLPを作成するためには、検証(テスト)が必要

LPOにおいては、ページ内容を比較するA/Bテストは重要です。仮説を立て、商品・サービスごとにパーソナライズされたLPを用意し、検証のためのA/Bテストを実行、結果から判断する、という作業を繰り返すことが大切です。

まとめ
LPOとは、ランディングページの「最適化」という意味であり、その目的は、サイトの途中離脱を防ぎコンバージョンまで導くことです。

SEO(検索エンジン最適化)が検索サイトからLPにたどり着くための対策に対し、LPOはLPにたどり着いたあと、直帰率を下げたり、CVRを上げたりするための対策です。

今後の売上アップには、衝動買い・出会い買いを増やすことが有効であり、LPはそういったニーズに向いていますので、LPを見るユーザーに対してより的確で魅力的な内容を提供することが重要です。

サイトの方向性を見失わないためにも、LPOを行う目的を明確にする必要がありますが、精度が高く、コストや時間をかけないLPOには、ツールが必要ですので、お求めの方はサヴァリへお問い合わせくださいませ。


サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせいただくには、お客さまの会社名やお名前、連絡先などの情報をお答えいただく必要があります。 お手数ですが、当社の「個人情報保護方針」をお読みいただき、ご同意いただきましたうえで、お問い合わせページにお進み下さい。

会社名
会社URL
ご担当者部署
ご担当者氏名
フリガナ
メールアドレス
電話番号
郵便番号
都道府県
市町村
建物名
お問い合わせ内容
(複数チェック可)
詳細
時期
予算
当社の個人情報の取扱いに同意する。