ネットショップ運営代行のサヴァリ株式会社 > ネットショップ ノウハウ > ECサイトのSSL証明書の必要性とは?

ECサイトのSSL証明書の必要性とは?

ECサイトを運営していると、様々な重要な情報を扱う事が多くなります。
万が一お客さんの個人情報が漏えいしてしまうと、サイトの信頼性は地に落ち、サイトの閉鎖に追い込まれてしまう可能性もあります。
そうならない為の方法の一つとしてSSLがあります。

ではそもそもSSLとは、SSL証明書どのようなものなのでしょう。
SSL証明書のメリットや必要性、SSLを導入する際の注意点などをご紹介します。

SSLとは

SSLはSecure Sockets Layerのそれぞれの頭文字を取った言葉になります。
ECサイトでサイト側とお客さんがやり取りをする場合、お客さんのアドレスや名前や住所、クレジットカード情報など非常に多くの個人情報を取り扱います。
それらの情報が万が一外部に漏れてしまうと、お客さんには大変な迷惑をかけてしまうことになります。

それを防いでくれるのがSSLになるのです。
SSLはそれらの情報をインターネット上でやり取りする際に、暗号化して送受信してくれる仕組みです。
暗号化することで、万が一情報を盗まれてしまっても情報の中身は分からない為、情報を悪用される危険を減らすことができるのです。

SSL証明書とは

SSL証明書は上記で説明をしたSSLを利用する為の電子的な証明書です。
信頼される第三者機関である認証局によって発行されている証明書となり、いくつかの機能を備えています。

・情報を暗号化するSSLの機能
・ウェブサイトを運営する会社の身元を確認できる機能

この二つがSSL証明書の代表的な機能になります。

SSL証明書のメリット・必要性とは

では上記で挙げたSSL証明書の機能はどのようなメリットがあるのかについてご紹介します。

1.情報を暗号化するSSLの機能

これはSSLについてご説明した部分と重なってきます。
インターネットでは国や地域の境が無く、全世界が繋がっていると考えても大げさではありません。
全世界が繋がっているということは、そこでやり取りをされる情報は膨大な量になり、その情報を狙う犯罪者集団も非常に多くの数がいるのです。

万が一、あなたの個人情報がそういった犯罪者集団に漏れたとします。
自分の住所を教えたつもりが無いのに勧誘などのチラシが届く、覚えのないアドレスからメールが大量に届くなどであれば実害は少ないかもしれません。
しかし最悪の場合、クレジット情報を盗まれて身に覚えのない高額な請求が届くなどということも可能性として出てくるのです。

SSL証明書を発行してもらいSSLの機能を備えることで個人情報などの情報を暗号化してやり取りをすることができます。
そうすることでお客さんも安心して個人情報などを送信することができるので、サイトの信頼性にも繋がってきます。

2.ECサイトを運営する会社の身元を確認できる機能

SSL証明書のもう一つの代表的な機能がウェブサイトを運営する会社の身元を確認できる機能になります。
証明書を発行する認証局は、証明書を発行する際、証明書を使用する組織がどのようなものなのかをしっかりと調べてから発行します。
また、調べた情報については証明書の中に情報として含めます。

証明書を見れば、ECサイトの運営者が証明書に表示されているドメインの所有者であることが証明されます。
そうすることで、サイトを利用するお客さんが自分の情報を送る送信先を確認することができるので、情報を安心して送ることができるのです。

これらのようにSSL証明書が与えるメリットは、一言でいうと「お客さんの安心感とサイトの信頼性」になるのです。

3.検索流入・SEO観点からの必要性・重要性

ECサイト運営において、検索サイトからの検索流入はとても重要なものになります。
そして、検索サイトの筆頭であるGoogleは、2014年8月に「HTTPSをランキングシグナルに使用します」と明言しています。

参考:Google ウェブマスター向け公式ブログ: HTTPS をランキング シグナルに使用します
https://webmaster-ja.googleblog.com/2014/08/https-as-ranking-signal.html

つまり、常時SSL化がなされ、「https」から始まるサイトを評価することを明言しています。
ECサイトを存続させるうえで、検索からの流入確保やSEO観点から見ても、ECサイトにおけるSSLを導入する必要性や重要性は、益々高くなる傾向にあると言えるでしょう。

SSL証明書導入の注意点やポイント

SSL証明書を導入する際の注意点やポイントには以下があります。

1.SSL証明書には設定が必要

SSL証明書は申請をして発行をしてもらえば終わりではありません。
使用するためには認証され発行された後に設定を行う必要があります。
この設定は全てが同じわけではなく、サーバごとに異なる為、それぞれがきちんと設定を行わなければ発行されても意味を持たないことになります。

2.URLのリダイレクト設定が必要

URLの最初には「http」が付いていますよね?
SSL証明書を発行してもらうと、そのサイトのURLは「http」ではなく「https」から始まるようになります。
この時以前のhttpから始まるURLでアクセスしてきたお客さんがサイトを閲覧できなければ今まで掴んだお客さんを失ってしまうことになります。

しかし、URLの変更を全てに周知するのは困難で、メールなどで送っても見てもらえない場合も多くあります。
その為、「http」から始まる以前のURLを入力した場合でも、自動的に新しい「https」で始まるサイトにアクセスされるようにしなければなりません。
この設定の事を「URLのリダイレクト」と言います。

3.難しい設定が多くある

上記だけでなく、SSL証明書を導入して使用する際には、いくつかの設定が必要になってきます。
これらの設定は、専門用語や方法など専門知識を必要とするものがほとんどの為、専門的な知識やスキルが必要となる難しいものがほとんどです。
ただこれらをきちんとしなければSSL証明書を導入しても意味のないものになってしまいます。

現在では、セキュリティーソフトなどで誰もが知るような会社から、ECサイトの構築などを専門的に行っている会社まで数多くの専門家がSSL証明書の発行から導入までをサポートしてくれています。
自社でのSSL証明書導入が困難な場合は、そのような専門家に依頼をする事をお勧めします。

 

ECサイトにとって、お客さんの情報を守るということは当たり前の時代になってきました。
今まで経費や知識不足などの問題から、SSL証明書導入を見送っていたサイトの運営者も、お客さんの信頼を得て、安心して取引をする為にも証明書の導入が必要になってきます。

上記でも述べましたが、最近では認証から導入までをサポートしてくれる専門業者が多くいます。
費用面や方法など、そういった業者に相談をすることで安心して導入をすることができますので、まだ導入をしていないECサイト運営者の方は早めにご相談をする事をお勧めします。