ネットショップ運営代行のサヴァリ株式会社 > トップコラム > ネットショップ運用ノウハウ > トップページのボリュームをうまく調整して売れる店舗にしよう

トップページのボリュームをうまく調整して売れる店舗にしよう

トップページのボリュームをうまく調整して売れる店舗にしよう

楽天を始めとしたECショップの運営者からよく聞かれるのが、

・長いトップページであれば売れるのか
・トップページの内容が多くて賑やかな方が売れやすいのか

こういった出店開始やリニューアルをきっかけにページ制作を始めた方からトップページボ
リュームについて相談を受ける事が多いです。

それでは実際にトップページのボリュームを変更することによって売上は変わるのでしょう
か?
あわせて最適なトップページのボリュームはどのぐらいがよいのかを説明いたします。

トップページのボリュームは多くしておくほうがよい

トップページのボリュームは多いほうがいいですが、気をつけるべきポイントとしては

お客様が欲しい情報を設置できていること
商品を探しやすい状態を用意すること

大きく分けてこの2点です。
この2点をおろそかにすると、ゴチャついただけのトップページになりますので注意しま
しょう。

トップページから離脱する人は全体の90%!

大抵の店舗様のトップページは流入したお客様の中の80~90%がそこで離脱をしていま
す。
確かにトップページのアクセスは店舗全体の10~20%しかなく、それ以外は商品ページな
どにアクセスされます。
こういったトップページの離脱率を考えると、トップページを作り込むことに意味がある
の?と仰る方もいます。

仮に月間30,000人のアクセスがあるとします。
このうちトップページへのアクセスが10%と仮定すれば、3,000人がトップページを見る事
になりますが、
3,000人のうち80%が離脱するとなると、2,400人の見込み客をトップページの離脱で逃して
しまう事になります。

売れている店舗様のトップページ離脱は60%前後

「売れている店舗」さんの離脱率は異なります。
トップページ離脱率は平均の20~30%低い、60%前後となっています。

なぜこんなに低いのかと言うと、売れている店舗さんのトップページは情報が整理されてお
り、
トレンドや需要のある商品を定期的に入れ替え、またナビゲーションをユーザー目線で整え
る事でお客様の誘導ができるからです。

上記で出した仮数値に当てはめてみると3,000人のうちその中の40%である1,200人が回遊を
続ける事になります。
これを楽天の平均転換率(3%)と平均客単価(10,000円)を用いて計算してみると今よりも
360,000円の売上アップを見込めます。

1,200人=360,000円というのは極端ですが、金額的な価値以上にあります。

売れるトップページにするために必要な事

トップページを充実させれば売上が上がるかもしれない!
と単純にボリュームを多くした結果、ただゴチャゴチャとしたトップページになったのでは
意味がありません。

大事なのはお客様のトレンドにそった商品の宣伝と定期的な更新、
お客様目線で使いやすいナビゲーションの設計です。

特にスマートフォンにおいては画面が小さい分操作がしづらいこともあるので、
パソコンの画面以上に使いやすい画面にする必要があります。

お客様の要望に合わせた商品を提示

取り扱っている商品のトレンドを先回りし、トップページへ商品のバナー等を設置する方法
以外にも、
RMS内のデータ分析からお客様の検索回数が多い商品・アクセスが多い商品や、転換率が
高い商品等を定期的にチェックします。

これら基本データに基づいてトップページの更新を行うことでお客様の求めているより精度
の高い物をトップページへ配置、リーチする事が可能です。

お客様目線のナビゲーション設計

店舗様はどこに何の商品があるかはじめから設計しているため場所を把握しています。
しかし新規で訪れたお客様はその場所を知りません。

欲しい商品が店舗内にあって訪れてくれても、目的の商品ページまでたどり着く事が出来な
ければ購入に至らず、離脱率が上がるのみです。

Mサイズの服が欲しいお客様がブランド毎に分けられた服のカテゴリーを1ページずつ見て
いたらとても時間がかかってしまい離脱されてしまいます。

もし「サイズM」というカテゴリーがあり、それがすぐに目につく箇所にあればスムーズに
商品を探し、購入する事が可能です。

このように、ユーザー目線にたちナビゲーションを設計するためには、時にRMS内のカテ
ゴリー自体を改修する必要性も上がります。

まとめ

売れるトップページにするためには内容量が多い方がいいです、しかし単純に多くするので
はなく、並べる商品・バナーを含め、お客様の目線にたった設計が売れる、売れないの分か
れ目になって参ります。

トップページリニューアルの為にカテゴリーの根本から改め全ての商品をひも付け直す店舗
様もいらっしゃったりしますので、サヴァリからもトップページ制作の際に必要があればご
提案させて頂き、作業をサポートさせていただく事もございます。

単なる綺麗なトップページではなく、「売れる」トップページ制作つくりを目指すのであれ
ば、ぜひサヴァリへご相談下さいませ。

 

当社のネットショップ運営代行サービスについて

ネットショップ運営代行サービスサヴァリ株式会社のネットショップ運営代行サービスでは、EC事業の売上を支えるサイト制作からマーケティング業務まで一括で請負います。

自社運営のネットショップから楽天市場、ヤフーショッピングまで、当社が定めるネットショップ成功の三条件を元に「店舗毎の課題」に合わせた充実したサポートをご提供致します。

ネットショップ運営代行のサービス詳細はこちらから

 

楽天・Yahoo!ショッピング・amazon市場動向資料を配布しております。

2018年楽天市場・Yahoo!ショッピング・amazon市場動向資料当社の独自調査による、楽天市場・Yahoo!ショッピング・amazonのジャンル別市場動向資料の2018年最新版を配布中。
楽天市場・Yahoo!ショッピング・amazonのジャンル別市場動向資料の2018年最新版を配布中。の市場動向を知りたい方からこれからECサイトを始めたい方まで、ECサイトに関わる方は是非ご覧ください。

是非、下記リンクより資料ダウンロードをお願いいたします。
【無料ダウンロードはこちらから!】

 


サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせいただくには、お客さまの会社名やお名前、連絡先などの情報をお答えいただく必要があります。 お手数ですが、当社の「個人情報保護方針」をお読みいただき、ご同意いただきましたうえで、お問い合わせページにお進み下さい。

会社名
会社URL
ご担当者部署
ご担当者氏名
フリガナ
メールアドレス
電話番号
郵便番号
都道府県
市町村
建物名
お問い合わせ内容
(複数チェック可)
詳細
時期
予算
当社の個人情報の取扱いに同意する。