レッドオーシャンから抜け出す戦略!ECの『グローカル』思考について「エーデルワイスファーム」に独占インタビュー!【ECの未来 EP21】

EC戦略・マネージメント編 店長編

この番組では、EC(Electric Commerce:電子商取引)にかかわる様々な方をお呼びして、
その方たちの得意ジャンルのお話をうかがっていきます。

「ECの未来」episode 21

レッド・オーシャンから抜け出す戦略!ECの『グローカル』思考とは?

今回の動画のポイントは『グローカル』になります。

『グローバル』+『ローカル』の造語だそうです。

競合の多い、レッドオーシャン化したモール内での戦いでは、

競合を調査、研究し、やっとのことで優位に立てたとしても、

気がつけば、あっという間に追いつかれ、また競合調査の日々。

労力の割に儲かってないことに気づくなんてことも。

コンビニ、物流など、便利になり過ぎた日本の市場で、競合より優位に立つことは

なかなか難しく、大手の参入で体力が続かぬうちに疲弊して終わってしまう。

このような状況を見ることもあるのではないでしょうか?

それでは中小企業のECが活躍できる領域はもうないのでしょうか?

そんなことはありません。

以前に比べ、資本力に負けず優位に立てる可能性のあるものといえば、

SNSなどによる個人の発信力の向上になります。

趣味嗜好の多様性などにより、マスで認知させることよりも、個人に対する

コンテンツの質が評価される時代になりました。

そこで、野崎氏が提案しているのが『グローカル』思考になります。

野崎氏の『エーデルワイスファーム』の歩み、『グローカル』とは何なのか?

これからのECの戦い方、お楽しみください!

「ECの未来」episode21 ポイント

食品業界の製造・小売り・卸について

~第21回 ゲスト~

野崎創 (ノザキ ハジメ)氏
エーデルワイスファーム
代表取締役

北海道生まれ。古典的製法&長期熟成のハム・ベーコンを製造販売。
1994年にネット通販を開始、1999年にEC受注ソフト「受注でポン」の設計と開発を他社へ依頼。EC事業の黒字化に成功。
2003年リアル店舗設営&ECとの融合をとき先んじて動く。ファームのFacebookファンページには4万人以上のファンがいる。

~ECの未来 チャンネルMC~

柳田 敏正(ヤナギダ トシマサ) 氏
株式会社柳田織物
代表取締役

1971年4月生まれ。1994年法政大学卒業後、(株)バーニーズジャパン入社、横浜店
にてメンズ全般の接客に従事。1999年退社し(株)柳田織物に入社。2002年オリジ
ナルのシャツを販売する自社ECサイト「ozie」を開設し、BtoCへ進出。2011年に
OSMC(オンラインショップマスターズクラブ)最優秀実践者賞受賞。2012年第4回
エビス大賞 大賞受賞。2013年4月代表取締役に就任。2014年、六本木一丁目に
ショールームをオープン。EC4店舗を運営。

 

 

 

ネットショップ運営に役立つ資料が満載!

下記バナー画像より【簡単3ステップで無料ダウンロード】  

ネットショップ運営に役立つセミナーを毎月開催中!

下記バナー画像より【セミナー/勉強会にご参加】  

当社のネットショップ運営代行サービスについて

ネットショップ運営代行サービスサヴァリ株式会社のネットショップ運営代行サービスでは、EC事業の売上を支えるサイト制作からマーケティング業務まで一括で請負います。 自社運営のネットショップから楽天市場、ヤフーショッピングまで、当社が定めるネットショップ成功の三条件を元に「店舗毎の課題」に合わせた充実したサポートをご提供致します。
※ネットショップ運営代行のサービス詳細はこちらから

関連記事