ネットショップ運営代行のサヴァリ株式会社 > トップコラム > ネットショップ運用ノウハウ > 【楽天スーパーセール】スーパーセールにベストな広告はどれがよいのか?

【楽天スーパーセール】スーパーセールにベストな広告はどれがよいのか?

楽天スーパーセールは絶対に力をいれたい楽天の大型イベントです。
ユーザーとしては楽しみの多い企画な分、ショップ運営者にとっては在庫の確保や
ポイント設定、店舗露出などの事前順準備が非常に大変ですが、少しでもベストな
結果を出すためにできるかぎりのことはやりたいですね!

今回は楽天スーパーセールにおけるショップの広告展開について書いていきます。
冷静に考えてみるとシンプルで当たり前のことなのですが、意外と気づいていない
ショップ様も多いのではないかと思います。

楽天スーパーセール時にベストな広告は?
楽天スーパーセール時は楽天自体がTV媒体や交通広告など、多岐にわたって広告展
開をしているため、自社ECサイトと異なって勝手にアクセス増が望めます。

たとえば楽天市場のTOPページに、大きめの楽天スーパーセールのエントリーバ
ナーが設置されて目に留まりやすくなったり、全国レベルでテレビCMも放映された
りします!

ユーザはそういった告知があった日から一気に自分の欲しい商品のチェックをする
でしょう。
新規のお客様やリピーターが増える絶好の期間だけに、ここでの広告設定は本当に
意味のあることです。

では、そんな大事な期間に最適な広告はいずれを選べばよいのか、各々ご説明いた
します。

RPP広告

2018年7月に廃止されたCPC広告に変わり、楽天プロモーションプラットフォーム
広告(楽天RPP広告)が始まりました。

新CPCともいわれるこの広告は「検索連動型」で、自動キーワード設定を行ってく
れるため、はた目で見れば店舗様の処理の手間を省いてくれているように見えます
が、旧CPC広告では可能であったキーワード選定・除外キーワードが設定できなく
なっています。

例えば「Yシャツ」の商品を登録したにもかかわらず、自動キーワードで「シャ
ツ」が選ばれてしまい、予算の消化が早まって広告費用の無駄打ちになってしまう
こともあります。

さらに楽天スーパーセールは通常よりもアクセスが大幅に増えるため、RPP広告の
予算をあっという間に使いきってしまったにもかかわらず、転換率が低かったとい
う可能性が高くなります。

サヴァリではこういった無駄打ちにならないよう、ROAS(広告費回収率)を高め
る対応を行わせていただきます。

CPA広告

前項のRPP広告は自分で広告に出す商品を設定できるのに対し、CPA広告は広告を
経由した商品の売上に応じて広告料金が発生するシステムです。

楽天側が自動で店舗様の登録商品をピックアップするため、商品の選定は行なえま
せんが、登録商品が配信対象となった後であれば好きなタイミングで広告をスター
ト・ストップする事ができます。

広告戦略が立てにくいとはいえ、広告費用は売上発生したときのみ(一定の料率
20%)しかかからないので、アクセスが大幅に見込めるスーパーセールで少しでも
売上を稼ぎたい場合には有効でしょう。

ダイナミックターゲティング広告

一度自店舗のページを訪問したことがある、あるいは購入履歴のある見込みの高い
ユーザーへの広告です。

スーパーセール期間中はユーザ様の買い回りが非常に増えるため、あとで他店舗と
比較するべくスキップしたりと購入を保有することもあります。

そういった方に対して再来店を促す意味でも有効な広告ですが、店舗様の商品のラ
インナップやアクセス内容次第では効果が得られない場合もありますので、設定に
はくれぐれもご注意ください。

サヴァリであれば、アクセス解析で判断させていただくことも可能です。

クーポンアドバンス広告

広告に掲載したい商品を選択・値引き額を設定してクーポンを発行、ユーザがその
クーポンを獲得したら広告料が発生します。

あくまでもクーポン獲得までの広告であって、実際の購入につながるかは別です
が、スーパーセールでユーザは少しでも安くお得に買いたいため、クーポン獲得の
時点で購入意欲は高まっており、通常よりも高い転換率が見込めます。

また、粗利が低下する可能性もありますが、クーポン併用なども可能ですので、う
まく設定すれば転換率を高められることも可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
広告は数多くありますが、いずれも楽天スーパーセールに結びついているとご理解
いただけたでしょうか。

楽天スーパーセールは3ヶ月に1度のビッグイベントですが、限られた予算で、でき
るだけ最適な広告を運用したいものです。

楽天広告は昔よりも管理画面が使いやすくなったり、広告料がどのように使われた
のか目に見えるようになっていますが、店舗様側で設定できるところが大味になっ
てしまったため、ただ単に広告の設定だけでは、売上もさほど上がらず、単に広告
費用の垂れ流しになってしまう可能性も高いです。

有効に使えるべきときに打つのが広告の鉄則ですが、もしこれらの広告設定に自信
がない場合、楽天広告の経験が豊富なスタッフが常在しているサヴァリにおまかせ
くださいませ。細分分析のうえ御社にとっての最適な広告の選定・設定を行わせて
いただきます。

しっかり楽天の広告を使い分けて最高の結果を出しましょう!

 

当社のネットショップ運営代行サービスについて

ネットショップ運営代行サービスサヴァリ株式会社のネットショップ運営代行サービスでは、EC事業の売上を支えるサイト制作からマーケティング業務まで一括で請負います。

自社運営のネットショップから楽天市場、ヤフーショッピングまで、当社が定めるネットショップ成功の三条件を元に「店舗毎の課題」に合わせた充実したサポートをご提供致します。

ネットショップ運営代行のサービス詳細はこちらから

 

楽天・Yahoo!ショッピング市場動向資料を配布しております。

2017年楽天市場・Yahoo!ショッピング市場動向資料当社の独自調査による、楽天市場・Yahoo!ショッピングのジャンル別市場動向資料の2017年最新版を配布中。
楽天市場/Yahoo!ショッピングの市場動向を知りたい方からこれからECサイトを始めたい方まで、ECサイトに関わる方は是非ご覧ください。

是非、下記リンクより資料ダウンロードをお願いいたします。
【無料ダウンロードはこちらから!】

 


サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせいただくには、お客さまの会社名やお名前、連絡先などの情報をお答えいただく必要があります。 お手数ですが、当社の「個人情報保護方針」をお読みいただき、ご同意いただきましたうえで、お問い合わせページにお進み下さい。

会社名
会社URL
ご担当者部署
ご担当者氏名
フリガナ
メールアドレス
電話番号
郵便番号
都道府県
市町村
建物名
お問い合わせ内容
(複数チェック可)
詳細
時期
予算
当社の個人情報の取扱いに同意する。