ネットショップ運営代行のサヴァリ株式会社 > ネットショップ ノウハウ > ネットショップで商品が売れない理由とその対策

ネットショップで商品が売れない理由とその対策

今や、ネットショップは、100万店舗近くあると言われています。
しかし、そのうち売れているネットショップは、約10パーセントとも言われています。

商品が売れている店舗は一握りなので、何か特別なことをしているようですが、商品が売れない店舗には理由があります。
そこで今回は、ネットショップで商品が売れない理由とその対策についてご紹介いたします。

売れないネットショップとは?

まず、売れていないネットショップの定義とはなんでしょうか。
一つの定義として、月商10万円以下のネットショップのことを指すことがあります。

現在運営されているネットショップの9割が、月商10万円以下であると言われています。
ネットショップは、パソコン1つでできることから、簡単な仕事であると飛びつく方もいらっしゃいますが、パソコン1つでできても、立派な店舗なので、売れない理由を考察し、経営努力をすることが必要です。

なぜ売れないネットショップなのか

売れないネットショップである理由として、主に3つの要因が考えられます。

1つ目は、ショップのコンセプトが定まっていないため、商品が売れないという理由が考えられます。
誰にどんな商品をどのように売りたいというコンセプトは明確でしょうか。
何のためにその商品を販売しているのか、誰のために商品を販売したいのかが定まっていないと、ネットショップに訪問したお客様は困惑して商品を買ってくれません。

2つ目は、自分中心的な商品選びも考えられます。
「これは私が気に入っているものだから!」とあまりにも売る側の自己主張が強いと、売れないこともあります。
なぜなら、その商品を買うのは、お客様だからです。
「私が気に入ったものだから、他の人も気に入るはず」という自己中心的な運営が、商品が売れない理由のひとつになっている場合もあります。

3つ目は、ネットショップに信頼感がない場合です。
安くて信頼のないネットショップと、少々高くても信頼感のあるネットショップだったら、どちらから商品を購入するでしょうか。
顔が見えない通信販売となるネットショップだからこそ、より、ショップの信頼度が重要になります。
購入方法や配送に関することなど、ユーザーの不安が解消されるような情報が掲載されなければ、ユーザーに不信感を抱かれてしまい、魅力的な商品であっても売れないという結果になる場合もあるでしょう。

商品が売れない状況にどう対策をとればよいのか

売れないネットショップから脱却をするためには、「誰に喜んでもらうためのショップなのか」というコンセプトを明確にし、少しずつお客様からの信頼を築いていくことです。
お客様からの信頼を築くためには、ネットショップの運営者の存在を明らかにすることも必須ですし、どのような運営を行っているのかを透明にすることが必要です。

そもそもネットショップに流入が少ない、商品自体に魅力がないなどの要因もありますが、このような問題も、コンセプトを明確にすることが重要となります。
お客様の立場に立って、お客様のニーズを探り、お客様の喜びに繋げる商品や、お客様の悩みを払拭できるような商品を探し出す必要もあると言えるでしょう。

また、ネットショップで成功している店舗はSNSなどをうまく活用している場合が多いです。
FacebookやTwitterで商品を掲載し、メインとなるネットショップに誘導する方法は鉄板のやり方に思えますが、時間はかかるがお金はかからない方法でもありますのでSNSの導入も視野に入れてみてはいかがでしょうか?
ネットショップを運営していく場合はどうしても管理費用などがかかってしまいますが、無料で集客できるツールを効果的に導入する事で売れないネットショップに変化をもたらしてくれるかもしれませんね。

ネットショップを利用するときは、販売者の顔が見えない分、お客様は信頼できないネットショップからの購入を控えてしまうことになるでしょう。
商品が売れないという事態から脱却するためにも、ショップのコンセプトを明確にし、お客様のニーズを考えながらの運営を心がけ、信頼してもらえる運営を行うことが大切です。

また、ネットショップ最大手のAmazonや、店舗を持たないアパレルのネットショップZOZOTOWNなどを参考にしてみるのも良いと思いますが、自分のお店が売れない理由を今一度見直してみてくださいね!