Skip to content

ネットショップ運営代行のサヴァリ株式会社 > 使っていますか?CTR,CVRがUP!Googleショッピング広告【ECマーケティングNEWS】

ECマーケティングNEWSの大山です。

秋晴れの心地よい季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?
朝晩は冷え込みますのでみなさまお体にお気を付けください。

さて、今回の【ECマーケティングNEWS】、

キーワードは、”Googleショッピング広告”です。

EC事業を行っている皆様はGoogleショッピング広告を活用していますか?

Googleショッピング広告は2016年あたりから急速に規模が拡大しておりGoogleが最も
力を入れている広告の1つですので、EC事業に力を入れたい方はぜひ抑えておくと
良いと思います。

今回はGoogleのショッピング広告についてまとめました。

===================================================================
ダウンロードはお済でしょうか?

\2019年最新版をリリースしました!!/

◎弊社代表の独自考察を含めた必携データ集!!
【New!!】『2019年楽天市場・ヤフーショッピング・amazonジャンル別市場動向』

楽天市場、Yahoo!ショッピング、amazonの各ジャンルにおける市場動向を数値化し、
その分析結果をまとめた資料となります。

・楽天市場・Yahoo!ショッピング・amazonの市場動向を知りたい方
・これからECサイトを始めたい方
・ECサイトについてより理解を深めたい方

にとってはダウンロード必須の資料となっております。

ぜひ!ダウンロードはこちらから
↓↓↓↓↓

楽天市場・Yahoo!ショッピング・amazon動向資料

さらに『2019年楽天市場・ヤフーショッピング・amazonジャンル別市場動向』について、
詳細な情報をご希望の方は弊社までお問い合せください。
↓↓↓↓↓

お問い合わせ

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 使ってますか?CTR,CVRがUP!Googleショッピング広告【ECマーケティングNEWS】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Googleショッピング広告とは、Google検索で検索された語句に応じて表示される検索連動
型広告の一部で、購入者が求めている画像と値段が付いて見た目としてわかりやすい特徴
を持っています。

画像、ニュースなど表示タブの切り替えにある「ショッピング」タブのところで表示、スマートフォン
の場合、検索結果の上部に「Googleでの商品検索」という形で表示されます。

Googleショッピング広告は、商品画像を使って訴求するタイプの広告で、ECサイトを所持・
販売を行っている企業にはピッタリのものです。

またGoogleショッピング広告では「データフィード」を使って広告を出稿しています。

データフィードとは、広告を出稿するときに自社の商品データや登録データを配信媒体のフォー
マットに変換する仕組みで、検索キーワードと広告の登録情報をつなげるものと思ってよいで
す。

このデータフィードを活用すれば、検索したユーザーの興味により近い形で柔軟に広告を出す
ことが可能で、たとえば「地名 + 特定ワード」での検索に対し、ユーザーにとって最適な広告
を表示してくれます。

┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─

従来のリスティング広告(検索連動型広告)との違い

─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

Googleショッピング広告は以下の3つで違いがありますので、それぞれを解説します。

・テキストと画像
・占有面積
・出稿難易度

┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─

テキストと画像

─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

リスティング広告との最大の違いは、「画像の有無」です。
皆さんも商品を買うときは画像がないものよりも、あったほうが良いですよね?

どちらも検索キーワードに連動し、広告を表示する点では同じですが、Googleショッピン
グ広告の場合、商品画像を表示させることができるため、テキストだけのリスティング広告
に比べると明確に商品をイメージできるため、購入難易度が大幅に下がり購入に繋げや
すくなります。

┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─

占有面積

─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

次は占有面積で、これは何かというと例えばスマートフォンの場合、検索結果を表示し
たときの画面に対して、広告を表示している面積の割合が非常に大きくなります。

画面をスクロールする前、検索画面のファーストビューには、ほぼショッピング広告しか
表示されていませんので、ユーザーにより商品をダイレクトに宣伝できるといえます。

┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─

出稿には専門知識が必要

─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

Googleショッピング広告の出稿は上記で述べた「データフィード」という仕組みを考慮す
る必要があります。

これは規定のフォーマットに基づく商品データ(CSV)を作成し、商品情報を登録する
必要がありますが、ECサイトで使用しているカートシステムと連携されていないケースも
多くあり、その場合はデータフィード内容を自分で把握、カートシステムと広告登録
情報を紐づける必要がありますが、この作業が非常に複雑で、実際に登録作業を
行うと、うまく変換できないケースや、思っているように表示されないことも多く発生して
しまいます。

【Googleショッピング広告のメリット】
┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─

購買意欲の高いユーザーにアプローチできる

─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

ショッピング広告は、検索した語句に応じて表示されるため、例えばスマホケースが欲しく
て探しているユーザーにその商品を出すことができます。

また、画像・価格・商品名・商品説明文などテキストのみの広告より多くの情報をユーザー
に伝えることができるのは大きなメリットでしょう。

┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─

占有面積が広い

─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

上記でも述べましたが、スマートフォンで検索した際の画面などでは検索結果の1番上に大
きく表示されるため、検索したユーザーが目にする機会が非常に多いです。

また、1社につき1商品と決められているわけではなく、1度の検索で商品が複数表示される
こともあり、広告の占有面積が非常に広いのでクリックされやすいと言えるでしょう。

┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─

広告感が少なく、ユーザーに警戒心を与えにくい

─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

画像・商品名・価格・販売元が表示されているのみで、広告であるということに気づきにくく、
まるで普通のECサイトのように表示されるため、ユーザーが警戒心を持ちにくいのが特徴なの
で広告と知らずにクリックされることが多く、テキスト広告よりクリック率が高いです。

┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─

自社のECサイトにリンクを貼ることが出来る

─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

Googleショッピング広告は自社で運営しているECサイトへのリンクを貼ることが出来ますので、
かかる費用としてはGoogleへの広告費のみでモールへの手数料を払う必要がありません。

【Googleショッピング広告のデメリット】

Googleショッピング広告は、アドワーズで設定したキーワード等を元に表示されるわけで
はなく、Google Merchant Centerで設定した商品詳細を元に関連性が高いとGoogleが
判断した商品が広告として表示されますので、テキスト広告のようにキーワードごとに細か
に単価を調整することが出来ません。

運用は楽とも言えますが、Google Merchant Centerで設定した商品詳細のデータが広告
の表示回数や掲載順位に影響を与えているとされているため、どの部分を改善したらよい
かわかりづらく、最適化をしづらいといった点があるのはデメリットと言えるでしょう。

┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─

まとめ

─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

Googleショッピング広告は、通常のテキスト広告より、「商品を紹介する」と言う点に優
れており、うまく活用することで費用対効果よくユーザーを獲得することができます。

自社ECの業績を寄りあげたいと思わている店舗様は、ぜひGoogleショッピング広告を
利用することをおすすめします。

これから検討されている店舗様は一度ご相談くださいませ。

お問い合わせ・お申込みフォームはこちら
↓↓

お問い合わせ

またはお電話で

TEL:03-6825-5538

┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─

「ECの未来」YouTubeチャンネル

 \ チャンネル登録・いいね・コメント お願いします /
 
 よりお楽しみいただくために、みなさまのご意見が励みになります!

─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

昨年より、ECにかかわる様々な方をお呼びして、
その方たちの得意ジャンルのお話をうかがう「ECの未来」といいう番組をスタート
いたしました。

チャンネルMCはオリジナルのシャツを販売する自社ECサイト「ozie」で有名な
株式会社柳田織物 代表取締役の柳田氏。

☆本日18時配信予定
第49回: 株式会社ユウキノイン 酒匂氏
SEO コンテンツ 作り方!検索上位を獲得するなら ラブ&パッション!

毎週水曜日に配信しています!!(18時頃)

ぜひ、チャンネル登録よろしくお願いいたします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

▼ ECの未来
https://www.youtube.com/c/ecの未来/

——————————————————————
☆☆ネット通販についてのコラムを掲載しています☆☆ 

WEB集客初心者こそ、まずはリスティング広告から

WEB集客初心者こそ、まずはリスティング広告から

Amazon Web Services(アマゾンウェブサービス)とAWSを使ったECパッケージ

Amazon Web Services(アマゾンウェブサービス)とAWSを使ったECパッケージ

返品対策をあげてリピーター獲得に繋げる

返品対策をあげてリピーター獲得に繋げる

=================================================================

▼── 9月の主なEC・マーケティング記事 ───────▼

◇楽天の「Rakuten EXPRESS」配送地域を沖縄県に拡大、対象は37都道府県で国内人口カバー率は約63.5% | ネットショップ担当者フォーラム
https://netshop.impress.co.jp/node/8033

◇ECを「事業の柱」に育てるには? 必要な3つのポイントは「組織づくり」「人材づくり」「仕組みづくり」 | 強いEC会社を支えるネットショップ担当者を作る人財育成講座 | ネットショップ担当者フォーラム
https://netshop.impress.co.jp/node/7972

◇全てのEC事業者の永遠のテーマ、「業務効率化」をツール活用により進めた化粧品通販企業の最新事情 | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」

全てのEC事業者の永遠のテーマ、「業務効率化」をツール活用により進めた化粧品通販企業の最新事情

◇「楽天市場」の検索結果に運用型広告を配信 メーカー向け広告プロダクトを提供開始 | 日本ネット経済新聞|新聞×ウェブでEC&流通のデジタル化をリード
https://netkeizai.com/articles/detail/1797

◇大ロット発注の落とし穴に注意 利益もキャッシュも失わない外的変化に強い仕組みを考えよう (1/3)|ネット通販情報満載の無料Webマガジン「ECzine(イーシージン)」
https://eczine.jp/article/detail/8230

◇売れる場所で売ろう!楽天出店で新たな顧客層を獲得したワーキングユニット ? 事例
https://www.shopify.jp/blog/success-story-workingunit

◇流通総額は「楽天市場」単体で3兆円、物流に2,000億円投資。三木谷社長は顧客ロイヤルティと品質に自信【ネッ担まとめ】 | ネットショップ担当者が 知っておくべきニュースのまとめ | ネットショップ担当者フォーラム
https://netshop.impress.co.jp/node/7991

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
【編集後記・大山のつぶやき】
Googleショッピング広告は、コントロールしにくいことがありますが、
リスティング広告など、キーワードで人間が調整しきれないことが
現実には起こりますから、試して反応をみるのが良いですね。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

次回配信もお願い致します。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▽Facebookにいいねお願いします♪
 https://www.facebook.com/Savari.Co/

メール返信かお電話、問い合わせフォームからお気軽にご相談ください!

お問い合わせフォームはこちら
↓↓
 http://savari.jp/contact/

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【発行元】
【ECマーケティングNEWS】
サヴァリ株式会社

東京都中央区東日本橋2-4-1 アドバンテージ1ビル6階
TEL:03-6825-5538
MAIL:info@savari.jp

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■ ECマーケティング総合サービス
  https://savari.jp/

■ ECスタートアップ支援サービス
  Bee-Store
  https://bee-store.com/

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせいただくには、お客さまの会社名やお名前、連絡先などの情報をお答えいただく必要があります。 お手数ですが、当社の「個人情報保護方針」をお読みいただき、ご同意いただきましたうえで、お問い合わせページにお進み下さい。

会社名
会社URL
ご担当者部署
ご担当者氏名
フリガナ
メールアドレス
電話番号
郵便番号
都道府県
市町村
建物名
お問い合わせ内容
(複数チェック可)
詳細
時期
予算
当社の個人情報の取扱いに同意する。